攻略記事

聖杯怪盗天草四郎 ~スラップスティック・ミュージアム~ 高難易度クエスト「犯罪王から愛を込めて」

2021年3月3日から開始したFGOイベント「聖杯怪盗天草四郎 〜スラップスティック・ミュージアム〜」の高難易度クエスト「犯罪王から愛を込めて」の攻略日記です。


高難易度クエスト「犯罪王から愛を込めて」

このクエストはセイバー、キャスター、特殊クラスの除いたクラスの雑魚やサーヴァントが出現します。

敵戦力


途中出現してくるサーヴァント


  • 押しかけ強盗(ビリー・ザ・キッド):「金目の物をおいてきな」 ビリーのQuickカード性能をアップ(5ターン)、味方全体のクリティカル威力をダウン(3ターン)
  • 黄金目当ての共犯者(コロンブス):「こいつはもらっていくぜ」 こちらのスターを20個減らし、味方全体の攻撃力をダウン(5ターン)
  • そそのかされた神槍(李書文(槍)):「存分に死合えると聞いて」 李書文の攻撃力アップ(5ターン)、クリティカル威力をアップ(5ターン)
  • 気が乗らない用心棒(燕青):「用心棒ってやつさ」燕青に回避状態(2回)、防御力ダウン(3ターン)。
いずれも解除可能なバフ・デバフとなっています。

怪盗モリアーティ





モリアーティはブレイク前は常に宝具封印状態が付与されているので、チャージも増えません。

ブレイク後


ブレイク後、宝具封印状態が解除。回避状態(1ターン)が付与。

バトル「犯罪王から愛を込めて」の備考


このバトルは大量の雑魚敵とサーヴァントが出現するが、撃破目標となるモリアーティを倒せばクリア。
特殊スキルとして予告状が味方サーヴァント(控え含む)に付与。解除不可能。
モリアーティは予告状のターンが0になった時、または途中で出てくるサーヴァントを撃破すると出現。ただし、出現と同時に自身を除く敵2体にターゲット集中が付与。ターゲット集中は解除不可能。
予告状のターンが0になると、予告状に応じた行動をとり、こちらに対応したデバフを付与してきます。
逆にサーヴァントを撃破してモリアーティを出現させると、特殊スキル「まだ準備中だヨ?」によって味方全員の予告状状態解除+モリアーティにスキル封印(1ターン)。
モリアーティの攻撃が終わると新しい予告状を付与して、控えの敵と交代します。

管理人なりの攻略方法


編成として、以下のサーヴァントがいると楽に戦えます。
  • 全体攻撃ができる宝具を持つサーヴァント:モリアーティが出現したが、タゲ集中のせいで狙えない事も多いので、編成できれば便利。
  • 長期戦になるので、回復・強化・弱体解除などのサポートができるサーヴァントがいると楽に戦えます。上記の全体宝具支援もできればなお良し。
色んなクラスの雑魚やサーヴァントが相手となり、しかも予告状が発動すると味方にキツいデバフ、敵には控えにまで及ぶバフが付与されてしまいます。
予告状による妨害を止めるには、途中で出てくるサーヴァントを倒さなければならず、高い火力も要求されてしまいます。
いっそ、全ての予告状を阻止するのは諦め、敵全体の攻撃力やクリティカル発生率アップが発生する予告状だけを阻止するなど、編成に応じたプランを立てるのがオススメ。

各要素の考察

  • 特攻:人型特攻があれば便利。
  • 必中・無敵貫通:敵は回避・無敵になる事も多いので、あれば便利
  • 能力デバフ系:攻撃力とクリティカル威力アップなど、致命傷になりかねないバフスキル持ちが多いので、強化解除があると便利。
  • 弱体解除:予告状を潰せばデバフはそこまで盛り盛りにはならないので、重要度は低い。
  • チャージ減:モリアーティと燕青は3ターンで宝具発動してくるので、あれば発動を遅らせることができる。
  • 無敵と回避:モリアーティが無敵貫通スキル持ちなので注意。
  • 強化解除耐性アップ・弱体耐性アップ・弱体無効:デバフを連発してくる敵はいないので、重要度は低い。
  • 状態異常付与(スタン・魅了・毒・やけど):モリアーティに狙って状態異常は敵を全滅させないと難しい。
このページのコメント