攻略記事

自身史上最大規模となる宮野真守アジアツアー「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLA

 国内外9都市で計14公演が行われた宮野真守さんの自身初となるアジアツアー「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~」。そのファイナル公演が、2019年9月8日(日)に横浜アリーナで開催された。 会場が暗転すると同時に、LEDビジョンには炎に包まれ荒廃した惑星に降り立つヒーロー宮野の姿が映し出される。偵察中の敵に発見されるも、華麗な身のこなしで攻撃を躱して一刀両断。彼の瞳の奥に刻まれた「BLAZING!」の文字がLEDビジョンに現れ、会場からは大きな歓声が沸き起こった。するとLEDビジョンにヒビが入り、まさに次元を超えてきたかのような演出で紅蓮の衣装を纏った宮野さんがステージに登場。“FIRE”の掛け声とともに、客席のペンライトが会場を真っ赤に染めた。 オープニングナンバー「FIRE」の高速ラップが炸裂し、“I`ll do it my way”の力強い一言と同時にダンサーを引き連れ、ステージ中央へ歩き出す。その様はまさに炎を操るダークヒーローといったところであろうか。続いて歌唱した「VOICE」では、ムービングステージがせり上がり、客席のテンションは一気に上昇。ダンサーたちとの息の合ったダンスと男らしいクールな表情でファンを魅了していく。 さらにダンスナンバーは続き、「EGOISTIC」では剣を使ったパフォーマンス。力強さと美しさを兼ね備えたつるぎの舞は、会場を大いに沸かせた。 続いてLEDビジョンに大きなハートマークが出現。“ツアーファイナル、盛り上がっていこうぜ!”とシースルーの黒いブラウスを纏った宮野さんが勢いよくステージに登場し、「Sugar, Sugar」を披露。先ほどまでの男らしさとは一変、曲名の通り甘くとろけるような笑顔をファンに見せてくれた。さらに笑顔だけにとどまらず“Sugar, Sugar欲しい人~!”とステージ上からマシュマロを客席にプレゼントし、会場中を優しさに包み込む。 「Never Friends」では、まるで映画のワンシーンのような雰囲気を演出。夜の街角が映し出されたLEDビジョンをバックに、切なく憂いを感じさせる歌声が会場中に響き渡った。クール、キュート、そしてセクシー、宮野さんが見せる様々な表情は、宮野真守というアーティストの表現の幅広さを実感させてくれた。 「TEAM MAMO」としてバンドメンバーとダンサーの紹介を挟んだ後、優しいピアノのメロディとともにデニムスタイルで登場。“みんなのところに行くよ!”と客席に笑顔を届けるべくトロッコで客席を回りながら歌った「POWER OF LOVE」は、ファンとの大合唱により、会場の一体感を一気に上昇させた。“盛り上がっていますか!! 今日は最後まで飛ばしていくのでよろしく!”と叫んだ後、宮野さんのライブでは恒例となっているバラードコーナーに。自らの活動は2次元、2.5次元、3次元を超えていると表現し、これからも様々な次元で活躍をしていくという決意表明のように「FRONTIER」を力強く歌い上げた。 続いて“僕と秘密のレッスンを始めようか。”という囁きとともに今回のツアーのためによりジャジーにアレンジされた「僕のマニュアル」を。間奏ではコール&レスポンスを挟み、会場をさらに盛り上げていった。さらに『NHKみんなのうた』で2019年2月・3月に放送されていた「ぼくはヒーロー」を歌唱。客席に向けてサビの振り付けをレクチャーし、ファンと一緒にとびっきりの笑顔でダンスを踊った。 バラードコーナーの次は、こちらもお馴染みとなっているスペシャルムービーコーナー。今回は「ぼくはヒーロー」のアニメーションを実写化したとも言える「ぼくらはヒーロー」。ゲストとして、ヒーローに扮した神谷浩史さんや小野大輔さん、さらに悪役として髙木俊さんも登場。豪華メンバーによる特撮映像に、会場からは大きな歓声と笑いが終始起きていた。 幕間映像が終了すると、近未来的な衣装で再登場。「TRANSFORM」のパフォーマンスでは、大きく衣装の胸元を開いたセクシーな振り付けで、ファンの歓声を沸き起こした。