攻略記事

『アイドルガールズ』より誕生した新人女性声優“SODA”より、星守紗凪インタビューコメントが公開

 スマートフォン用ゲーム『アイドルガールズ~恋が丘学園アイドル育成プロジェクト~』より誕生した、星守紗凪さん・立沢萌々瑚さん・日南結里さんによる新人女性声優ユニット“SODA”。2019年9月4日(水)に1st EP「EARLY SUMMER LOVE」をリリースした彼女たちのインタビュー第1弾として、星守紗凪さんのコメントが到着した。──明日香役に決まったときの率直な感想をお願いします。星守 私、昔からアイドル活動に憧れを持っていたのですが、私って、見た目で「クールそう」と思われることが多くて。単独でアイドルをするのは難しいだろうな」というのは何となく感じていました。もしアイドルユニットとして挑戦できる機会があればぜひものにしたいと思っていたところ、今回お話をいただいたので、まさに僥倖でした!オーディションでは自分ができることはすべてやれたたと思いますが、その日のうちからマネージャーさんに「結果、きましたか?」と何度も聞いてしまうくらいに気になっていて……(笑)。晴れて合格したという話を聞いたときはすごくうれしくて「よっしゃ、やったるぞ!」という気持ちになりました。──オーディションで印象に残っていることはありますか?星守 「聞かれたことに関しては100以上で返そう」という想いで臨ませていただきました。明日香ちゃんは元気っ子なのですが、上がり症でいざというときに緊張してしまうという性格が自分と重なりまして。そのことについて熱弁させていただいたのを覚えています。──「EARLY SUMMER LOVE」をレコーディングしてみての感想をお願いします。星守 普段はもっと力強い声で歌うことが多かったり、クールな楽曲を歌うことが多いのですが、今回レコーディングした2曲は、私たちにとって大切なデビュー曲だということもあって、「私の持っているアイドル像を歌にも乗せてみたい!」という想いを込めながら全力で歌いました。──歌詞に関してはいかがですか?星守 まさに「夏」といった感じですし、そのなかにもフレッシュさが込められているな、という印象です。自分が通っていた学校の校舎や、夏の日を思い出しながら歌いました。私のなかで特にお気に入りなのが、冒頭の「はじけそう 高鳴るドキドキは まるでソーダの泡みたいだね」です。私たちのユニット名を決めるときに、「ソーダ」というフレーズがすごく引っかかって。しかも衣装にも水玉模様が施されているということもあり、ここからSODAという名前が誕生しました。そういうこともありまして、このシュワっとくる感じの歌詞、とても好きです!欲張りで申し訳ありませんが(笑)、「西日にふたりの影 並ぶ 身長差 君からは どんな風に 見えてるかな」という歌詞も気に入っています。夏の昼間のキラキラだけでなく、日が翳ってからの心のトキメキみたいなものも表現されているので!──次に「ときめく風が吹いたら」のレコーディングについてもお聞かせ下さい。星守 ステージ上から見える景色を想像しつつ、自分たちの成長をどのようにして表現できればいいかを考えながら歌いました。「これから活動を開始するアイドルユニットが、困難なことを乗り越えていく」という内容の歌詞が特徴的で、「いまからの私たちを見ていてほしい」や「私たち、頑張るぞ!」という想いが詰まっているなぁ、と。──こちらの歌詞に関してはいかがですか?星守 「どんな悩みも 抱え込んだら 遠く感じる空」からの大サビへの盛り上がりの部分ですね。マイナーからグッと上がる流れが好きなので、ここは否が応でも高まります!──ジャケット撮影やMusic Videoの撮影の様子もお聞かせ下さい。星守 この日を迎える前に顔合わせを兼ねた食事会があったのですが、そのときお互いに緊張はしていたものの、私としては「これは素の自分を出しても受け入れてもらえそう」という予感……というか確信がありました。結里姉(日南さん)は包み込んでくれるし、もこちゃん(立沢さん)に関しては元気っ子だし、3人がうまい具合に回っているのがわかったんです。撮影当日も、最初はソロの撮影ということもあって緊張はあったのですが、3人での写真撮影やMV撮影のときは、わちゃわちゃしながら楽しく臨むことができました。今度オフショットを見ていただく機会があればわかると思いますが、「この子たち、本当に初対面なの……?」