攻略記事

アキハバラ・エクスプロージョン! ~ 願いの街と愛を刻まれた彫像たち ~ 20店目「電脳遊戯決闘録」

このページは2021年3月24日から開始したFGOイベント「アキハバラ・エクスプロージョン! ~ 願いの街と愛を刻まれた彫像たち ~」の20店目「電脳遊戯決闘録」の攻略日記です。


アキハバラ・エクスプロージョン! ~ 願いの街と愛を刻まれた彫像たち ~ 20店目「電脳遊戯決闘録」パート1

このクエストは、ゲストサーヴァントのガネーシャ、巴御前(剣)、刑部姫のみ出撃できます。

敵戦力






備考

開幕でメンバー全員がそれぞれ以下の特殊スキルを使用します。効果は全て永続バフ。
  • ガネーシャ:「防御は僕に任せるっス」を発動。自身の防御力アップ。
  • 刑部姫:「サポートは姫に任せて」を発動。味方全員のNP獲得量アップ。
  • 巴御前:「攻撃は巴にお任せを!」を発動。自身にアープアップを付与。

戦い方

ガネーシャでタゲ集中を使用、防御は文字通りお任せする。
メインアタッカーとなるのは巴御前なので、NPを刑部姫のスキルで補助したりなどして貯めて、宝具が発動できれば勝利はほぼ確定。

アキハバラ・エクスプロージョン! ~ 願いの街と愛を刻まれた彫像たち ~ 20店目「電脳遊戯決闘録」パート2

このクエストにはバトルがありません。
クエストクリア後、休憩に「ゲームセンター」が追加されます。

アキハバラ・エクスプロージョン! ~ 願いの街と愛を刻まれた彫像たち ~ 20店目「電脳遊戯決闘録」のプレイ感想

ポイント大量獲得目指して、次はゲームセンターにやってきた主人公達一行。
しかし、ガラテアは画面内の造形まではタッチできないので、刑部姫はクラス:ゲーマーの助っ人として、巴御前とガネーシャを連れてきました。

プレイヤーであればこの2名を思い浮かべた方々も少なくないでしょう。


おっきーもですが、この2名もなんだかんだでガチ勢ですし。
しかし、ゲームセンターでゲームを遊んでいると、ギャラリーが集まってくる経験があるプレイヤーの方はいるでしょうか?
それがガネーシャにはかなり堪えるみたいで、操作がかなりガチガチになっていました。

そこでガラテアはガネーシャの石像を改造して、ゲームの操作ができるようにしました。ついでにLEDも内蔵。(後で元に戻したようです)
巴も何故か水着姿でVR姿となり、3人は見事ゲームの大会で優勝しました。

それにしても頭撫でてもらったおっきーが可愛かったですねー。


さて、一方で先ほどのホビーショップでは三蔵ちゃんとエルメロイが帝釈天や毘沙門天が女の子になっていた件について話していました。
女の子になってた件について、三蔵ちゃんお怒りかと思いきや「気持ちがあればオールオッケー」として新しい信仰として見てしまいます。
なお、現実でも地域特有の神様の中には、風化や時の流れ、人がいなくなったり等の理由で、存在を忘れ去られてしまった、という悲しい事もありますので、忘れられるよりかは…という見方もわからなくはないですね。

ちなみにエルメロイはアレキサンダーと大戦略を買いに来ていたようですが、最新作をクソ(ファ〇ク)と評価。
確かに会社としての経営状態がよろしくないと、出来る成果もよろしくない物になりがちですからね。
エルメロイの言いたいことは正直よっくわかります…

また、ワルキューレの3人も恋愛物のゲームを買いに来ており、それぞれの推すゲームは譲れないとしても相手のも捨てがたい状態になります。
結局ヘソクリ使って一人一本買っちゃってましたが…。

さらにホビーショップには金時と綱も来てましたが、二人の温度差が見ていて面白かったです。
ただ、ヒーロー物?と思われる腰に巻くベルトのオモチャを綱の兄貴が装着したのは、正直ちょっと面白かったです。
それを見ていた茨木も驚いていましたが…

何だかんだで秋葉原をそれぞれみんなエンジョイしていると思うと、やはり面白いイベントだなーと思いますね。
このページのコメント