さらにロックチューンの「蒼ノ翼」で会場のボルテージを一気に上げ、続く「ULTRA FLY」ではLEDビジョンにウルトラマンゼロが登場。宮野さんの歌声と映像のコラボレーションにより、『ウルトラゼロファイト』の名シーンが見事に再現された。 ウルトラマンゼロの復活劇に会場中が熱く盛り上がった後に、LEDビジョン中央にはオープニングムービーの続きが映し出され、ヒーロー宮野は巨大な炎のモンスターと対峙する。するとモンスターが中央のLEDビジョンの枠を破壊し、まるで会場に本当に出現したかのごとく、LEDビジョン全体に姿を現した。モンスターを追うように「Space Travellers」のイントロとともに、オープニングムービーと同じ衣装を纏った宮野さんも次元を超えて再びステージに登場。LEDビジョンの中とステージを行き来してモンスターとの激闘を繰り広げる姿は、まさに次元を超えて戦うヒーローそのもの。 モンスターを撃破した後に披露された「BREAK IT!」では、会場である横浜にちなんだコール&レスポンスで、客席の一体感をさらに高めていき、つづく「Gravity」では、様々なヒーローの活躍によって訪れた平和を祝福するように、放たれた銀テープが、優しく会場に降り注いだ。 “こんなに楽しい時間があってもいいのかと思うくらい、素晴らしい時間を過ごさせていただきました。”とライブが終わりに近づく寂しさを感じつつも、“見てくれるお客さんが集まって、僕らのパフォーマンスを応援してくれてるからこそ、僕はヒーローでいられる。だから、みんなは僕のヒーローです!”と語り、ヒーローだらけの無敵の空間で「EXCITING!」を熱唱。大きなミラーボールをバックに会場全てを巻き込んだダンスチューンでライブを締め括った。 客席からはすぐさま盛大な「マモ」コールが巻き起こる。鳴り止まないアンコールを受けて、ステージに再び帰ってくる宮野さん。ライブという特別な時間をファンと共に過ごせる喜びと感謝の気持ちを込めて作られた新曲「アンコール」を、魂を込めて歌い上げる。LEDビジョンには今回のツアーのメイキングと客席の映像が映し出され、今日のライブが彼1人によって作られたものではなく、会場のファンとともに作り上げられたものだということを改めて気づかせてくれた。 “本当にこのツアーは、みんなへの感謝の思いで本当にいっぱいです。みんなの呼ぶ声があるから、僕はこのステージに戻って来られます。ツアーファイナルで、この曲を歌うことができて、本当に嬉しいです!”と客席に伝えつつも、続いて披露された「Kiss×Kiss」では、ペンライトの海を渡り、客席に愛溢れるキスの雨を降らせた。 それでもなお鳴り止まない「マモ」コール。期待に応えるべく再びステージに登場すると、2020年6月6日(土)に男性声優アーティストとして初のメットライフドーム公演を開催することを発表。客席からは喜びと感動に溢れた歓声が沸き起こった。“たくさんの人の声や思いがあったからこそ、TEAM MAMOはドームに行くことができます! この歴史的な瞬間をみんなと一緒に過ごしたいです!”と自身の想いを言葉にし、最後は宮野さんらしく太陽のような笑顔で「シャイン」を歌いきった。【セットリスト】01.FIRE02.VOICE03.EGOISTIC04.Sugar, Sugar05.Never Friends06.POWER OF LOVE07.FRONTIER08.僕のマニュアル09.ぼくはヒーロー10.TRANSFORM(REMIX)11.蒼ノ翼12.ULTRA FLY13.Space Travellers14.BREAK IT!15.Gravity16.EXCITING!EN1.アンコールEN2.Kiss×KissWEN.シャイン作品情報■タイトル『虚構推理』■放送情報2020年1月放送開始予定■スタッフ原作:城平京(講談社タイガ刊)漫画:片瀬茶柴(講談社『少年マガジンR』連載)監督:後藤圭二シリーズ構成:高木登キャラクターデザイン・総作画監督:本多孝敏オープニングテーマ:嘘とカメレオンエンディングテーマ:宮野真守アニメーション制作:ブレインズ・ベース制作:NAS■キャスト岩永琴子:鬼頭明里桜川九郎:宮野真守
このページのコメント