攻略記事

栄光のサンタクロース・ロード ~封じられたクリスマスプレゼント~ 第6R「愛は凍らない」


Fate/GrandOrder(以下FGO)のイベント 栄光のサンタクロース・ロード ~封じられたクリスマスプレゼント~  第6R「愛は凍らない」のプレイ日記です。
このイベントの参加条件として、ボックスガチャから排出されるブラックプレゼントが40個必要です。


今回の竜殺しサーヴァントは強化されたあのサーヴァント


主人公、ゲオルギウス先生、アルジュナ・オルタ、そしてカルナの一行と、今回の当日戦力枠はこのサーヴァントでした。




ベオウルフでした。確かに竜殺しの逸話がある英雄です。
ちなみにスキル強化で竜・巨人特攻をゲットしたので、特攻の火力が大幅に上がった御仁でもあります。

そんなベオウルフと一緒に凍った溶岩、正確には止まっている溶岩地帯を進みますが、途中氷の間欠泉や飛来してくる火炎弾など、これまで以上の脅威が一行に襲い掛かってきます。

なお、道中の会話では、竜退治というのは「やらなければならなかった」という理由から来ているようです。
確かに物語の中で、竜とは驚異的な存在。となると放置…な選択肢は英雄としてできないので、結果として竜殺しの逸話を持つ英雄は多いのでしょう。

さて、道を進めば進むほど火炎弾がさらに凄まじくなってきて、ベオウルフがなんと氷の間欠泉で盛り上がった氷で盾を作って進むという、知恵と力を混ぜた突破方法を見せます。

いつも通りなあのバーサーカー





本人曰く、そうすれば自分の位置がわかるから、という理由で、主人公一行に火炎弾を浴びせていたのは模倣された清姫こときよひー。ブレないなぁ。
ヴリトラですらも首を傾げるほどでしたが、とりあえず戦う相手なのは間違いないようでした。

バトル「清姫」戦


バトルの仕様


これまで同様、サポートサーヴァントを含めて4騎までしか出撃できません。選べるのはゲオルギウス先生、アルジュナ・オルタ、ベオウルフ。
オススメのサポートサーヴァントはベオウルフ。竜特攻+スター獲得を持っているので、前半・後半共に活躍できます。ただし、清姫の永続バフでクリティカル攻撃のダメージがダウンします。
自前でセイバークラスのサーヴァントを用意できれば、戦いが有利に進められます。
[br[br

清姫戦 開幕時と戦法





「堰界の核」の効果により、清姫に永続バフ「クリティカル攻撃への耐性」が付与。解除不可能。
ターン終了時に「好き好き弾」で味方全員にダメージとやけど(ダメージ500が5ターン)、または「氷の間欠泉」で延焼(やけどダメージが倍になる効果が1ターン)が交互に発動してきます。
長期戦になるとやけどのダメージが無視できない。しかし、クリティカル攻撃で一気に決めようとしても永続バフでダメージが減らされるのが厄介です。
クリティカル攻撃のダメージがかなり減らされてしまうため、攻撃力アップのバフなどで強化すると戦いやすかったです。
なお、清姫はクラスがバーサーカーなので、撃破は難しくありませんでした。


清姫をブレイク後





清姫をブレイク後、見た目がマハーナーガに変化、クラスもランサーに変化します。また、ブレイク後のスキル「特大好き好き弾丸」で味方全員にダメージとやけど(ダメージ500が10ターン)。
上記でも触れていますが、長期戦になるとやけどダメージが苦しくなってくるでしょう。
クリティカル攻撃よりも竜特攻、攻撃力アップ、宝具攻撃(できればセイバーの全体宝具)などで対処すれば楽でした。

バトル終了後


ドロップアイテムは真理の卵1個とホーリーバナナ。

清姫撃破、しかし…





何とか清姫は撃破。しかし、浮気相手は本当の自分だから、などやっぱりきよひーはきよひーでした。




しかし、ここでずっと傍観をしていたヴリトラがついに戦いを挑んできます。

バトル「ヴリトラ」戦


バトルの仕様


これまで同様、サポートサーヴァントを含めて4騎までしか出撃できません。選べるのはゲオルギウス先生、アルジュナ・オルタ、ベオウルフ。
オススメのサポートサーヴァントはなし。というのも…
この戦いは5ターン経過で終了するので、5ターン耐え抜けるセイバークラスや、耐久戦向きのマシュなどを用意すると良い。


ヴリトラ戦 開幕時と戦法





「???」の効果により、ヴリトラに永続バフ「全ての攻撃に対する耐性を得る(しかも攻撃を受けると効果量アップ)」、弱体無効状態が付与されます。
5ターン耐えれば良いので、無理してヴリトラにダメージを与える必要性はありません。むしろ5ターン前に全滅を避けましょう。




ともかく永続バフ「全ての攻撃に対する耐性を得る(攻撃を受けると効果量アップ)」の効果が強力。効果が上がるほど全力のクリティカル攻撃でもこの程度のダメージになるほど硬くなります。
ヴリトラはスキル「宿命の神敵」でチャージを進めてくるので注意。また、神性特攻状態も同時に付与されるので、神性要素のあるサーヴァントは要注意。
ともかく防戦に徹すれば難しくはなく、ヴリトラの全体宝具を防げれば何とか耐えられるでしょう。

バトル終了後


ドロップアイテムは無し。
クリア後、メリー・ロードワーク ヘビー級とサンタマッチⅥが解放されます。

ピンチだったが…


ヴリトラが聖杯を持っていたことによって、攻撃がほとんど通らなくなってしまいました。
ゲオルギウス先生、アルジュナ・オルタ、カルナ、ベオウルフの全力宝具でも届かなかったが、どこか一瞬だけ反応が変わりました。

絶体絶命の中、オルタではないアルジュナからの通信があり、「プレゼントを奪った真の目的を知っている」とヴリトラに伝えます。
すると、気が変わったのかヴリトラは一日だけ待ってくれる模様。決戦は持ち越しとなりました。
また、アルジュナも「今は言えない」と、真の目的については話してくれませんでした…。

次回のクエストにはブラックプレゼントが50個必要です!
このページのコメント