攻略記事

『BEASTARS』キャラクターをサンリオがデザインプロデュースし商品展開

 2019年10月よりフジテレビ“+Ultra”枠にて放送開始となるTVアニメ『BEASTARS』。本作の登場キャラクターをサンリオがデザインプロデュースし、商品展開することが発表された。作品の舞台である“スクール”をテーマに、レゴシ、ルイ、ハル、ゴウヒン、ジャック、ジュノ、ビル、レゴムら8キャラクターをサンリオがデザイン。缶バッジ、アクリルキーホルダー、ポーチ、ハンカチ、トートバッグなどのグッズを2019年冬以降に発売予定となっている。作品情報■タイトル『BEASTARS』■放送・配信情報2019年10月よりフジテレビ“+Ultra”枠にて放送開始予定Netflixにて独占配信■イントロダクション肉食獣と草食獣が共存する世界。食肉が重罪とされるなか、全寮制の名門高校・チェリートン学園では生徒が食い殺される“食殺事件”が起きる。不安の渦巻く校内で、演劇部の変わり者・ハイイロオオカミのレゴシは『大きい身体』と『鋭い牙』とは裏腹に静かに生活していた。しかし小さなうさぎの女子生徒・ハルとの出会いが、そんなレゴシの心を揺り動かす。「彼女を求める気持ちは、恋なのか? 食欲なのか?」 彼が本当に出会ったもの、それは自分自身の本能だった───。■ストーリー肉食獣と草食獣の共存する世界。食肉が重罪とされるなか、名門校・チェリートン学園で演劇部の生徒が食い殺される“食殺事件”が起きる。犯人は見つからず、不安に揺れる生徒たち。そんな中、演劇部では死んだ生徒の代役を巡っていさかいが起きる。次期『ビースター』候補とささやかれ、演劇部のカリスマ的存在であるアカシカのルイに、逆恨みをした肉食獣の部員が襲いかかったのだ。それを庇ったのは、照明係の二年生・レゴシ。『鋭い爪』や『大きな体』など、強そうな外見とは裏腹に、心優しく無口で不器用なオスのハイイロオオカミだ。だが、当のルイはそんなレゴシを偽善的で気に食わないと言い、強引に夜間練習の見張りに任命する。夜。誰もいない講堂裏の裏庭で、ひとり見張りをしていたレゴシの前に現れたのは───小さな白いドワーフウサギの女子生徒・ハル。その匂いを嗅いだ瞬間、レゴシの体を本能が駆け巡る。我を忘れて襲いかかり、気付いた時には、彼女を両腕に抱きすくめていた。腕の中で聞こえる鼓動が自分のものか、彼女のものかもわからない。しかしこのハルと、そして自分の本能との出会いが、静かで穏やかだったレゴシの人生を大きく変えていく。彼女へのこの感情は、恋なのか? それとも食欲なのか? オスとメス、肉食獣と草食獣。それぞれの痛み、そして強さや弱さに直面しながら、悩めるレゴシの青春がいま始まった───■スタッフ原作:板垣巴留(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)監督:松見真一脚本:樋口七海キャラクターデザイン:大津直CGチーフディレクター:井野元英二美術監督:春日美波色彩設計:橋本賢撮影監督:古性史織編集:植松淳一音楽:神前暁(MONACA)エンディングテーマ:YURiKA制作:オレンジ■キャストレゴシ:小林親弘ハル:千本木彩花ルイ:小野友樹ジュノ:種﨑敦美ジャック:榎木淳弥ミグノ:内田雄馬コロ:大塚剛央ダラム:小林直人ボス:下妻由幸カイ:岡本信彦サヌ:落合福嗣ビル:虎島貴明エルス:渡部紗弓ドーム:室元気キビ:井口祐一シイラ:原優子アオバ:兼政郁人エレン:大内茜ミズチ:山村響レゴム:あんどうさくらゴウヒン:大塚明夫市長:星野充昭オグマ:堀内賢雄
このページのコメント