攻略記事

『BanG Dream!』Roseliaの初野外ライブはLV合わせて約43,600人を動員。「Flamme」/「Wass

 次世代ガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!』から誕生したリアルバンド“Roselia”(相羽あいな、工藤晴香、中島由貴、櫻川めぐ、志崎樺音)。彼女たちの初めての野外ライブ「Flamme」/「Wasser」が、2019年8月3日(土)・4日(日)の2日間にわたり富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催。本会場およびライブビューイング会場を合わせて約43,600名を動員し、大成功を収めた。相羽あいな志崎樺音工藤晴香中島由貴櫻川めぐ中島由貴 志崎樺音 相羽あいな 櫻川めぐ 工藤晴香【DAY1「Flamme」】 灼熱の太陽が照り付ける中、初の野外ライブとなったDAY1。ピアノの音とともにRoseliaのロゴが背景に現れると、広い会場を埋め尽くした大観衆は総立ちとなる。その始まりを告げる「ONENESS」は、メンバー全員による合唱で、2日間に渡る単独ライブの開始としては最高の立ち上がりだ。しょっぱなから、ドイツ語で「炎」を表すライブタイトル「Flamme」の通りに炎が立ち上る。そこから続け中島さんの軽快なベースから始まる「R」、TVアニメ『BanG Dream! 2nd Season』オープニングテーマ「BRAVE JEWEL」、「LOUDER」と人気ナンバーを連続投下。観客のボルテージが一気に最高潮に達していった。 Roseliaがカバーする楽曲の中で“炎”をテーマとする「ETERNAL BLAZE」の演奏では、相羽さんの動きに合わせて再びステージから火柱が昇り、野外ステージならではの演出に観客は大喝采。「残酷な天使のテーゼ」に続いて、約1分にもおよぶ志崎さんのピアノソロから始まった「This game」は今回初披露の楽曲。こうしたカバー曲を聞けるのもバンドリ!のライブならではであり、ひとつの楽しみ。 グループ初の白い衣装に身を包み再登場したRoselia。後半戦は、櫻川さんの高速ツーバスプレイが光る「FIRE BIRD」からスタート。2019年7月に発売されたばかりの曲のライブ初披露ということもあり、声援がうねりとなって、富士山へと届けられた。そこから「Safe and Sound」、「Neo-Aspect」を歌い上げる頃には夜の帳が落ちはじめ、会場がサイリウムのやさしい光に包まれる。 新曲「Ringding Bloom」では、志崎さん演じる白金燐子のイメージカラーの白に、「陽だまりロードナイト」では中島さん演じる今井リサのイメージカラーの赤に染め上げられ、富士急ハイランド・コニファーフォレストの夜を彩りDAY1のフィナーレを彩った。 大歓声のアンコールを受け、再び5人が登場すると「BLACK SHOUT」を熱演。楽曲中盤では中島さんのスラップベースが炸裂。モニターにはアニメ映像が映し出され、本作ならではの演出も光る。完全に陽が落ちて涼しくなった会場が、またしても燃え上がった。銀テープが放たれ、この曲が最後と誰しもが思っていると、「熱色スターマイン」という最後の花火がブチ上がった。本物の花火が打ち上げられ、野外ライブならではの演出と最高の演奏に全員が酔いしれ、真夏の夜の初日が終わった。2時間30分という濃密だがあっという間の時間は過ぎ、余韻を楽しんでいると、さらにライブの成功を祝福する花火が夏の夜空を切り裂いた。櫻川めぐ 中島由貴 相羽あいな 志崎樺音 工藤晴香【DAY2「Wasser」】 DAY2もRoseliaのライブを祝福するかのような快晴。この日のテーマは「Wasser」で、ドイツ語で「水」を意味している。前日の熱気が残る中、「Determination Symphony」のギター音により開始が告げられる。工藤さん演じる氷川紗夜の思いが綴られた同曲、鳴り響くギターに歓声も大きくなる。大コールの中、相羽さんの歌声が空気を切り裂いて発せられ、観客も総立ちでそれに応える。