攻略記事

TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』最終話より、あらすじ・先行場面カットが公開

 TOKYO MXほかにて好評放送中のTVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』。2019年9月19日(木)に放送となる本作最終第12話「幼き少女、願う。」より、あらすじ・先行場面カットが公開された。■第12話「幼き少女、願う。」季節は再び秋へと近づき、学舎の卒業を控えたラティナ。そんな折、ラティナはデイルと旧知の仲である美女ヘルミネから子ども扱いされたことで、複雑な気持ちを抱いていた。さらに、卒業後の将来についてクロエやルディたちの話を聞いたラティナは、「早く大人になりたい」という気持ちがどんどん強くなっていて──。Blu-ray情報■タイトル:『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第1巻■発売日:2019年9月25日(水)■品番/価格:COXC-1225/9,800円+税■収録話:第1話~第4話■仕様:原作イラスト・景 描き下ろしジャケットデジパック■音声特典:第1話オーディオコメンタリー(出演:高尾奏音(ラティナ役)、岡本信彦(デイル役)、柳瀬雄之(監督))■映像特典:ラティナの日記総集編 #1■封入特典:ブックレット(16P)/オリジナルサウンドトラックCD
このページのコメント