攻略記事

聖杯怪盗天草四郎 〜スラップスティック・ミュージアム〜 第四節『怪盗は軽やかに予告する』の攻略日記

2021年3月3日から開始したFGOイベント「聖杯怪盗天草四郎 〜スラップスティック・ミュージアム〜」の第四節『怪盗は軽やかに予告する』の攻略日記です。


第四節『怪盗は軽やかに予告する』 パート1

敵のクラスはアーチャー。ゲイザー1体のみ。
このクエストではゲストサーヴァントの荊軻のみが出撃可能です。

敵戦力


「『贋作ではないのか?』」





バトル「『贋作ではないのか?』」の備考


開幕時に特殊スキル「疑念」が発動。荊軻に永続デバフとして攻撃力ダウンが付与される。
3ターン目に特殊スキル「もし本物であれば」が発動。荊軻のHPが全快、NP100%増加、弱体解除、攻撃力アップ、クイックアップが付与される。
このバトルではマスタースキルは使用できません。

バトル「『贋作ではないのか?』」の攻略

攻略としては以下の手順がオススメ
  • 最初は荊軻のスキル2「十歩殺一人」でクイック攻撃を行い、ゲイザーの防御力を下げておく。
  • 3ターン目の特殊スキルによる強化でスキル3「傍若無人」を使用したうえで宝具を撃てば勝ちは確定。
  • 万が一宝具でトドメを刺せなくとも、クリティカル攻撃などが発動すれば十分ゲイザーは撃破可能。

第三節『前菜・食前酒、あるいはお通し』 パート2

このクエストにはバトルがありません。
クエスト終了後、フリークエスト「古今東西展 王室ゾーン」が開放されます。

聖杯怪盗天草四郎 〜スラップスティック・ミュージアム〜 第四節『怪盗は軽やかに予告する』のプレイ感想


怪盗として、予告状は必須ということで今回は予告状ネタとなりました。
とはいえ、天草四郎の名前は海外では知名度的に微妙なので…




モリアーティ教授の名前を使用。アルセーヌ・ルパンじゃなかった…


しかも右下には天草四郎のバレンタインイベントのお返しで描かれたイラスト付き。
ちなみにモリアーティ教授からは「勝手に使わないで!?」と言われちゃいました。当然の反応。

一方で始皇帝暗殺に使われたということで、荊軻さんの短刀を美術館の館長にも見せます。
しかし、反応はイマイチだったようで、かなり疑われてしまっていました。
ですが疑念と信用は紙一重、何かキッカケがあればひっくり返るとのことです。

そこで天才鑑定士ボイジャー君が、次回活躍するようです。

このページのコメント