攻略記事

いざ鎌倉にさよならを ~Little Big Tengu~編 第七節 いざ鎌倉

2021年1月20日から開始したFGOイベント「いざ鎌倉にさよならを ~Little Big Tengu~」の「第七節 いざ鎌倉」~「第八節 いざ鎌倉にさよならを」までのプレイ日記です。



第七節 いざ鎌倉 パート1


このパートにはバトルがありません。


第七節 いざ鎌倉 パート2


このクエストではバトルの直前にパーティ編成を行います。
ゲストサーヴァントはライダーのメイヴ。フレンドのサポート選択可能。
敵はアサシン(天狗)と平景清。


バトル「平景清・鴉天狗×99」


このバトルは平清盛を1回ブレイクすると終了します。




開幕から平景清が「此処は魔圏、源氏塵殺」を発動。味方パーティ全員に源氏特性付与。
平景清に威力アップ・対源氏(源氏特性に与えるダメージアップ)。
デバフとして防御ダウン〔源氏〕(源氏特性に対する防御ダウン)が付与される。いずれも永続効果で解除不可能。
開幕から打ち出の小槌が発動。平景清を除く敵全員のクリティカル発生率がアップ。
平景清を集中攻撃することができれば簡単な戦いです。一気にバーサーカークラスの単体宝具等で集中攻撃すれば1ターンで終わります。

第七節 いざ鎌倉 パート3


このパートにはバトルがありません。

第七節 いざ鎌倉 パート4


このパートではバトル直前に編成を行います。
ゲストサーヴァントはライダーの牛若丸、ライダーのメイヴ。フレンドのサポート選択可能
敵は平景清とあふれ出る景清(アサシン・ヒュージーゴースト)。

バトル「平景清・あふれ出る景清(アサシン・ヒュージーゴースト)」 景清ブレイク前





開幕から「イアソンの攪乱(真)」が発動。開幕で出撃している味方全体の攻撃力アップ(永続効果)、スター獲得(50個)。敵全体にクリティカル威力ダウン(永続効果)。
開幕から「弁慶の仁王立ち(真)」が発動。先頭の味方にタゲ集中アップ(敵から狙われやすくなる・3ターン)。開幕で出撃している味方全体の防御アップ(永続効果)。敵全体に呪い(ダメージ1,000・永続効果)。
開幕から[strong:「クー・フーリンの狂騒(真)」が発動。開幕で出撃している味方全体に回避状態付与(4回)。敵全体に攻撃力ダウン(永続効果)。
開幕から平景清が「力づくで貴様の霊基を奪うのみ!」を発動。敵全体に「威力アップ・対源氏(源氏特性持ちへのダメージが上がる)」と防御力ダウン〔源氏〕。どちらも永続効果で解除不可能。
開幕から魔圏「鎌倉」が発動。味方全員に源氏特性付与(永続効果・解除不可能)。
開幕から大天狗の団扇あおぎが発動。敵全体にクリティカル発生率ダウンが付与(永続効果・解除不可能)。
あふれ出る景清は平景清に復讐の怨念(永続効果・解除不可能)を発動することがある。効果は復讐の怨念が付与されているほど、平景清の宝具威力が上がり、チャージを1進める。
あふれ出る景清はスキル遺恨を使用することがある。効果は自身にクリティカル発生率アップ・クリティカル威力アップ・攻撃力アップを付与。いずれも3ターン。

 景清ブレイク後


平景清をブレイク後、「義……経……!」が発動。自身にもう1つ「威力アップ・対源氏」と攻撃時発動(呪い付与・ダメージ1000・3ターン)を発動する。どちらも永続効果で解除不可能。呪いは解除可能。
呪いダメージは1,000と高め。特にタゲ集中アップが付与された味方が狙われると、呪い蓄積であっという間に削られかねない。

オススメ攻略方法

開幕でいろんなバフが付与されるものの、特にスター50個のおかげで開幕からクリティカル攻撃で先手を取れます。
この時点で景清をブレイク、または全体攻撃や景清に復讐の怨念を付与するゴースト倒すのもオススメ。
後半、景清の攻撃で呪いが付与されていくと、累積ダメージがどんどん高まるので、宝具などで一気に勝負を決めるのがオススメ。

第七節 いざ鎌倉 パート5


このパートにはバトルがありません。

第八節 いざ鎌倉にさよならを パート1


このパートにはバトルがありません。

第八節 いざ鎌倉にさよならを パート2


このパートにはバトルがありません。
このパート終了後、聖杯を獲得。また鬼一法眼が正式加入します。

いざ鎌倉にさよならを ~Little Big Tengu~編 最後のプレイ感想。


とうとう景清の目的も明らかになる中、一行がやってきたのは鎌倉。
今まで通ってきた場所もただ世界一周旅行をしていたのではなく、鎌倉を魔圏にするためとのこと。
しかも今までの場所は海外ではなく…

フランス → 懐島

チェイテ → 沼浜

オーストラリア → 柄島(江の島)

地中海上空 → 大船

ニューヨーク → 戸塚

いずれも鎌倉と縁のある場所でした。


そして、それらの場所に異なる土地属性を与え、鎌倉に源氏塵殺属性を付与しました。それが…
ちなみに5.5章をクリアしていると、主人公は景清を知っている扱いになる?演出もありました。
そして、景清の最終的な目標は…

義経の霊基を完全に支配してカルデアのマスター(主人公)を殺すことでした。


つまり、当世の頼朝といえる主人公を殺し、義経の霊基を完全に乗っ取るのが目的でした。

この事実も衝撃的でしたが、直後の鬼一法眼師匠の僕のものだ! → 今は弟子だけど将来養子、嫁になるかもしれない相手発言が来ました。

イアソンと同じくこれには管理人も「なんて?」となりました。


さらに衝撃的事実!鬼一法眼師匠の正体は鞍馬天狗だったのです!

でも「義経を鍛えたのは天狗」って逸話が有名なので、かなり「知ってた」となるプレイヤーさんも多そうだなと思いました。しかも、名乗っていれば簡単に打ち出の小槌も戻ったという事実も発覚、やはりポンコツで可愛い師匠です。

ちなみにかつて、景清は牛若丸を知っていて、どこか気にかけていた雰囲気もありました。
また、牛若丸の最期も知っており、こちら側に来ると思っていたのに牛若丸は来ることはなく、景清は牛若丸を得る事はありませんでした。
ただ、牛若丸も最期の時に「誰かが一緒に泣いてくれた」ので、景清の姿こそ知らなくとも存在を感じ取ってもいたのです。
結局の所、景清は牛若丸を一人にしたくない思いもあったのだろう、と思いました。鬼一法眼師匠も牛若丸を普通の子にしたかった、という思いがあったので、牛若丸も色んな人から気にかけてもらってたんだなーと思います。
そして、景清部分が消えた義経ともお話することができましたが、景清と縁を結んだために、召喚されたら景清も付いてくる懸念がありました。
でもまぁ、その時はその時ってことで、となってしまいますし、牛若丸は首を取ってくるのを競争になると言います。 そういう所だぞ牛若丸。

なお、カルデアに戻った後、やっぱり主人公は鬼一法眼師匠の弟子になってしまってました。また師匠が増えた…。

ちなみに物語の最初でやられたカエサルとフェルグスですが、紫式部に手厚い看護をしてもらえると期待して倒れたままでした。
そして紫式部がやってきた、と思いきや…

スカサハ師匠と鬼一師匠がWで登場。

両名ともその後、どうなったのかは想像に難くない。
このページのコメント