攻略記事

聖杯戦線 ~ブルータスよ、おまえもか~ ローマ戦線Ⅴ 賽は投げられた の攻略

2021年2月3日から開始したFGOイベント「聖杯戦線 ~ブルータスよ、おまえもか~」の「ローマ戦線Ⅴ 賽は投げられた」のプレイ日記です。



今回使用可能クラスと報酬

  • クラスはアーチャー、ランサー、バーサーカー、エキストラクラス、それぞれ一騎ずつ、復活回数は1回。
  • トータルコストは43。
  • 報酬は「呪獣胆石×5」「聖杯の雫×1」「QP300万」「呼符×1」

全体マップ






バフマスについて

  • 無敵貫通(獲得したサーヴァントに無敵貫通付与・1ターン)
liガッツ(獲得したサーヴァントにガッツ付与・HP1,000・1ターン)
  • バスターアップ(獲得したサーヴァントのバスターカード性能を50%アップ・1ターン)

下記の効果はマスの上にいる間だけ効果を発揮します。

  • li:毎ターンNP回復マス(マスにいるサーヴァントに毎ターンNP30獲得する状態を付与。敵の場合はチャージを1増やす状態を付与)
  • HP回復量アップ(マスにいるサーヴァントのHP回復量を50%アップ)

敵戦力

アルテラ(セイバー・礼装効果「必中状態」・復活回数1・)

ディルムッド・オディナ(セイバー)(セイバー・礼装効果「必中状態」・復活回数1・)

ケイローン(アーチャー・礼装効果「必中状態」・復活回数1)

イシュタル(アーチャー・礼装なし・復活回数1)

アステリオス(バーサーカー・礼装なし・復活回数1)

森長可(バーサーカー・礼装なし・復活回数1)

管理人なりの攻略の考察

開始時に「全軍進め、賽は投げられた」が発動。敵全体に永続バフとして死亡時発動(HPが0になった時、敵単体の防御力ダウン+強化状態を1つ解除)が付与。解除不可。
カエサル側はアルテラ、ディルムッド、イシュタル、アステリオスを前進、ケイローンと森長可を守備に残してくる。
エキストラクラスにマシュを配置する場合、コストは発生しない。
カエサル側の戦力は6名。加えてこちらはコスト43、さらに死亡時発動効果もあって、まともにぶつかり合うとかなり厳しい戦いとなる。
カエサル側は動かす敵の数が多いため、敵の動きが鈍いのを利用。そこで、以下のような攻略方法がある。
  • ①:エキストラクラスをマップ上部から、ランサーかアーチャークラスをマップ下部から迂回、残りのクラスで前進してくる敵を迎撃する。(できればケイローンを相手にする可能性が高いので、ランサークラスがオススメ)
  • ②:エキストラクラスとアーチャークラスでカエサルを挟み撃ちにして、短期決戦を狙う。
  • ③:マスター側でもし前進してくる敵サーヴァントを迎撃できるなら、その分敵の行動力を消耗させて、カエサル側の動きを止められる。
なお、上記の方法を取る場合、アルテラを撃破できるパワーのあるエキストラクラス、迂回して進むアーチャーorランサーは、なるべく突破力のあるサーヴァントであること。
守備側は低コストで長期戦になるべく耐えられるのを選びたい。
このページのコメント