そこからは相羽さんのハイトーンが際立つ「R」、工藤さんの印象的なギターリフから始まる「BRAVE JEWEL」をドロップ。この日も最高の出だしとなった。ライブテーマとなる水柱が立ち上がり、灼熱の会場を冷やしてくれるが、それ以上の熱気が観客席を包んだ。 スローナンバーの「Sanctuary」では、再び水の演出とともにステージを照らすライトによってステージが青く染まる。まだ西日が残る中だったが、観客席では薄く光るサイリウムが振られ、その様子はまさに富士五湖を連想させた。 「残酷な天使のテーゼ」、「ETERNAL BLAZE」、「This game」と、昨日とは順番を変えてカバー曲を投下。櫻川さんは複雑なリズムを叩き切り、圧巻のドラムプレイを魅せた。「This game」では水柱が上がり、DAY1とは違ったテイストでの披露。野外ライブである良さを最大限に生かしたこの演出により、Roseliaはまた1つ新たなステージへと進化した。 DAY2の後半戦は「Ringing Bloom」から開始。志崎さんのキーボードソロから始まるこの曲は、Roseliaの気高さの中にある水のような優しさを感じられる楽曲。この日のライブイメージにピッタリのナンバーだ。続けて演奏された「Re:birth day」とともに、DAY2のテーマが込められた名シーンだった。 そこから一転、Roseliaの“炎”となる「FIRE BIRD」がドロップされ、ステージには火柱が上がる。ジェットコースターのように、一気に加速すると「BLACK SHOUT」が終わるや否や工藤さんのギターフィードバックが鳴り響き、本編ラストの「Neo-Aspect」へと繋がる。DAY2が締めくくられた。 夜の富士が見守る中、大アンコールに応えてRoseliaがステージに再登壇すると、ここでお待ちかねの「LOUDER」。一瞬の静寂の後、銀テープの雨が降り注いだ。興奮が最高潮に達している中、突然のサプライズ。2017年~2018年に開催されたRoseliaのライブを収録したBlu-rayの発売が発表された。大歓声が巻き起こり、いよいよ最後の曲「熱色スターマイン」を演奏し、2019年の夏の夜をRoseliaカラーに染め上げる。最後にはDAY1以上の花火が打ちあがり、最高の夏の最後を彩った。■DAY1「Flamme」セットリスト01.ONENESS02.R03.BRAVE JEWEL04.LOUDER05.ETERNAL BLAZE06.残酷な天使のテーゼ07.This game08.FIRE BIRD09.Safe and Sound10.Neo-Aspect11.Ringing Bloom12.陽だまりロードナイト~アンコール~13.BLACK SHOUT14.熱色スターマイン■DAY2「Wasser」セットリスト01.Determination Symphony02.R03.BRAVE JEWEL04.Sanctuary05.残酷な天使のテーゼ06.ETERNAL BLAZE07.This game08.Ringing Bloom09.Re:birth day10.FIRE BIRD11.BLACK SHOUT12.Neo-Aspect~アンコール~13.LOUDER14.熱色スターマインライブ情報■タイトル:『BanG Dream!』Roselia&RAISE A SUILEN合同ライブ「Rausch und/and Craziness(ラウシュ クレイジネス)」■場所:幕張メッセ 国際展示場4~6ホール■開催日:2019年11月30日(土)・12月1日(日)■出演:Roselia(相羽あいな、工藤晴香、中島由貴、櫻川めぐ、志崎樺音)、RAISE A SUILEN(Raychell、小原莉子、夏芽、倉知玲鳳、紡木吏佐)■チケット販売:RAISE A SUILEN 3rdシングル「Invincible Fighter」、Roselia 9thシングル「FIRE BIRD」にCD最速先行(1次先行)応募シリアル封入※応募締切:2019年8月25日(日) 23:59※その他公演情報は公式サイトにて順次公開いたします
このページのコメント