攻略記事

Destruction Fang

サザンドラを中心としたデッキ。
Destruction Fangを意訳すると「破壊の牙」

戦い方

序盤は少ないエネルギーで動けるクチート、ヘルガー、エンニュートを使いたい。
中盤にかけてはキテルグマで手札補充したり、主力のサザンドラの準備を進めていく。
サザンドラの特性は相手のデッキによってはベンチを少なくすることにメリットがあるため、必要に応じて活用したい。

平均的な火力はそこそこ高いのだが、最大火力が若干物足りない。HP150以上のポケモンは基本的に一撃では倒せないので、ある程度ダメージを重ねてから主力で倒すなどの工夫が必要。

デッキリスト


枚数日本語英語種類備考
【ポケモン】(23枚)
1ヤレユータンOranguru
3ヌイコグマStufful
2キテルグマBewear
3モノズDeino
2ジヘッドZweilous
1サザンドラHydreigon
1サザンドラHydreigonホロ
3デルビルHoundour
2ヘルガーHoundoom
2クチートMawile
2ヤトウモリSalandit
1エンニュートSalazzle
【トレーナーズ】(17枚)
1エネルギー回収Energy Retrievalグッズ
1あなぬけのヒモEscape Ropeグッズ
1スーパーボールGreat Ballグッズ
2ネストボールNest Ballグッズ
1レスキュータンカRescue Stretcherグッズ
1ポケモンいれかえSwitchグッズ
2タイマーボールTimer Ballグッズ
3ハウHauサポート
2ククイ博士Professor Kukuiサポート
1マーマネSophoclesサポート
1学習装置Exp. Shareどうぐ
1ねがいのバトンWishful Batonどうぐ
【エネルギー】(20枚)
12悪エネルギーDarkness Energyエネルギー
8超エネルギーPsychic Energyエネルギー

キーカード

サザンドラ


自分と相手のエネルギーを1つずつはがし合うことができるワザと、自分のベンチを3匹になるまで減らせる特性を持つ、少しトリッキーなカード。
互いのエネルギーをはがすかは任意のため、相手をきぜつさせていても効果を発動させるか聞かれる。無駄に効果を使わないように少し注意。
自分のエネルギーをはがす分、エネルギー破壊の割には120ダメージと高めの設定だが、ククイ博士込みでもHP150のポケモンをギリギリ倒せないラインなのが惜しい。

特性は相手がこちらのベンチが多いほど火力が出るワザの対策等に活用可能。
ベンチに攻撃できる場合やグズマがある場合、HPの低いポケモンをトラッシュしておくこともできる。
選択した3匹のポケモンを残して、選択しなかったポケモンをトラッシュに送る特性なので、間違えないようにしたい。

ヘルガー


早い段階から動ける主力カードとして利用可能。
特に、先攻2ターン目で展開できると相手への圧が大きくかかる。
3エネルギーつければ90ダメージ出せるので、序盤~中盤のアタッカーとして優秀。

キテルグマ


進化させるだけで3枚ドローできる特性を持っている。特性の使用は任意なので、「Yes」を選択してしっかり効果を利用したい。
ワザも比較的使いやすいが、相手が進化ポケモンを機軸にしたデッキではエネルギーの割りに火力が出ず、雑魚狩りにしかならない。
バトル場に積極的に出すかどうかは相手のデッキと自分のベンチの状況次第というところ。

ヤレユータン


サンムーンのテーマデッキではおなじみの汎用カード。
手札が3枚未満になるような若干厳しい場面で希望をつなぐことができるだけではなく、中火力を出せるのはやはり強力。
エネルギーは闘・悪どちらも使えるので、ねがいのバトンのつなぎ先としても使いやすい点もいい感じ。

このページのコメント