攻略記事

ギルド戦のコツと役立つ傭兵

ブラダスのギルド戦で勝つコツや★3、★4の使える傭兵をまとめます。

ギルド戦について

守備陣形

ギルド戦はギルマスかサブマスがエントリーすることで参加できます。エントリーするには最低10人のメンバーがギルド戦の守備陣形を設定しなければなりません。
戦場ポイントの高い拠点に強いメンバーから配置(1番~)されている場合が多く、ポイントの高い拠点を倒せば戦場ポイントも多く獲得できます。
▼守備陣形の設定
対戦メニューのギルド戦から設定できます。陣形の変更はギルド戦終了後の次のエントリーまでにしておきましょう

戦場ポイント

相手の拠点を選んで勝利すると戦場ポイントを獲得します。1人、3回まで挑戦できます。獲得した合計戦場ポイントでその日の勝敗が決まり、シーズン中の全体ポイントでギルド順位が決まります。
▼勝利時の★の数で獲得ポイントが変わる
★3つの場合は多くの戦場ポイントが獲得できるので、下の条件をなるべく満たして勝利しよう
・殲滅
・KO制限(3体)
・ターン制限(50ターン)

自分が設定する陣形は敵が★3つを取り辛くなるようなものにすると良い

ギルド戦で使える傭兵

レア度が★4、★3のギルド戦で役立つスキルを持っている傭兵です。ギルド戦で使える傭兵はここに更新していきます。

ギルド戦 ★4傭兵

★4グレイス
グレイスで攻撃を受けると挑発が発動しないので、挑発持ちの敵の攻撃が来る位置に配置します。そのまま倒したい敵を狙っていけるので、危険な敵から倒しましょう。開封前(攻撃順の分からない)場合でも、自分が挑発傭兵を使わなければ、確実にグレイスで攻撃が受けられるので使いやすいです。
グレイスの挑発封印カウンターはデバフ反射の影響を受ける為、グランヒルトに使う場合は2回目は挑発が発動してしまう場合があります。(確認中)
★4ジャカン
攻撃を受けると自爆して敵を倒せるので(敵のHPとジャカンの攻撃力、スキルレベルによる)、火力の高い敵の攻撃が来る位置に配置します。攻撃に耐えられる傭兵がいない場合は特に使うべき。自爆するので自分も1人KOとなってしまいますが、強い敵から倒してしまうと後が楽になります。狙い辛い位置に配置している敵を先に倒したい時にも使えます。
セイルなど攻撃した場合に受けるステータス減少効果は自爆のダメージにも影響してしまう為、攻撃順に注意しましょう。
★4セレンディア
味方の攻撃に沈黙効果を付与します。先に攻撃を当てる必要がありますが、沈黙をかけておけば挑発も発動しません。
ヘレナ・エリーゼ・ルクレチアなどの誘惑持ちの傭兵が相手の陣形にいる場合はセレンディアのデバフ解除が使えます。デバフ解除はスキル9で使えるようになります。
他のデバフ(凍結など)も解除出来ますがセイルの烙印を解除すると解除した時に後で受けるはずの烙印の追加ダメージを受けてしまうので早くに死んでしまうこともあります。
★4エボニー
エボニーが味方に付与できる無効化効果は挑発を解除ができるので、攻撃順の1番始めに挑発を使ってくる場合の対応もきます。同じく味方に付与できるステータス減少免疫アンジェリカやセシリアのような攻撃を受ける前に発動するカウンタータイプのステータス減少にも有効です。
★4ヴィオラ
後列に挑発持ちが配置されている場合に先にヴィオラの攻撃を当てておけば挑発が発動しません。(挑発解除はできないので挑発の発動前に当てなければならない)
ヴィオラは強化して使うと攻撃範囲が広がり他の敵も巻き込みやすくなり、敵の弱化だけではなく倒すことも期待できるようになります。
★4ウンラン
ウンランは後列から2体の敵を狙えるので、攻撃や魔法タイプの傭兵を先に倒す場合に使えます。ウンランやアレックのような敵は倒しやすいですが、敵によってはバフを重ねたりすることも必要になります。最初に狙う敵は確実に倒しておこう。

ギルド戦 ★3傭兵

初心者や敵を倒しきれない場合に使える★3傭兵です。この2体の傭兵は傭兵合成の素材ではないので、スキル+9にしておきましょう
★3マロン
マロンの攻撃は1体スルーして十字に最大5体とても強力な攻撃能力低下をかけることができます。マロンの盲目に掛かった敵は、ターゲットが最前に固定され、攻撃範囲が1マスになります。沈黙・攻撃力減少・全ステータス減少もかかるので痛い攻撃に耐えられるようになります。沈黙・盲目は攻撃妨害、呪いはステータス減少の免疫や解除スキルで対処できてしまうので敵のスキルも確認しておくと良いかもしれません。

    ⇒⇒
★3ミア
最後尾の敵1体に誘惑をかけて味方を攻撃させることができます。ウンランやアレックなどに使いますが倒せるならミアを使わず倒すを優先にしたほうが良いです。
ミアはスキルレベルだけを上げれば使えますが、挑発で攻撃を持っていかれないように対策するか、攻撃順の分かっている場合に使うことをおすすめします。
セレンディア+9などの誘惑解除がいる場合は使わない方が良いでしょう。

ギルド戦で勝つコツ

①攻撃順

ギルド戦では対戦相手を選んで戦うと相手が先攻になります。相手の攻撃順が分からないのである程度の予測をしてこちらの陣形を変える必要があります。
防御・攻撃・魔法型の傭兵が攻撃すると相手のターンになります。支援や魔法の溜めでは相手のターンになりません。
攻撃順をギルドメンバーに教えることでギルド全体の勝率が上がります。(対戦開始直後のスクショを撮ると教えやすい)

②脅威的な敵から倒す

相手の陣形を見た時にまず確認していることですが
挑発傭兵の数と配置位置
攻撃されるとまずい敵の位置
・傭兵のスキルレベルで全体的な戦闘力の予測
こちらの陣形が崩されないように、出来れば攻撃ダメージの高い敵から倒していきます。
1ラウンド中(全員が1回攻撃するまで)にこれらの敵を何体倒せるかで2ラウンド目からの安定度が確実に変わります。
敵の攻撃範囲・状態異常(特に誘惑には対策が必要)を確認しながら自分の陣形を調整します。

初心者であれば、攻撃ダメージが足りずに回復持ちなどの傭兵1体を倒せず全滅してしまうこともよくあります。まずはキャラの育成が必要なので焦らずに強化に取り組みましょう。

③広域攻撃の傭兵を使う

このページではほとんどが状態異常や挑発対策で使える傭兵を載せていますが、敵を倒す傭兵も必要です。勿論倒せる火力あってこそですが範囲の広い攻撃は1体で複数の敵を倒せる事と、上・中・下段の目の前ではない位置から狙えるので配置もしやすいのです。
それぞれの攻撃位置(前・スルー・後)で使える傭兵がいると倒しやすくなると思います。

関連ページ

ギルド戦で勝つには?(開封・整地)
このページのコメント
    メーカー公式Twitter