攻略記事

聖杯戦線 ~僕のスーパー・キャメロット2021~  円卓戦線Ⅲ 仲良しこそパワー の攻略

2021年5月12日から開始したFGOイベント「聖杯戦線 ~僕のスーパー・キャメロット2021~」の「円卓戦線Ⅲ 仲良しこそパワー」のプレイ日記です。



今回使用可能クラスと報酬

  • 援軍としてトリスタンが使用可能。スキルはオール8、宝具レベル3。礼装は自身のNPを50%チャージした状態でバトルを開始&NP獲得量50%アップを装備。
  • プレイヤー側で使用可能なクラスはアーチャー、アサシン、バーサーカー、キャスター。復活回数は1回。
  • トータルコストは43。行動力は25。
  • 報酬は「血の涙石×5」「聖杯の雫×1」「QP300万」「呼符×1」

全体マップ





バフマスについて


一度のみ有効なバフ

  • NP獲得(獲得したサーヴァントのNPを100%チャージ。敵の場合はチャージを5増やす)
  • HP回復(獲得したサーヴァントのHPを5,000回復)
  • クイックアップ(獲得したサーヴァントのバスター性能を50%アップ)

永続効果マス

  • HP減少(マスの上にいるサーヴァントのHPを3000減らす状態を付与(1ターン))
戦線ターン中はマスの上にサーヴァントを配置してもHPは減りません。

フィールドの宝箱情報

  • 銀箱:マナプリズム100個
  • 金箱:神脈霊子×5

敵戦力

カイニス(ランサー・概念礼装「ライク・ア・バード(クリティカル威力10%アップ&バスターカードのクリティカル威力15%アップ、毎ターンスターを3個獲得する)」・復活回数1)

キルケー(キャスター・概念礼装なし・復活回数1)

ネモ(ライダー・概念礼装なし・復活回数1)

イアソン(セイバー・概念礼装なし・復活回数1)

強敵

ディオスクロイ(セイバー・概念礼装「トゥインクル・スター」(アーツ性能10%アップ&宝具威力10%アップ、毎ターンスターを3個獲得する)・復活回数2)

毎ターンスターを3個獲得する効果については、敵側では特に何の影響もない。

管理人なりの攻略の考察

編成コストがややキツめなので、相性有利なクラスがいないキャスターは外すのも選択肢となります。
前半、マーリン側は守備にキルケーを残し、ネモ、イアソン、カイニスをプレイヤー側に前進させてくる。ディスクロイは動きません。
なお、イアソンは積極的に攻めてくることは無く、けん制するような動きをするので先手を取られやすいのに注意。
トリスタンの配置的にカイニスがすぐ攻撃を仕掛けてくるため、相性不利なのも考慮するとトリスタンは早めに自陣に下げるのも選択肢です。
今回からの新要素である、HP減少のデバフマスはプレイヤー側にとっては大痛手なため、なるべく踏まないようにしましょう。
今回はバーサーカーが出撃できるので、しっかりと育てたバーサーカーがいるなら、全滅勝利を狙うのも手。
トリスタンはサポート能力が高いが、ディオスクロイを撃退するには厳しいので注意。
このページのコメント