攻略記事

TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第7話より、あらすじ・先行場面カットが公開

 TOKYO MXほかにて好評放送中のTVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』。2019年8月15日(木)に放送となる本作第7話「幼き少女、港町へ行く。」より、あらすじ・先行場面カットが公開された。■第7話「幼き少女、港町へ行く。」脚本:吉岡たかを/絵コンテ:M.F.K/演出:阿部雅司/総作画監督:西田美弥子/作画監督:志賀道憲、成松義人、西田美弥子、原田峰文デイルの故郷へと向かう道中で、美しい港町・クヴァレを訪れたデイルとラティナ。観光目的で数日宿泊することにし、初めての海や食べ物を満喫する二人は、『寡黙な鴎亭』というレストランで食事をとることに。そこでラティナは、楽器を演奏している女性の腕輪が、自分の持っている腕輪と似ていることに気づいて──。Blu-ray情報■タイトル:『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第1巻■発売日:2019年9月25日(水)■品番/価格:COXC-1225/9,800円+税■収録話:第1話~第4話■仕様:原作イラスト・景 描き下ろしジャケットデジパック■音声特典:第1話オーディオコメンタリー(出演:高尾奏音(ラティナ役)、岡本信彦(デイル役)、柳瀬雄之(監督))■映像特典:ラティナの日記総集編 #1■封入特典:ブックレット(16P)/オリジナルサウンドトラックCD
このページのコメント