サマナーズウォー攻略記事

火狂戦士(ヴィドル)の評価とおすすめルーン

火狂戦士(ヴィドル)評価とおすすめルーンを紹介しています。各ダンジョンにおける適正一覧や、おすすめの使い道も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

火属性水属性風属性

ヴィドル

バギール

スコグル
光属性闇属性

エインヘリ

トラサル

適性一覧

対人、カイロスダンジョン、異界ダンジョンでの適正をランク付けして紹介しています。

SS:唯一無二、S:最適、A:使える、B:他に候補がいなければ、-:使わない。

対人の適性

敵単体の動きを止める性能は高いため、ギルバト、占領戦なら使えるでしょう。

アリーナ攻め-
防衛-
ギルバト(占領戦)攻めB
防衛-
ワールドアリーナ-

カイロスダンジョンの適性

カイロスダンジョン向きではありません。

巨人安定-
高速周回-
ドラゴン安定-
高速周回-
安定-
高速周回-

試練のタワーの適性

抵抗されずに相手のゲージ0をにできるため、タワーボス階の適性が高いです。スキルマで再使用時間が3ターンと、短いのも高評価です。

ノーマル手動A
オート-
ハード手動A
オート-

異界ダンジョンの適性

異界ダンジョンの適性はありません。

レイド5F安定-
高速周回-
業火の魔獣--
酷寒の魔獣--
暴風の魔獣--
光輝の魔獣--
深淵の魔獣--

評価

強い点

抵抗されないゲージ0スキル

相手のゲージを下げれるスキルは多く存在しますが、抵抗されないゲージダウンは貴重です。ゲージダウンを抵抗されると厳しくなる、試練のタワーのボス階で活躍できます。

弱い点

ライバルが多い

ゲージダウンスキルを所持しているモンスターは多く存在していて、タワーハードで優秀とされている、火シルフ(バレッタ)や火守護羅刹(ファー)などをすでに育成しているプレイヤーには不要です。

おすすめルーン

試練のタワー

ルーン構成おすすめオプション
暴走+集中2番攻撃速度
4番体力%
6番防御%

解説

「スキル2:弱点痛打」の回転率が重要なので、暴走ルーンで組むのがおすすめです。ダメージには期待せず、耐久振りが良いでしょう。

ステータス

ステータス情報

属性火属性
タイプ防御系
入手時のレア度星3

ステータス

-最大ステータス
最大体力9060
攻撃力505
防御力703
攻撃速度96
クリティカル率30%
効果抵抗15%
効果的中0
この数値は、ルーン非装備時のものです。

スキル一覧

スキル1

鋼塊投げ
相手を攻撃し、50%の確率で攻撃ゲージを30%減少させる。

スキルレベル

  • Lv2 ダメージ量+5%
  • Lv3 弱化効果発動率+5%
  • Lv4 ダメージ量+5%
  • Lv5 弱化効果発動率+5%
  • Lv6 ダメージ量+10%
  • Lv7 弱化効果発動率+10%
  • Lv8 ダメージ量+10%
  • Lv9 弱化効果発動率+15%

スキル2

弱点痛打
防御力によって威力が上昇する攻撃を相手対象に行い、相手の攻撃ゲージを0にする。相手弱化効果がかかっている場合、この効果には抵抗できない。(スキル再使用可能まで4ターン)
  • Lv2 ダメージ量+10%
  • Lv3 ダメージ量+10%
  • Lv4 スキル再使用時間-1ターン

スキル3(パッシブ)

闘士の帰還
倒された時、闘士の殿堂に戻り体力30%の状態で復活する。また3ターンの間、攻撃力と防御力が上昇する。(スキル再使用可能まで11ターン)
  • Lv2 スキル再使用時間-1ターン
  • Lv3 スキル再使用時間-1ターン
  • Lv4 スキル再使用時間-1ターン
このページのコメント