攻略記事

復刻:セイバーウォーズ2 ~始まりの宇宙へ~ ライト版のプレイ日記 ビッグ・ブルー・タンクⅠ~廃棄獣コスモボア


このページは復刻版の【セイバーウォーズ2 ~始まりの宇宙へ~ ライト版」で2日目でプレイした範囲の攻略日記です。


ビッグ・ブルー・タンクⅠ


いきなりメンバー編成あり。ゲストサーヴァントにはスペース・イシュタル、カラミティ・ジェーン。またはフレンドのサーヴァントが選べます。
敵の編成がセイバー、ランサー、バーサーカーと3種類。ランサーのスペース馬(バイコーン)が一番HPが低く、アルテラが一番HPが多い。



宇宙放浪を続ける主人公達、途中惑星「ビッグ・ブルー・タンク」(特産品は液化ガス)の近くを通ります。
ガスの惑星なので着陸は難しく、さっさと抜けようとしますが…




突如アルテラ率いるスペース遊牧民の攻撃を受けてしまいました。遊牧民も宇宙で遊牧する時代なんですね…
とはいえ、話し合いで解決はできないため、Sイシュタルとジェーンと一緒にアルテラとバトルになりました。(X師匠はマアンナ号の操縦のため不在)。

バトル「アルテラ・スペース牛・スペース馬」戦


敵の編成と戦い方





開幕バフ等もなく、苦戦するポイントを強いて言えば、スペース牛(巨大魔猪)の全体ダメージぐらいです。
次のクエスト「ビッグ・ブルー・タンクⅡ」に挑むには、イベントミッションの56「筋力A以上のサーヴァントを5騎倒せ」を達成しなければなりません。
この時点で該当する筋力A以上のサーヴァントは以下の2騎。
  • テキサス・ビヨンドのフリークエストに出現するフェルグス。
  • ビッグ・ブルー・タンクのフリークエストに出現するスパルタクス。

ビッグ・ブルー・タンクⅡ パート1


イベントミッションの56「筋力A以上のサーヴァントを5騎倒せ」を達成すると開放されます。
いきなりメンバー編成あり。ゲストサーヴァントには謎のヒロインX、スペース・イシュタル、カラミティ・ジェーン。またはフレンドのサーヴァントが選べます。
敵の編成がセイバー、ライダーですが、ライダーがワイバーン2体だけなので、アーチャーだけでも攻略できないこともありません。

アルテラとの誤解も解けましたが、どうやら惑星「ビッグ・ブルー・タンク」にもスペース神陰流がいる模様。
連中は星に巨大な軌道エレベーターを設置、アルテラ達は襲撃をしても逃げられると掟で星に入れない(本当はアルテラ達の乗り物だと重力の関係で星から出られなくなる)ため、ずっと頭を悩ませていたらしい。
放ってはいけないのもありますが、Sイシュタルも何か思う事があるらしく、アルテラ達に手を貸すことにしました。




一方、ダーク・マアンナでは、新しい六剣客「深凍剣」に指令が出ていました。

このシルエットからすると、相手はあの皇女様ですね…

マスターが冷凍保存されてコレクション入りしないか心配です。

そして、ビッグ・ブルー・タンクでは軌道エレベーターも乗っ取り、アルテラから許可もでたので、いよいよ星にいるスペース神陰流に戦いを挑む主人公達。
ちなみに星の内部はコアの周りに岩盤があり、多数の種類の天然鉱山がありました。
そのせいかSイシュタルが目移りしまくり…やっぱりイシュタルはイシュタルでした。




そして、そこへ現れたのはスペース神陰流の六剣客「深凍剣」ことアナスタシア様ですが…

ガッデムコールド!!

やっぱり皇女様でも寒いのは寒い、スペース通販も来ない、とお怒り心頭。
そりゃこんな寒いしガスしか取れないような星、誰も来ませんよね…。
そうこうしていたらシグルドみたいな見た目をした警備兵が襲い掛かってきました。

