攻略記事

復刻:セイバーウォーズ2 ~始まりの宇宙へ~ ライト版のプレイ日記 高難易度クエスト攻略


このページは復刻版の【セイバーウォーズ2 ~始まりの宇宙へ~ ライト版」の高難易度クエスト「ギャラクシー・ガーディアン」と「ダーク・ラウンズ・シャドウ」の攻略日記です。
どちらも難易度が高いので、編成と準備はしっかり検討しましょう。



バトル「ギャラクシー・ガーディアン(謎のヒロインXX)」戦

バトル「ギャラクシー・ガーディアン(謎のヒロインXX)」戦 ブレイク前





開幕から永続バフとして、謎のヒロインXXにAパートの構えが付与されている。謎のヒロインXXに防御力アップ。解除不可能。
開幕からデバフとして、「よし、必ず殺します!」が発動。味方パーティの誰かをランダムにターゲット集中状態(3ターン)とスタン状態(1ターン可)にする。解除可能。
「よし、必ず殺します!」は3ターン事に再使用されます。また、ターゲット集中とスタン状態は対魔力持ちであれば防げることがあります。
ターゲット集中されたサーヴァントが落とされないように注意。また、イベント礼装で攻撃力アップできるためか、防御力アップの効果が高めです。

バトル「ギャラクシー・ガーディアン(謎のヒロインXX)」戦 ブレイク後





プレイヤーがイベント礼装で攻撃力を上げている前提なのか、160万を超えるHPがあります。
ブレイク後、Bパートの構えが付与。Aパートの構えを解除、永続バフとして攻撃力アップが謎のヒロインXXに付与。解除不可能。
ブレイク後、「セイバー滅ぶべし!」が発動する。味方パーティの誰かをランダムにターゲット集中状態(永続・解除不可能)、セイバーバッヂ状態(セイバー特性を付。永続・解除不可能)にする。
「セイバー滅ぶべし!」が付与されたサーヴァントが敗走?で永続デバフ「おかわりで滅ぶべし!」が発動する。効果は「セイバー滅ぶべし!」と同じ。
HPが減ってくる?と「フォーリナーも滅ぶべし!」を発動。謎のヒロインXXのチャージをMAX、毎ターンチャージMAX状態(永続・解除不可能)を付与。
さらに味方パーティ全体にフォーリナー誤認状態(人類の脅威特性付与。永続・解除不可能)を付与する。

バトル「ギャラクシー・ガーディアン(謎のヒロインXX)」戦の戦い方

前提として、フォーリナー対策にアルターエゴのサーヴァントがいると楽。いない場合は単体宝具Lvの高いサーヴァントを連れて行きましょう。ただし、宝具はセイバークラス特攻があるので注意。
前半はターゲット集中されているサーヴァントが潰されないようにカバー。ブレイク後に備えて宝具を発動できるようにしておくのがオススメ。
謎のヒロインXXの宝具はセイバークラスのサーヴァント特攻があり、味方サーヴァントが「セイバー滅ぶべし!」「おかわりで滅ぶべし!」によってセイバークラスが付与されていると特攻ダメージを受けます。
謎のヒロインXXのスキル「最果ての正義」は無敵貫通も付与してくる上、頻繁に発動してくるのでキャスターのアルトリアによる対粛正防御でなければ宝具でこちらのサーヴァントは確実に潰されてしまいます。
「最果ての正義」には人類の脅威特攻も付与されるので、「フォーリナーも滅ぶべし!」によって人類の脅威特性が付与されていると、上記のセイバー特攻と合わせて即死級ダメージと化します。
チャージ減を使っても「最果ての正義」にはチャージを1進める効果もあるので、チャージを2つ以上減らせなければ焼け石に水となってしまいます。
ブレイク前でNPを貯めて宝具の準備。そしてブレイク後はともかく宝具で全力攻撃をしなければ、時間と共にこっちのサーヴァントが一人ずつ潰されてしまいます。

バトル「ダーク・ラウンズ・シャドウ」戦


確実な攻略方法もないほど、極めて難しいので編成などは入念に検討を。


バトル「ダーク・ラウンズ・シャドウ」戦 敵の編成


沈む湖の騎士(セイバーのランスロット)・煤の指の騎士(ガレス)・哀夜の射手(トリスタン)





鈍き葬送の騎士(ベディヴィエール)





黒き太陽の騎士(ガウェイン)





