サマナーズウォー攻略記事

水バーバリアンキング(エギル)評価とおすすめルーン

水バーバリアンキング(エギル)のおすすめルーンと評価を記載しています。対人、ギルバト、カイロスダンジョン、異界ダンジョンでの使い道や、エギルの特徴、スキル、ステータスなど基本情報も紹介しているので、水属性のバーバリアンキングを育てる際の参考にしてください。

火属性水属性風属性

スルト

エギル

フレースヴェルグ
光属性闇属性

ミーミル

フルングニル

どの属性がおすすめ?

    適性一覧

    対人、カイロスダンジョン、異界ダンジョンでの適正をランク付けして紹介しています。

    SS:唯一無二、S:最適、A:使える、B:他に候補がいなければ、-:使わない。

    対人の適性

    単体攻撃のため、アリーナの適性はありません。ギルバトでも限定的な使い方になるでしょう。防衛での活躍は難しいです。

    アリーナ攻め-
    防衛-
    ギルバト攻めA
    防衛-
    ワールドB

    カイロスダンジョンの適性

    強化効果解除でドラゴンダンジョンに適性があります。その他のダンジョンでは特に適性がありません。

    巨人安定-
    高速周回-
    ドラゴン安定A
    高速周回A
    安定-
    高速周回-

    試練のタワーの適性

    行動阻害スキルがないため、適性はありません。

    ノーマル手動-
    オート-
    ハード手動-
    オート-

    異界ダンジョンの適性

    烙印付与が再使用時間2ターンでおこなえるため、全体的に適性があります。ただし最適とはいえず、より適性の高いモンスターを持っている場合は、そちらのモンスターを優先してください。

    レイド5F安定-
    高速周回B
    業火の魔獣-A
    酷寒の魔獣-B
    暴風の魔獣--
    光輝の魔獣-B
    深淵の魔獣--

    ドラゴンダンジョンの評価

    強化効果解除スキルが有効

    「スキル3:没収」は、ボスに付与された免疫を解除できます。スキルマ時は3ターンに一度使用できるため、スキルの回転率も悪くありません。2回攻撃で解除の判定が2回あることも評価できます。

    しかし現状では水ジャック・オ・ランタン(クリーピー)の方が、パッシブで毎ターン強化効果解除ができるため、免疫を解除できるアタッカーとして人気があります。

    クリーピーとの比較については下記で詳しく解説します。

    高速周回時の評価

    エギルの「スキル2:怒れる一撃」は、被ダメージを25%上昇させる烙印を付与できる貴重なスキルです。スキルマ時に2ターンに1回使用可能で、スキル回転率もかなり良好です。ただし、敵の防御力を70%減少させる防御デバフの方がデバフ付与時のダメージが上です。すぐに弱化効果を解除し、免疫を付与してくるボス戦では、烙印はそれほど評価されません。

    同じく烙印を付与できる水暗殺者(ステラ)がライバルとなりますが、上記の理由からスキル1で防御デバフを付与できるステラが人気となっています。

    ステラとの比較については下記で詳しく解説します。

    ドラゴンダンジョンのパーティー構成例


    ヴェルデハイル

    ヴェラモス

    ベラデオン

    メイガン

    エギル
    ドラゴン高速化はこちらを参考にしてください

    火の異界ダンジョンの評価

    烙印スキルが有効

    各属性の異界ダンジョンは、有利属性のダメージが50%アップするため、安定してSSSを取るためには有利属性のアタッカーでパーティーを組む必要があります。

    エギルは、スキルマ時に2ターンに1回使用可能な烙印付与スキルを持っているので、グロッキー状態時にダメージに貢献できます。ただし、ここでも防御デバフを付与できるステラの影に隠れてしまいます。

    また、火の異界ダンジョンを安定クリアするためには、全体攻撃スキルが重要です。単体攻撃スキルしか持っていないエギルは、やはり物足りない印象です。

    火の異界のパーティー構成例


    ラピス

    カリン

    シャオウィン

    ターク

    エギル
    火の異界おすすめモンスターはこちら

    ギルバトの評価

    ラカン対策

    ギルバト防衛で使用率の高い火キメラ(ラカン)への対策として使いましょう。「スキル3:没収」でラカンが自身に付与した免疫と攻撃バフを奪います。ラカンの攻撃を受けられるモンスターと組み合わせて使いましょう。

    ちなみに、ラカン対策としてすでにクリーピーを使っている人には育成は不要です。強化効果を奪う役割において常にクリーピーが優位に立っています。

    ギルバトのパーティー構成例


    エギル

    銀屏

    ジュルタン
    ギルバトの戦い方はこちら

    おすすめルーン紹介

    コンテンツごとにおすすめのルーンをご紹介します。

    ドラゴンダンジョン向けルーン

    ドラゴンダンジョンではアタッカーに速度が求められます。おすすめルーンは迅速(猛攻)+刃です。メインオプションは2番速度、4番クリダメ、6攻撃%がおすすめとなります。

    ドラゴンダンジョンで重要な速度の目標は+80~100です。攻撃系の中では体力と防御力のステータスが高いため、耐久面よりも火力面を意識して上げましょう。ただし、パーティー全体の火力が低く、倒すのに時間がかかる場合は耐久面を意識しなければなりません。

    また、強化効果解除が主な役割なので、的中は50%を目安としましょう。覚醒で的中が25%上昇するため、的中の目標は達成しやすいです。ドラゴンダンジョンでは有利属性ですので、クリ率は85%を目標としてください。

    ルーン構成おすすめオプション
    迅速(猛攻)+刃2番速度
    4番クリダメ
    6番攻撃%

    ギルバト向けルーン

    再使用時間の短いスキルを活かすために、セット効果は暴走ルーンで組みましょう。

    残りの2セットは、相手の弱化効果付与に対応できる意志ルーンがおすすめです。ただし、意志ルーンは死のダンジョンでの入手となるので、入手が難しい方は刃で組みましょう。

    ギルバト防衛で使用率の高いラカンに対して使うので、クリ率は85%が目標です。ラカン以外のモンスターから、ある程度攻撃を受けることが予想されるため、耐久も意識して上げる必要があります。メインオプションは2番体力、4番クリダメ、6番攻撃がおすすめです。

    ルーン構成おすすめオプション
    暴走+意志(刃)2番体力%
    4番クリダメ
    6番攻撃%

    火の異界ダンジョン向けルーン

    異界ダンジョンでは速度は気にせず、火力に特化させたほうがスコアが出ます。おすすめルーンは猛攻(激怒)+刃です。2番攻撃%、4番クリダメ、6番攻撃%としましょう。

    ルーン構成おすすめオプション
    猛攻(激怒)+刃2番攻撃%
    4番クリダメ
    6番攻撃%

    ステラとの比較

    烙印付与スキルで役割の被るステラとの比較です。

    ドラゴンダンジョンの比較

    ドラゴンダンジョンでの適性比較ですが、高速周回ではステラ、安定周回ではエギルに軍配があがります。

    最初に高速周回ですが、ボス戦でいかにはやく防御デバフを付与できるかが重要ですので、スキル1に防御デバフ付与を持つステラが優秀です。また、スキル3のゲージダウンも攻撃回数を減らせるため、事故防止にも繋がります。

    次に安定周回ですが、スキル3に強化効果を奪う効果を持つエギルの方が優秀です。ドラゴンダンジョンで苦戦するのは、弱化効果を解除し免疫を付与する点ですので、免疫を奪えるという点はとても優れています。

    結論的に、免疫を無視して倒しきってしまう高速周回パーティーにはステラ、事故なし安定周回にはエギルがおすすめといえるでしょう。

    火の異界ダンジョンの比較

    火の異界ダンジョンとの比較ですが、グロッキー状態でのデバフ貢献度でステラに軍配があがります。

    烙印付与だけで判断するとステラが再使用時間3ターンに対し、エギルは2ターンということで、エギルの方が優れています。ただし、エギルはスキル1が持続ダメージ付与のため、効果がありません。ステラのスキル1は防御デバフ付与のためとても優秀です。

    結論的に防御デバフを優先し、ステラをおすすめします。

    クリーピーとの比較

    強化効果を奪うスキルで役割の被るクリーピーとの比較です。

    ドラゴンダンジョンでの比較

    ともにボスの免疫を解除する役割となります。単純に強化効果を解除する性能を比較すると圧倒的にクリーピーが優れています。エギルがスキルマ時に再使用時間が3ターンに対し、クリーピーはパッシブで発動するため、スキル2使用時をのぞき毎ターン解除が可能です。さらに強化効果解除の発動確率もエギルが75%×2に対し、クリーピーは100%×3となっています。

    解除性能では劣っているエギルですが、スキル2に烙印付与があるため、高速周回では優位に立ちます。ただし、免疫解除が3ターンに1回しかおこなえないことを考えると、安定して周回できるかというと疑問が残ります。

