攻略記事

Clanging Thunder

ジャラランガを主力としたデッキ。
Clanging Thunderを意訳すると「鳴り響く雷鳴」

戦い方

序盤はソルロック、エモンガ、タイプ:ヌルあたりでごまかしながら、進化ポケモンの準備を進める。
ジャラランガが高火力を出せる条件として、相手のベンチより自分のベンチを少なくしておく必要があるため、そこはしっかり頭に入れて手札のたねポケモンを出していきたい。
中盤にかけて、ジャラランガ、トリトドン、アローラライチュウのどれかが早い段階で出せるといい流れ。
特にデッキのコンセプトもないので、ジャラランガが弱体化しないようにだけ気をつけて、あとは相手のデッキや状況に合わせる。
スタジアム「喰いつくされた原野」はジャラランガとアローラライチュウに恩恵があるが、デッキによっては自分より相手のほうが恩恵を受けることもあるので考えなしに出さないように。

デッキリスト


枚数日本語英語種類備考
ポケモン(22枚)
1タイプ:ヌルType: Null
3ジャラコJangmo-o
2ジャランゴHakamo-o
1ジャラランガKommo-o
1ジャラランガKommo-oホロ
2ソルロックSolrock
3カラナクシShellos
2トリトドンGastrodon
2エモンガEmolga
3ピカチュウPikachu
2アローラライチュウAlolan Raichu
トレーナーズ(18枚)
1おおきいマラサダBig Malasadaグッズ
1エネルギー回収Energy Retrievalグッズ
1あなぬけのヒモEscape Ropeグッズ
2ネストボールNest Ballグッズ
1レスキュータンカRescue Stretcherグッズ
1ポケモンいれかえSwitchグッズ
2タイマーボールTimer Ballグッズ
1ハイパーボールUltra Ballグッズ
1喰いつくされた原野Devoured Fieldスタジアム
3ハウHauサポート
1リーリエLillieサポート
2ククイ博士Professor Kukuiサポート
1学習装置Exp. Shareどうぐ
エネルギー(20枚)
12闘エネルギーFightning Energyエネルギー
8雷エネルギーLightning Energyエネルギー

キーカード

ジャラランガ(英語版


無色2エネで120ダメージ出せる「ウォークライ (War Cry)」が強力。
ただし、条件として相手よりもベンチポケモンを減らしておく必要があるため、常に意識しておく必要がある。
もうひとつのワザ「スケイルノイズ (Clanging Scales)」は被ダメージが増えるデメリットつき。状況によっては撃つこともあるが、基本的には「ウォークライ (War Cry)」で攻められる状態にしておきたい。

トリトドン(英語版


こんらんで運ゲーに持ち込んだり、デメリットつきだが高火力ワザで攻められる。アタッカーとしての能力はそこそこ。

アローラライチュウ(英語版


相手が3エネルギーつけていれば130ダメージ、ククイ博士を使えば150ダメージと、そこそこいいダメージが出せる。
スタジアムが出ていればにげるエネルギーがなくなるのもたまに便利なことがある。
バトル場にエモンガがいる場合は「ボルトチェンジ (Volt Switch)」で準備前に出してしまわないように注意。

タイプ:ヌル(英語版


序盤から安定して戦えるカード。
「アーマープレス (Armor Press)」で準備を進めたいときの時間稼ぎができ、3エネで70ダメージも序盤~中盤の火力としては十分。「テーマデッキ一覧」へ戻る
このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン