攻略記事

新感覚・音楽朗読劇「SOUND THEATRE × 火色の文楽」より、天﨑滉平・日笠陽子らのキャストコメントが到着

 2019年10月5日(土)・6日(日)に舞浜アンフィシアターで上演される、人形浄瑠璃・文楽を題材とした漫画『火色の文楽』の新感覚・音楽朗読劇「SOUND THEATRE」。本作メインキャストの天﨑滉平さん・日笠陽子さん・熊谷健太郎さん・市川太一さんより、上演に向けてのコメントが到着した。■天﨑滉平(迫弓矢役)“SOUND THEATRE 2度目の出演が叶い、すごく嬉しかったです。さらに今回の『火色の文楽』こちらの作品がとても面白かったので、これは作品の面白さに力を貸していただきつつ、天﨑も最大限の力で挑み、いい朗読劇にしなければと強く感じました。文楽を知らない方々にもこの朗読を通じて興味を持ってもらえると素敵だなと思います。キャストも素晴らしい方々ばかりで、本当に心強いです。ぜひ楽しみにしていて下さい!”■日笠陽子(入江湊役)“この度、湊を演じさせて頂く事になりました。関西弁をしっかり勉強しつつ、どこか大人びた湊というキャラクターを瑞々しく生きている娘にしたいと思っています。私自身サウンドシアターは初めてです。人形浄瑠璃・文楽、三味線、音楽、そして私達声優の声の芝居が融合・化学反応を起こしどんな世界を魅せてくれるのか非常に楽しみです。是非お越し頂き、全ての音の世界に没頭してもらいたいです!”■熊谷健太郎(柳川弦治役)“柳川弦治を演じさせていただきます、熊谷健太郎です。原作の火色の文楽を読ませて頂いた時に強く印象に残った弦治の文楽と三味線への思いや、言葉や音の表現をどう形にできるのか楽しみと難しさを同時に感じております。太夫、三味線、人形遣いの三業からなる文楽という演芸をSOUND THEATREのステージを通じて楽しんで頂ける一助となるよう努めます。よろしくお願い致します!”■市川太一(大楠柑太役)“日本の伝統芸能である人形浄瑠璃・文楽に高校生が全力で挑む『火色の文楽』。一つのことに一生懸命取り組む姿はまさに青春!そんな清々しさを臨場感のある生の音楽に乗せてお届けする音楽朗読劇。会場でしか味わえない感動を受け取っていただけると思います!”公演情報■タイトル:SOUND THEATRE × 火色の文楽■日時・2019年10月5日(土) 17:15開場/18:00開演・2019年10月6日(日) 11:15開場/12:00開演■場所:舞浜アンフィシアター■朗読:天﨑滉平(迫弓矢役)、日笠陽子(入江湊役)、熊谷健太郎(柳川弦治役)、市川太一(大楠柑太役)、てらそままさき(藤竹潮路太夫役)、井上和彦(松永珠市役)、秋元羊介(蓮元光臣役)、高橋広樹(菊元千鳥太夫役)、植田佳奈(末広蕗役)■料金:前売 9,000円(全席指定・税込)/当日 10,000円(全席指定・税込)※未就学児童の入場不可/営利目的の転売禁止/出演者の変更によるチケットの払い戻しは行いません■演奏:土屋雄作(ヴァイオリン) ほか■原作:北駒生「火色の文楽」(ゼノンコミックス/ノース・スターズ・ピクチャーズ)■脚本・演 出:キタムラトシヒロ■音楽監督:土屋雄作■主催:サウンドシアター事務局■制作:アハバ クリエイティヴ パーティー■お問合せ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日:00~19:00)
このページのコメント