攻略記事

TVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』先行上映イベントに小林裕介・桑原由気らが登壇

 TOKYO MXほかにて好評放送中のTVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』。本作の第1話~第3話先行上映イベントが、2019年9月28日(土)に新宿バルト9で開催された。登壇者は小林裕介さん(御子神司役)、日高里菜さん(大星林檎役)、日岡なつみさん(猿飛忍役)、金元寿子さん(神崎桂音役)、金子彩花さん(一条葵役)、石上静香さん(プリンス暁役)、間島淳司さん(真田勝人役)、桑原由気さん(リルル役)らメインキャスト8名。 まずは先行上映が行われ、続いてキャスト陣が登場。マジシャンのプリンス暁を演じる石上さんが花をステッキに変えるマジックを披露し、客席からは驚きの声が上がった。 最初のコーナーでは、先ほど上映された第1話~第3話で印象に残ったシーンを振り返っていく。小林さんが御子神司の注目シーンが第1話にあったと言うと、「リリルが司を介抱する場面にドキドキした」と桑原さん。 続いて、「キャラクター紹介」コーナーへ。劇中で猛威を振るうマヨネーズにちなんで、キャスト陣はそれぞれのキャラクターと共に、「マヨネーズをかけると美味しいもの」を紹介することに。日高さんが大星林檎とクマウサの2役を同時にアフレコするのに苦労したと、収録時のエピソードを披露。 日岡さんは猿飛忍の見てほしいところとして、忍者の末裔として魔法よりもすごい身体能力や、今後見えてくる実は小悪魔なところをピックアップ。 金元さんはマヨネーズに合うものとして「うどん」を挙げ、他のキャストからはどよめきが。すぐさま、汁のない「ぶっかけうどん」であると釈明すると、石上さんから「なんで先に逃げ道を作るんですか!みんな、かけうどんだと勘違いするのに!」とツッコミが。 「一条葵」は人の名前を呼ぶ際に「○○殿」と呼ぶため、台本を貰った際には「殿チェック」から始まったと金子さん。 また間島さんは、「エコノミックエンペラー」と呼ばれながらも仲間思いであるところが真田勝人の魅力であると語り、石上さんが勝人の“あるシーン”で感動して泣いてしまったと2人で盛り上がっていた。 続く告知コーナーでは、日高里菜さんの表紙グラビアが掲載された「ヤングガンガン」を紹介。本作と『プロジェクト東京ドールズ』『LASTIDEA』とのコラボレーションなども発表された。そしてエンディングでは登壇キャストからメッセージが送られ、イベントは終了となった。
このページのコメント