バトル「シグルド門下生6体・試し切りワイバーン2体」戦


敵の編成と戦い方


戦いは一体倒すと、一体補充される方式です。

シグルド門下生A・試し切りワイバーンA・試し切りワイバーンB





シグルド門下生B・シグルド門下生C・シグルド門下生D





シグルド門下生E・シグルド門下生F





開幕バフ等も無く、特筆すべき点は無し。全体宝具を使えるアーチャークラスを編成していれば、敵を一掃できるので非常に楽に戦えます。


ビッグ・ブルー・タンクⅡ パート2


いきなりメンバー編成あり。ゲストサーヴァントには謎のヒロインX、スペース・イシュタル。またはフレンドのサーヴァントが選べます。
アーチャークラスはNG。開幕バフでアナスタシアに「アーチャークラスに対して相性有利状態」が付与されるため、アーチャーでも不利になります。
アーチャーとランサークラスは相性不利なので、他のクラスで挑みましょう。


シグルド門下生は元々ダーク・マアンナ号に配備されていたアシュタレト親衛隊のクローンだそうです。(それを勝手にアナスタシアが凍らせて運んできた。)

しかし、寒さのせいで動きが悪く、声も出ていなかった状態でした。

緊張感のない状態が続きますが、実はアナスタシアは弓兵死すべしの異名を持っており、アーチャークラスに特化した六剣客でした。
この戦いの前で編成したパーティが、アーチャーばっかりのマスターは「あちゃー」となったでしょう。寒くてごめんなさい。
ちなみにこんな寒い星にいた理由も、探すと見つからない、作ろうとしても無理な物質「アルトリウム」が、星のコアから採れるからというトンデモ理由でした。
だから軌道エレベーターみたいな大袈裟な物まで作って、採掘とかしてたんですね…
そんな理由もわかった所で、アナスタシアとバトルになります。(ジェーンは相性不利なので不参加)

バトル「アナスタシア」戦の戦い方


「アナスタシア」戦 ブレイク前





開幕バフで「弓兵死すべし」、アナスタシアのクラス相性が変更。上記でも触れてますがアーチャークラスに対して相性有利となります。

「アナスタシア」戦 ブレイク後


全体デバフ「マロースおじさんのようにしてあげる」でプレイヤー側のサーヴァント全員にNP獲得ダウン、スター発生ダウンを3ターン付与してきます。解除可能。
何度か触れていますが、アーチャークラスでも相性不利になるため、他のクラスで戦うのがオススメです。
バーサーカーなら相性有利なのでごり押しする、またはクリティカル攻撃・特攻が入るサーヴァントをメインに戦うのがオススメ。


アナスタシア勝利後


アナスタシアにも言われましたが、Sイシュタルの顔はやはりアシュタレトと一緒です。
二人の関係はどうなっているのか分かりませんが、アナスタシアが岩盤を爆破したことでビッグ・ブルー・タンクの地表が崩れだします。
巻き込まれてしまう前に脱出、のはずが燃料が足りないため、Sイシュタルの持つ宝石を大量に燃料にして脱出を試みます。


ビッグ・ブルー・タンクⅡ パート3


このパートはバトルがありません。

Sイシュタルの宝石が大量に犠牲になりましたが、何とか主人公達は脱出に成功しました。
大量の宝石を失って、Sイシュタルは大ダメージかと思いきや、アルテラにお礼を言いに行っていました。
そして「禁忌宙域」への近道等を尋ねると、アルテラは「石の道」を行け、と答えます。
危険な道のようですが、一日でも早く主人公がカルデアに戻るためにも、石の道を今度は目指すことになりました。

次のクエスト「スーパー・ショートカット・スクーター」に挑むには、アルトリウムが200個必要です。

スーパー・ショートカット・スクーター


いきなり編成あり。敵はキャスターとライダーの編成なので、ライダークラスとアサシン(キャスターに対して不利なので注意)か、またはアルターエゴクラスがいると楽。

敵の編成と戦い方


コズミックドッグA、コズミックドッグB





ギャラクシーバードA、ギャラクシーバードB、コズミックドッグ





開幕バフなどはありませんが、ライダーとキャスター混合なので、アサシンを連れて行く場合は後半注意。

廃棄獣コスモボア


いきなり編成あり。敵は巨大魔猪(ライダー)のみなので、アサシンの単体宝具が強いサーヴァントを連れて行ければ理想。

廃棄獣コスモボアとの戦い方





巨大魔猪一匹だけ、開幕バフ等も無し。特筆すべき点はありませんが、敵のスキル「ハイボルデージ」が発動すると、コスモボアのチャージが1増加、クリティカル発生率がアップするので、長期戦はしない方が良いでしょう。


このページのコメント