バトル「ダーク・ラウンズ・シャドウ」戦の仕様と攻略

敵全員にアークギフトが付与されており、全ての攻撃に対する耐性と弱体耐性アップが付与されている。

全ての攻撃に対する耐性はイベント礼装装着を前提にしているためか、こちらからの攻撃がかなりカットされてしまいます。

「陣形の隙」について

ターン開始時、「陣形準備」が発動すると、敵一体にランダムで「ターゲット集中(1ターン)」と「陣形の隙(1ターン)」が付与されます。
 この「陣形の隙」をいかに突く事ができるか?が攻略の鍵となります。
「陣形の隙」を発動させることで、敵全体のアークギフト1ターンだけ無効化されるため、こちらからの攻撃する際のチャンスとなります。
「陣形の隙」を発動させるにはランダム指定された攻撃が必要。「アーツ攻撃」「クイック攻撃」「バスター攻撃」「クリティカル攻撃」「宝具攻撃(こちらはブレイク後のみ付与?)」
ただし、指定された行動のカードが無かったり、スターが足りなくてクリティカル攻撃ができない、ということもあれば陣形効果が発動してしまいます。
また、ブレイク後には指定される行動が2つに増えるようになる(宝具なら1つだけ)。例として「アーツ攻撃」「クイック攻撃」となった場合、両方とも1ターンで当てないと失敗となります。
「陣形の隙」が発動したら、こちらからも積極的に攻撃。一気に敵のHPを削るチャンスです。

「陣形」が発動した場合

付与される「陣形準備」の対象のクラスによって、プレイヤーターン終了時に敵全体にバフが付与され、同時に味方パーティの一人にターゲット集中が付与されます。
「陣形準備」の付与対象がセイバークラス(ランスロット、ガウェイン、ベディヴィエール)の場合「カタフラクティシフト/ソード」が発動。
敵全体に攻撃力アップ、クリティカル発生率アップ、クリティカル威力アップが付与。
「陣形準備」の付与対象がアーチャークラス(トリスタン)の場合「カタフラクティシフト/アロー」が発動。敵全体に攻撃力アップ、無敵貫通、防御無視。
「陣形準備」の付与対象がランサークラス(ガレス)の場合、「カタフラクティシフト/ランス」が発動。敵全体に攻撃力アップ、宝具威力アップ、チャージ最大。

敵のスキルについて

ランスロット:「騎士は徒手にて死せず」でクリティカル発生率、クリティカル威力を上げてくる。

ガレス:「美しい手のガレス」でチャージを1増やし、さらにダメージを受けた時に自身の攻撃力をアップ(5ターン・1回)を付与する。

トリスタン:「騎士王への諫言」で味方一人の強化状態を解除。さらにクリティカル威力ダウン。また、「祝福されぬ生誕」でチャージを進めてくる。

ベディヴィエール:「守護の誓約」で敵全体に防御力アップと弱体耐性アップを付与。

ガウェイン:「カリスマ」で敵全体の攻撃力アップ。

「ダーク・ラウンズ・シャドウ」で管理人がとった攻略方法


味方パーティの編成


まず、アーツ、クイック、バスターの構成が偏らないようにしました。例えばコマンドカードにアーツが多かったりすると、クイックやバスターの攻撃が必要な場面で出てこなかったりする事を想定。
全体的にアーツ寄り、バスター寄り、にならないように編成をしました。

もちろん、カードの配られ方がどうなるかわかりませんので、こちらも確実な方法ではありませんが「特定のカードがない」という確率は減らせるかと思います。
また、管理人は水着BBちゃんで手札固定もかなり良かったのですが、マスター礼装の「魔術協会制服」とルーラーのアルトリア(バニー)もコマンドカードの引き直しができるので、あのカードがない、をある程度防げました。

次にクリティカル攻撃を要求された時のため、スター供給ができるようにコマンドコードやスター生産ができるサーヴァントをメインにパーティ編成。
特に楊貴妃ちゃんがスター生産に敵への防御ダウンとやけどテバフ、さらに全体チャージ減(弱体耐性アップの影響を受けない)とかなり活躍してくれました。
水着BBちゃんや信勝も毎ターンスター生産が光って良かったです。

戦い方


最優先で倒すべきはトリスタンとガレスです。


トリスタンは強化解除が脅威、ガレスは無敵貫通の宝具が厄介なので、ともかくこの2名を真っ先に倒せるかが攻略のカギとなりました。
また、この二名は「陣形準備」の効果も強烈で、ガレスの宝具威力アップとチャージ最大はもちろん、トリスタンの無敵貫通と防御無視はかなり厳しかったです。

逆にこの2名を倒すことができれば、ランスロット、ベディヴィエール、ガウェインは脅威にならず、あとは一人ずつ処理して勝利できました。

結論


この戦いはかなり運に左右されます。


コマンドカードの配られ具合、陣形の隙の要求内容次第で、アッサリ勝てた、苦戦した、勝てなかった…もありえます。
確実な攻略方法はありませんので、場合によっては令呪を切ったり、コンティニューもやむなしかもしれません。
このページのコメント