攻略記事

アニメ『ジビエート』より柿原徹也・藤井ゆきよらメインキャストが発表。追加キャラクターも公開

 2020年夏放送を予定している、天野喜孝氏ら著名クリエイターによる“和”をテーマにしたアニメ『ジビエート』。ニューヨークで開催された「New York Comic Con」に天野氏がゲスト出演し、本作キャスト情報および追加キャラクター原案が発表された。主人公“神崎千水”(かんざき せんすい)を柿原徹也さん、ヒロイン“船田キャスリーン”を藤井ゆきよさん、主人公の相棒である忍者“真田兼六”を東地宏樹さん、僧兵“鬼倉雪之丞”を羽佐間道夫さんが演じる。◩キャストコメント▶柿原徹也(神崎千水役)“主人公の神崎千水を演じさせていただきます、柿原徹也です。この作品のテーマ「生きるチカラ」を、如何に現代を生きる皆さんに訴える事が出来るか。それが今回のミッションだと思っています。昭和から平成、そして令和へ。それぞれの時代を生き抜いてきたトップクリエイターの皆様と作品を共に出来る事を嬉しく思います。ジビエートは2020年7月に世界同時公開です。ここ日本から全世界に向けて「生きるチカラ。生きることの喜び」を、これからを生きる僕たちで広げて行きましょう!「ジビエート」をよろしく!!!”▶藤井ゆきよ(船田キャスリーン役)“日本を代表する、錚々たるクリエイターの皆様が織りなす作品がどんなものになるか、私自身とても楽しみにしております。そんな中ヒロインであるキャスリーンを演じさせていただく事になり、本当に恐れ多い気持ちでいっぱいなのですが、誠心誠意演じさせて頂きます。ジビエートは世界同時公開という事なので、より多くの方に作品をお届けできることが嬉しいです。皆様、ジビエートをよろしくお願い致します”▶東地宏樹(真田兼六役)“この作品は日本から海外へ発信できるアニメといううたい文句もありますが、本当に日本の気鋭のスタッフが沢山集まっていて、企画書をみただけでワクワクしました。僕が演じる「真田兼六」は忍びです。ぱっと見次男坊の様に見えますが、実は長男的役割もあり、飄々としていながらも、いざという時に力を発揮する頼りになる役回りです。これまで忍びという役をやったことがなかったので、見た目とまた違う裏腹な二面性を持つ役柄に緩急をつけながら演じることで素敵な役にできればと思っております。皆さんに喜んでいただける様に、スタッフ一丸となって、声優陣も頑張ってかっこいい作品になればと思っています。お楽しみに”▶羽佐間道夫(鬼倉雪之丞役)“これまで声優の世界で長くアニメーションに携わってきましたが、こんなにインパクトのある作品に初めて参加させていただくことになりました。振り返ってみるとアニメーションにおいては手塚治虫さんや赤塚不二夫さんにお会いし影響を受けましたが、今回の作品はそういったアニメとは違い黒澤明さんの「七人の侍」のようなイメージを持ちました。鬼倉雪之丞という役を演じさせていただきますが是非とも応援を宜しくお願いいたします”◩追加キャラクター設定(キャラクター原案:天野喜孝)▶鳩波蓮司郎無法集団ガリアンズのリーダー、元ヤクザの親分。刑務所から脱獄し、食料を求め、長ドスを武器に千水達を襲う。▶祖師谷紅蓮ヤクザの頃から蓮司郎に付き添うガリアンズのNo.2。早撃ちかつ正確無比な二丁拳銃でジビエを倒す。▶美樹本伊佐夫無法集団ガリアンズのメンバー、元陸上選手。男気がある故に鳩波・祖師谷にシンパシーを感じている。▶葉室克典無法集団ガリアンズのメンバー、元漁師。仲間との喧嘩で過失致死を犯したため、服役していた。▶佐久間秀典無法集団ガリアンズのメンバー、元爆弾犯。服役していた時、刑務所で蓮司郎の男気に惚れ、弟分になった。作品情報◩『ジビエート』▶イントロダクション舞台は2030年の日本。地球全土にあるウイルスが広まっていた。ウイルスの感染者は怪物になり、年齢、性別、人種により姿が変化する。そのウィルスは、変化する多様な種類から「ジビエ(ジビエのようにバラエティに富んでいる)」と呼ばれた。そんな荒廃した日本に現れた、一組の侍と忍び。江戸時代初期からタイムスリップしてきた二人は、ジビエを治す研究をしている博士に協力し、行動を共にすることになる。時を置かず襲い来る数多のジビエ、食糧を求めて旅人を襲う無法者、周囲を敵に囲まれた命懸けの旅が始まる…。▶キャスト神崎千水:柿原徹也船田キャスリーン:藤井ゆきよ真田兼六:東地宏樹鬼倉雪之丞:羽佐間道夫ほか
このページのコメント