と思われてしまうような団結力をお見せできるのではないかと!──衣装を着てみた感想は?星守 本当にすごくかわいいです!私は赤色担当なのですが、色が表すとおり「どんどん前に出ていきたい」という想いが改めて強くなりました!──ちなみにSODAのなかで、ご自身は「●●担当」だと思いますか?星守 ひとりだとずっとしゃべっていられる自信はあります(笑)。それだけに、3人だとどんな風にトークが展開していくのか?すごく楽しみなんですよね。ひとつの番組みたいなイメージで楽しんでいただけるとうれしいですね。「ときめく風が吹いたら」の歌詞にもありますが、これから3人で色々なことに直面し、乗り越えていくことになると思うんです。活動し、学んでいくことにより、いま自分が持っているキャラクターに加えて、なにかが身についていくんじゃないかな?という予感はしています。いまは「ひょうきん者」ポジションですが(笑)、私自身もどう変わっていくのかが楽しみで仕方ないです!──パチパチ弾ける笑顔が楽しみです。星守 実は私、炭酸飲料はあまり強くないのですが(笑)、応援してくれるみなさんには強炭酸をぶっ放したいと思います(笑)!──今回は、3人それぞれのソロバージョンも収録されますね。星守 歌詞割りがあるので、どうしても歌えないパートが出てくるんです。3人とも歌いまわしや込めた想いが違ってくると思うので、「この子だとこういう聴こえ方をするけど、この子はこういう聴こえ方をするんだ」という「違い」がわかると思います。──9月に予定されているCDのリリースイベント、そして10月の『アニ玉祭』への準備はいかがですか?星守 先ほども言いましたけど、私ひとりだとできないようなことをやらせてもらって、感無量です。『アニ玉祭』みたいな自分でも知っているような大きなイベントでステージに立たせていただけるのも、とてもありがたいです。今日もここに来るまで、ずっと「ときめく風が吹いたら」のラフミックスを聴いていたのですが、「どんな悩みも~」という歌詞がピッタリの心境です。数字で表すと、楽しみと不安が、本当は「5:5」ですけど、「9:1」……ということにしておいてください(笑)。キャラクターの心情を伝えながら踊り、歌うというのはMV撮影のときにできたと思うので、あとは本番でどれくらいそれを見せることができるのか、ですね。フルコーラスの振り付けが見られるのもイベントならではですので、そちらもぜひ楽しみにしていてください!──SODAの一員としてどのようなユニットを目指していきたいですか?星守 ひとりでアイドル活動するには、どうしていいのかわからなかったときに出会えたSODAというグループ。元々ゲームも大好きなので、好きなものが組み合わさったユニットで、しかも衣装や楽曲も用意していただけていて。まさに至れり尽くせりですよね。そんな素晴らしい環境のなか、3人で切磋琢磨して化学変化を起こしつつ、ゲームのストーリー、そして私たちのリアルなストーリーを重ねながら、水から弱炭酸、そして強炭酸へと高みを目指していきたいです!──ズバリ、今後どんなステージに立ちたいですか?星守 日本武道館です。私はこれまでソロで歌手活動をしてきましたので、武道館はずっとあこがれでした。もちろん、そんな簡単に立てるような場所ではないのはわかっています。でも、この3人なら叶えられるんじゃないか?と。SODAと『アイドルガールズ』、どちらも追いかけていただいて、作品自体が認知されてきたらゲーム内ユニットやアイドルが出演するイベントにも出ることができると思いますし「こんなユニットもあるぞ!」というのを広められたらいいな、と思います。CD情報■タイトル:SODA 1st EP「EARLY SUMMER LOVE」■発売日:発売中(2019年9月4日(水)発売)■品番/価格:【通常盤】SBZR-3001/1,500円+税 【初回盤A 星守紗凪Ver.】SBZR-3002/2,000円+税 【初回盤B 立沢萌々瑚Ver.】SBZR-3003/2,000円+税 【初回盤C 日南結里Ver.】SBZR-3004/2,000円+税■収録内容:「EARLY SUMMER LOVE」、「ときめく風が吹いたら」および各インスト(計4トラック)※初回盤には各ソロバージョンおよびインストも収録(計6トラック)■初回盤特典:各ソロバージョン(差し込み型)アナザージャケット仕様■発売元:SUBZERO合同会社
このページのコメント