攻略記事

ギルド戦で勝つには?(開封・整地)

ブラウンダストのギルド戦の勝ち方について。
開封・整地とは何か、ポイントを安定して取るにはどうすれば良いのかをまとめます。

開封・整地とは何か

ギルド戦は相手の陣形・傭兵レベル・支援ターゲットを見る事ができますが、行動順が分かりません。戦った相手の行動順をギルドで教え合う事でギルド全体の獲得ポイントが上がります。開封とは、このように行動順の情報がない状態で戦い、メンバーに伝えることを言います。
また、開封された城陣形を倒す事整地と言います。

ギルド戦の考え方

ギルド戦の戦い方は、慣れてしまうとそんなに難しいものではありません。
下の画像を敵陣形だとして考えてみましょう。

まずは、敵の城を選択して入場します。
支援キャラをタップして支援ターゲットを確認します。
メリー→ベルフェロン
セレス→シグムンド
という支援のターゲットが分かりました。
ここから予想できることは
攻撃キャラはバフを重ねてから行動・メリーの支援は被ダメ軽減も掛かるので最初はメリー→ベルフェロンの確率が高いと予想できます。
魔法キャラは溜めの場合ターン移行しないのでメリーから始まったとして、次の行動順を考えます。
最初に攻撃してくる敵はセレスがシグムンドに支援をかけることから
・シグムンド
・ジャカン
・セイル
この3体のどれかと予想できます。
ここからは手持ちのキャラで攻撃を誰で受けるか、どのように倒すかを決めていきます。
今回は、自爆やカウンターキャラを上手く使って倒せるように考えてみます。
下の画像が私が考えた開封用陣形です。
敵の初手と予想していた
・シグムンドはジャカンを使って爆破
・敵のジャカンはジン(カウンター持ち)で自滅させる
・セイルはアンジェリカで攻撃する。セイルが初手だった場合を考えエボニーの無効化(挑発解除)をかける。アンジェリカのバフ封印で初手がセイルではなかった場合でも挑発させずに済む。ワンパンできる傭兵がいる場合は倒してしまいましょう。
このように、初手と予想した敵が誰であれ自分の攻撃に影響がでないようにすることで、勝ちやすくなります。
開封の難しい点としては、予想は外れることもあるということです。
なので、予想が外れた場合の対策もできれば考えておきます。
【上段】敵のジンとシグムンドは爆破で倒す。敵のリリアンとギュンターはアルカンで足止め。
【中段】敵のジャカン対策にカウンターを使う。
【下段】アンジェリカでセイルの挑発対策。ギュンターはバフ盛りでメリーとベルフェロンを倒す。

倒す・爆破・壁を確実に準備することが大切です。

ギルド戦で勝つ為のまとめ

●自分の攻撃キャラが敵のカウンターで倒されないように爆破で倒すようにする
●良く使われるキャラの特徴と対策キャラを覚える
●自分の攻撃順が乱れないようにする

グレイスの使い方、べリアスの骸骨対策など、ギルド戦で覚えておきたいキャラの特徴を次回まとめたいと思います。

関連ページ

前回のギルド戦関連ページです。
ギルド戦のコツと役立つ傭兵
このページのコメント
    メーカー公式Twitter