攻略記事

12月27日(金)公開の劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン』に伊藤健太郎・吉田鋼太郎・釘宮理恵らがゲスト参加

 2019年12月27日(金)に全国ロードショーとなる劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』。本作にゲスト声優として、俳優の伊藤健太郎さんと吉田鋼太郎さんが参加することが決まった。さらに、物語の鍵を握る少年ホクトは釘宮理恵さんが演じる。 主題歌にはTVシリーズでもオープニングテーマを担当したBOYS AND MENを起用。タイトルは「ガッタンゴットンGO!」となり、子供たちが口ずさみやすい楽曲に。主題歌を使用した予告編と本ビジュアルも併せて解禁されている。また、BOYS AND MEDメンバーの辻本達規さんはゲスト声優としても参加。「新幹線超進化研究所・北海道支部」の指令員・渡島カムイを演じる。◩新キャラクター設定▶ナハネ(CV.伊藤健太郎)&オハネフ(CV.吉田鋼太郎)かつて地球に住んでいた種族で、「キトラルザス」と種族としての起源は同一。とある別の惑星に存在していたが、再び地球を奪い返そうと、彼らの崇める「ヴァルドル」という存在と共に宇宙からやってきた。最強の力と究極の進化を手に入れるため、新たなシンカリオンである「ALFA-X」を狙っている。【伊藤健太郎(ナハネ役)コメント】“劇場版『シンカリオン』で声優を務めさせて頂くことになり、とても嬉しく思っています。ちびっ子たちに大人気の「シンカリオン」の新たなる、宇宙最強の敵役に挑戦します。ワクワクドキドキしてもらえるよう、しっかり頑張りたいと思います。お楽しみに!!”【吉田鋼太郎(オハネフ役)コメント】“人気アニメの敵役と聞いて、どれだけ暴れまわれるかワクワクしています。敵には敵の矜持を示せるよう、心を込めて立ち向かいたいと思います。同じく敵役を演じる伊藤健太郎くんと、「シンカリオン」の世界で暴れまわりたいと思います!”▶少年ホクト(CV.釘宮理恵)ホクトが突如消えた現場で見つかり、「速杉ホクト、9歳」と名乗りハヤトたちを驚かせる。<光の粒子>により時代を超えて“大人ホクト”と入れ替わってしまったらしい。【釘宮理恵(少年ホクト役)コメント】“はじめまして!劇場版『シンカリオン』に参加させていただく ことになりました、釘宮理恵です。先日、制作陣のみなさまとお会いする機会があったのですが、キラッキラの元気な男の子がそのまま大人になったような方たちで!何だかすごく、わくわくしました!「自分の好きなものは、好きなままでいい」という素敵なメッセージを掲げるこの作品に、全力で体当たりしたいな、と思っています!”▶渡島カムイ(CV.辻本達規(BOYS AND MEN))新幹線超進化研究所・ 北海道支部の指令員。北海道にあるトンネルで現れた未確認の<光の粒子>を捕縛しようと試みる。【辻本達規(BOYS AND MEN)(渡島カムイ役)コメント】“以前本人役で出演させていただいた時も嬉しかったですが、今回は物語の人物を演じるのでまた違った喜びがあります!子どもと関わる仕事をたくさんしているので、その子どもたちにまた喜んでもらえるのが楽しみです!今回は映画なので、自分でも劇場に観に行って最後のクレジットまでわくわくしながら見たいです!ボイメン代表として頑張ります!!!”劇場版情報◩劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』▶劇場公開2019年12月27日(金) 全国ロードショー▶ムビチケ▪発売日:2019年10月4日(金)▪販売場所:各上映劇場▪劇場購入特典:超・超・超加速!!新幹線E5系&ハヤト▪価格:一般 1,400円/ジュニア 900円/親子ペア 2,200円※劇場により数に限りがあります※劇場窓口で前売券を買うと、1枚につき1個プレゼント(親子ペア券には2個プレゼント)※プレゼントは非売品です。転売目的のご購入はご遠慮下さい※前売券等詳細については劇場スタッフにお問い合わせ下さい▶入場者プレゼント(中学生以下の小人に限る)▪アイテム:ガンガン前進!!E5はやぶさ MkⅡ▪配布開始日:2019年12月27日(金) ※先着配布、なくなり次第終了となります▪配布劇場:各上映劇場※劇場により数に限りがあります※中学生以下の小人お一人さまにつき1個プレゼント※詳しくは劇場スタッフにお問い合わせ下さい▶スタッフ監督:池添隆博脚本:下山健人キャラクターデザイン:あおのゆかメカニックデザイン:服部恵大音楽:渡辺俊幸音響監督:三間雅文アニメーション制作:OLMアニメーション制作協力:SynergySPCGアニメーション制作:SMDE制作:小学館集英社プロダクション製作:超進化研究所配給:東宝映像事業部▶キャスト佐倉綾音、沼倉愛美、村川梨衣、真堂圭、竹達彩奈、杉田智和、雨宮天、うえだゆうじ、山寺宏一/釘宮理恵、伊藤健太郎、吉田鋼太郎
このページのコメント