攻略記事

TVアニメ『ソマリと森の神様』よりアニメPV・キャラクター集合イラストが公開。主題歌は森山直太朗が担当

 2020年1月放送開始予定のTVアニメ『ソマリと森の神様』。本作公式サイトがリニューアルされ、アニメPVおよびキャラクター集合イラストが公開された。また、主題歌が森山直太朗さんによる「ありがとうはこっちの言葉」に決定。劇伴は吉俣良氏、音楽プロデューサーは山岡晃氏、美術監督はニエム・ヴィンセント氏が担当する。さらに、水瀬いのりさんがエンディングテーマ「ココロソマリ」の作詞も手掛けること、ソマリが初めて友だちになるキキーラを小林ゆうさんが演じることも発表されている。■森山直太朗(オープニングテーマ担当)コメント“原作を読み、空想と郷愁の狭間を行き来しながら自分自身も物語の景色となって歌うような、そんな気持ちで作ってみました。「ありがとうはこっちの言葉」という曲。ソマリとゴーレムの旅路をそのまま音にしたような感触があってレコーディングもとても活気にあふれていました。この作品に出会えて、知らない世界を垣間見ました。ありがとう。”■水瀬いのり(エンディングテーマ担当)コメント“ソマリとおとうさんの優しい絆を歌の世界でも表現させていただけるということで、全力で作詞・歌唱を担当させていただきました。親子の愛や絆、大切な人との繋がり、優しさで染まる心。是非作品の世界観と含めて、そしてあなたの大切な人を思い浮かべて聴いていただきたいです。”■吉俣良(音楽担当)コメント“今回のテーマは、深い森、様々な街、そして二人の旅、親子愛-。架空の世界観の中で繰り広げられるそれぞれのシーンや登場人物をどう音楽で表現するか、制作スタッフの皆さんと打ち合わせを重ねながら、一緒に創り上げました。【音楽:吉俣良】として、少しでもこの作品に寄り添えていられたなら、光栄に思います。また、主人公のソマリが初めて友だちになる“キキーラ”役には、小林ゆうさんが決定しました。今回の出演について、小林さんは、以下のようにコメントしています。”■小林ゆう(キキーラ役)コメント“キキーラ役を演じさせて頂くことになりました、小林ゆうと申します。その美しく緻密な世界観、心の大切な部分を優しく温かく刺激してくださる「ソマリと森の神様」が大好きです。今作にキキーラさんとして出演させて頂くことができてとても嬉しく思います。作品世界そのままの穏やかで素敵な雰囲気に包まれた収録現場で、温かく迎え入れて頂いて感謝しております。精一杯演じさせて頂きました。ソマリさんとゴーレムさんをはじめとする魅力的な登場キャラクターの皆様、繊細な心の機微が丁寧に描かれていて、本当に心揺さぶられます。是非一緒に旅をして頂けたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。”作品情報■タイトル『ソマリと森の神様』■放送情報2020年1月放送予定■ストーリー森の中で私は“それ”と出会った。それ(人間)は、わたし(ゴーレム)を「おとうさん」と呼んだ──。地上は異類異形の人外たちが支配する世界。人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。そんなある日、森の番人である「ゴーレム」とひとりの人間の少女が出会う。滅びゆく種族「人間」と森の番ゴーレムの父娘の絆を綴った旅の記録…■スタッフ原作:暮石ヤコ『ソマリと森の神様』(「WEBコミックぜにょん」連載/ノース・スターズ・ピクチャーズ)監督:安田賢司シリーズ構成:望月真里子キャラクターデザイン:伊藤郁子サブキャラクターデザイン:大橋幸子、田中穣、吉川美貴美術監督:ニエム・ヴィンセント音響監督:濱野高年音楽演出:佐藤恭野音響効果:出雲範子色彩設計:中村千穂音楽:吉俣良オープニングテーマ:森山直太朗「ありがとうはこっちの言葉」(作詞:御徒町凧/作曲:森山直太朗/編曲:河野圭)エンディングテーマ:水瀬いのり「ココロソマリ」(作詞:水瀬いのり/作曲:櫻澤ヒカル/編曲:白戸佑輔)アニメーション制作:サテライト■キャストソマリ:水瀬いのりゴーレム:小野大輔シズノ:七海ひろきヤバシラ:鈴木達央ウゾイ:早見沙織ハイトラ:小野友樹キキーラ:小林ゆう NEW
このページのコメント