攻略記事

Rallying Cry

Round(りんしょう)をテーマにしたデッキ。
BWシリーズのカードで構築されている。

戦い方

ワザ「りんしょう (Round)」をテーマにしたデッキだが、使えるポケモンは全部で5枚のみ。少ない。
それでも火力を出すには「りんしょう (Round)」に頼るしかないので、特に火力が出せるバクオングを出すことを目標にプレイする。
序盤はペラップやガルーラでチクチク攻撃して時間を稼ぐ。
ヒオウギシティジムや大きなマントで無色ポケモンのHPを増やせると、意外としぶとく耐えられるようになる。
中盤から終盤にかけてプクリンやバクオングを展開し、ポケモンを倒しにいけると勝機が見える…かもしれない。

デッキリスト

枚数日本語英語種類備考
ポケモン(25枚)
3ペラップChatot
3プリンJigglypuff
2プクリンWigglytuff
3ガルーラKangaskhan
3ニャースMeowth
3ゴニョニョWhismur
2ドゴームLoudred
1バクオングExploud
3オタマロTympole
2ガマガルPalpitoad
トレーナーズ(18枚)
2エネルギー回収Energy Retrievalグッズ
2ピーピーエイドEtherグッズ
2レベルボールLevel Ballグッズ
2ポケモンいれかえSwitchグッズ
2ヒオウギシティジムAspertia City Gymスタジアム
2カトレアCaitlinサポート
2チェレンCherenサポート
2デントCilanサポート
2大きなマントGiant Capeどうぐ
エネルギー(17枚)
2ダブル無色エネルギーDouble Colorless Energy特殊エネルギー
15水エネルギーWater Energyエネルギー

キーカード

バクオング(英語版


バクオングの「りんしょう (Round)」は他の2匹より火力が高く設定されている。
ベンチにプクリンかガマガルが計2匹でもいれば150ダメージと、けっこういい火力が出る。
ヒオウギシティジム+大きなマントでHPは180まで増やせるので、万全を期して出せば活躍間違いなし。
ただ、デッキに1枚しか入っていない。なのにデッキからサーチする手段は無し。厳しすぎる。

ペラップ(英語版


「おんち (Tone-Deaf)」のこんらんで運ゲーに持ち込むための要員。
こんらんになるかどうかは運。なった上で相手が自傷ダメージを負うかどうかも運。
運さえよければ強力な一枚。

ガルーラ(英語版


序盤の戦力としてはガルーラが主力。
「なかまをよぶ (Call for Family)」でデッキ圧縮&ベンチの準備ができ、「れんぞくパンチ (Comet Punch)」で敵ポケモンを倒していける。
引いたらどんどん使っていきたい。

プクリン(英語版


貴重な「りんしょう (Round)」のメンバー。
ただ、基本的には「さいみんはどう (Hypnoblast)」の中火力&ねむりチャンスに期待して出すことになる。「りんしょう (Round)」は、もし火力が出せればラッキーくらいに思っておく。

ヒオウギシティジム(英語版


無色ポケモンがほとんどなので、出すだけでほぼ確実にメリットを享受できる。
HPが20増えることで耐えられる攻撃が大きく増えるため、意外と重要な1枚。

このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン