サマナーズウォー攻略記事

水ドルイド(アベリオ)の評価とおすすめルーン

水ドルイド(アベリオ)の評価とおすすめルーンを紹介しています。各ダンジョンにおける適正一覧や、おすすめの使い道も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

火属性水属性風属性

ベレヌス

アベリオ

タラニス
光属性闇属性

バランティス

パテール

適性一覧

対人、カイロスダンジョン、異界ダンジョンでの適正をランク付けして紹介しています。

SS:唯一無二、S:最適、A:使える、B:他に候補がいなければ、-:使わない。

対人の適性

味方の体力が30%いかになると発動する「パッシブ:ドルイドの機転」が強力です。回復スキルで味方の体力を回復、ゲージも上がるため、反撃に繋げられます。アリーナでルシェン攻めの対策となるため、防衛の評価が高いです。

ギルバト/占領戦では、回復役としてだけではなく、アタッカーとしても使われています。

アリーナ攻め-
防衛S
ギルバト攻めA
防衛-
ワールドアリーナA

使用例

カイロスダンジョンの適性

カイロスダンジョン向けではありません。

巨人安定-
高速周回-
ドラゴン安定-
高速周回-
安定-
高速周回-

試練のタワーの適性

行動阻害スキルがないため、適性はありません。

ノーマル手動-
オート-
ハード手動-
オート-

異界ダンジョンの適性

異界ダンジョン向きではありません。

レイド5F安定-
高速周回-
業火の魔獣--
酷寒の魔獣--
暴風の魔獣--
光輝の魔獣--
深淵の魔獣--

評価

強い点

アリーナの防衛性能が高い

味方の体力が30%以下になると発動する「パッシブ:ドルイドの機転」が強力です。回復スキルで味方の体力を回復、ゲージも上がるため、反撃に繋げられます。アリーナでルシェン攻めの対策となるため、防衛の評価が高いです。

アタッカーと回復役を両立できる

ギルバト/占領戦の攻め使用する際は、防御特化のクリダメ型にするのがおすすめです。回復役とアタッカーの両立ができます。

弱い点

基礎体力がやや低い

アリーナ防衛で使用する場合は、防御無視スキルを受けることを考えると、防御力より体力が高い方が優秀です。

おすすめルーン

ギルバト/占領戦攻め

ルーン構成おすすめオプション
暴走+意志2番攻撃速度(防御%)
4番クリダメ
6番防御%

解説

防御力に応じたダメージを与えるため、防御を優先的にあげましょう。ルーンの敷居は高いですが、アタッカーとしてクリダメ型にするのがおすすめです。スキルの回転率を上げたいので、暴走ルーンが良いでしょう。

アリーナ防衛

ルーン構成おすすめオプション
暴走+意志2番攻撃速度
4番体力%
6番体力%

解説

ルシェン攻めの対策は必須で、倒されない体力が最重要となります。

ステータス

ステータス情報

属性水属性
タイプ防御系
入手時のレア度星5

ステータス

-最大ステータス
最大体力10545
攻撃力692
防御力747
攻撃速度99
クリティカル率15
効果抵抗15
効果的中0
この数値は、ルーン非装備時のものです。

スキル一覧

スキル1

戒めの手
相手を攻撃し、35%の確率で1ターンの間スタンさせる。

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+5%
  • Lv.3 弱化効果発動率+5%
  • Lv.4 ダメージ量+10%
  • Lv.5 弱化効果発動率+10%

スキル2

凶暴な一撃
自分の防御力に応じてダメージが上がる攻撃を行い、与えたダメージの30%分を体力として回復する。ビーストフォームで使用する場合、相手に与えるダメージが20%上がり、攻撃後ドルイドフォームになる。(スキル再使用可能まで3ターン)

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+10%
  • Lv.3 ダメージ量+10%
  • Lv.4 ダメージ量+10%
  • Lv.5 ダメージ量+15%
  • Lv.6 スキル再使用時間-1ターン

スキル3

野生の癒し
味方全体の体力を30%ずつ回復する。ドルイドフォームで使用する場合、味方全体の攻撃ゲージを15%ずつ上げてビーストフォームになり、相手全体をそれぞれ50%の確率で1ターンの間挑発する。(スキル再使用可能まで5ターン)

スキルレベル

  • Lv.2 スキル再使用時間-1ターン
  • Lv.3 スキル再使用時間-1ターン

パッシブ

ドルイドの機転
味方が攻撃を受けて体力が30%以下になった場合、自分の攻撃ゲージが100上がる。(スキル再使用可能まで9ターン)(効果自動適応)

パッシブ(ビーストモード)

野獣の根気
攻撃を受けると自分の攻撃ゲージが15%上がり、毎ターン味方の体力を10%ずつ回復させる。(効果自動適応)
このページのコメント