    ギルバトでの比較

    おもにラカン対策として使用することになりますが、免疫と攻撃バフを奪う役割においては、やはりクリーピーが上です。

    ラカンは自身に免疫と攻撃バフを付与後、即時ターンを獲得するので、解除が間に合わない恐れがあります。くわえて、ラカンの反撃で挑発が付与された場合でも、クリーピーはスキル1での攻撃で強化効果を奪えるため、問題ありません。

    バーバリアンキングのおすすめ属性

    フレースヴェルグ(風)

    全体攻撃とスキル再使用時間の間体力を10%回復する効果で初心者におすすめのモンスターです。シナリオダンジョンの引率周回向きで、巨人ダンジョンの適性も高いです。

    また、攻撃速度バフと、烙印付与は水の異界ダンジョンでの適性が高く、上級者が使っても有用です。

    引率周回向けおすすめルーン

    ルーン構成おすすめオプション
    猛攻+刃2番体力%
    4番クリ率
    6番攻撃%

    巨人ダンジョン向けおすすめルーン

    ルーン構成おすすめオプション
    猛攻+刃2番攻撃%
    4番クリダメ
    6番攻撃%

    水の異界ダンジョン向けおすすめルーン

    ルーン構成おすすめオプション
    迅速+刃2番速度
    4番クリダメ
    6番攻撃%

    ミーミル(光)

    ギルバト24%速度リーダーで、スタン+ゲージ0という強力なスキルを持っています。おもにギルバトで使われるモンスターですが、苦手属性のない光属性のアタッカーということで、さまざまなコンテンツで使えます。ただし、最適というわけにはいかず、ほかに候補がいなければといった位置づけです。

    ギルバト向けおすすめルーン

    ルーン構成おすすめオプション
    暴走+意志(刃)2番速度
    4番クリダメ
    6番攻撃%

    レイド向けおすすめルーン

    ルーン構成おすすめオプション
    吸血(猛攻)+刃2番攻撃%
    4番クリダメ
    6番攻撃%

    評価まとめ

    器用貧乏なモンスター

    強化効果を「奪う」スキルと、烙印付与スキルを持っているため、ドラゴンダンジョン、火の異界ダンジョン、ギルドバトルにおいて、適性があります。ただし、どれも最適ではないため、器用貧乏の印象が強いモンスターと言えるでしょう。

    おすすめ属性は風と光

    バーバリアンキングは飛び抜けて評価が高い属性がありません。あえて選ぶなら、フレースヴェルグ(風)ミーミル(光)がおすすめですので、スキル上げの餌として使うのも良いです。

    ステータス一覧

    基本情報

    属性水属性
    タイプ攻撃系
    入手時のレア星4

    ステータス

    -最大
    体力10215
    攻撃力725
    防御力571
    攻撃速度103
    クリ率15
    抵抗15
    的中25
    この数値は、ルーン非装備時のものです。

    スキル一覧

    スキル1

    断罪
    斧で対象を2回攻撃し、それぞれ50%の確率で1ターンの間2つの持続ダメージを与える。

    スキルレベル

    • Lv.2 ダメージ量+5%
    • Lv.3 ダメージ量+5%
    • Lv.4 弱化効果発動率+10%
    • Lv.5 ダメージ量+10%
    • Lv.6 ダメージ量+10%

    スキル2

    怒れる一撃
    斧の攻撃で相手に2ターンの間烙印を刻み、自分の攻撃ゲージを50%上昇させる。烙印された対象にはダメージが25%上昇する。(スキル再使用可能まで3ターン)

    スキルレベル

    • Lv.2 ダメージ量+5%
    • Lv.3 ダメージ量+10%
    • Lv.4 ダメージ量+10%
    • Lv.5 スキル再使用時間-1ターン

    スキル3

    没収
    対象を2回攻撃し、それぞれ75%の確率で対象の強化効果を1つずつ奪い取る。再使用時間の間には攻撃速度が上昇し、毎ターン体力を10%回復する。(スキル再使用可能まで4ターン)

    スキルレベル

    • Lv.2 ダメージ量+5%
    • Lv.3 ダメージ量+10%
    • Lv.4 ダメージ量+10%
    • Lv.5 スキル再使用時間-1ターン

    リーダースキル

    ギルドバトルで味方モンスターの体力が33%上昇する。

    このページのコメント