サマナーズウォー攻略記事

【サマナーズウォー星3】[へモス]水グリムリッパー評価とステータス

このページは水グリムリッパー覚醒後の評価やステータス、スキルをご紹介!

へモスの特徴

対戦相手の命を削りとる恐怖のアタッカー

見た目通りのアタッカーで、試練のタワーHardで大活躍します。

カイロスダンジョンでも輝くイケメンアタッカーです。

ドラゴンダンジョン10階では持続ダメージでのアタッカーに!

【へモスのおすすめダンジョン】

  • ドラゴンダンジョン
  • 水のダンジョン
シナリオダンジョン対人戦(攻撃)対人戦(防衛)試練のタワーカイロスダンジョン
DBDSA

育成のオススメ度

育成オススメ度は70%。体力が低く、序盤ではオススメできません。しかし、中盤以降からヘモスの出番がやってきます! 試練のタワーでは目の覚めるような活躍を見せてくれるでしょう。

ただし、上位互換にあたるモンスターが多いのが弱点。それらを育成する場合、優先度はさがってしまいます。

おすすめルーン

ここではプレイヤーのレベルにあわせた、おすすめルーンをご紹介。

ここでのルーンは最適解ではありません。
一例としての紹介です。

ルーンの組みあわせ

ルーンの効果についてはルーン詳細ページをご覧ください

ルーンの種類オススメ度詳細コメント
元気B打たれ弱い体力はどうしようもありません。補強して何とかボスまで連れていくべし。
守護C防御力が低いです。守護ルーンよりも元気ルーンで体力を強化しましょう。
迅速S攻撃速度が遅めです、彼の強さを最高まで引き出すため、最優先で補強すべし!
集中A試練のタワーに挑む時、攻略のキーになるルーンです。
絶望D範囲への状態異常効果は持っています。しかし、ダメージがないため、絶望ルーンが発動しません。
保護D体力が低いため、うっすいシールドしかはれません。
意思B足が遅く、相手からの攻撃をくらいます。一発くらって生き残るだけの体力が確保できているなら、意思のルーンもいけますね。
猛攻B目的別おすすめルーンその1。秘密のダンジョンで下層をめぐるという、限定的な状況で使えます。また、あと少しでとどめを刺せるモンスターを攻撃し、追加ターンをいただくのもアリ。
吸血Dステータスの攻撃力は高めです。しかし、相手に与える直接のダメージが低く、ルーンの能力がいかせません。
忍耐B目的別おすすめルーンその2。ドラゴンダンジョンへ連れていく時に使えます。状態異常効果が頻発するドラゴンダンジョンでは、効果抵抗を高めましょう。
Dとくに試練のタワーで当てはまるのですが、クリティカル攻撃で瀕死状態になりかねません。
果報B倒されやすいモンスターなので、一見すると果報ルーンとの相性はよくありません。しかし! 果報ルーンのポイントは、ダメージで攻撃ゲージが増えること。攻撃速度の遅いヘモスだからこそ、うれしい瞬間が必ずやってきます。
激怒Dクリティカルのメリットがありません。
反撃D反撃で敵を倒しても、追加ターンは得られません。
暴走S暴走して追加ターンを増やし、優秀なスキル2とスキル3を使いまくるべし!
破壊D多段攻撃や連続攻撃がなくヘモス。攻撃回数が影響する破壊のルーンとは、あまり相性がよくありません。
数値は、ルーン非装備時のものです。

おすすめルーン考察

攻撃速度が非常に遅いヘモスのために、ルーンで速度を補強していきます。

  • 持続パーティ入門 →迅速ルーン+元気ルーン
    へモスのスキル3「フローズンソウル」で相手の動きをとめ、スキル2「プレーグ」で相手全体の体力を削る。スタンダードなルーンの使いかたです。
  • 試練のタワー/メインアタッカー →暴走ルーン+集中ルーン
    このルーン構成の前提は、パーティでしっかり足止めができていること。暴走ルーンで追加ターンを得ることで、へモスの能力を最大限まで引き出します。
  • 試練のタワー/安定の足止め要員 →迅速ルーン+集中ルーン
    考えかたは入門編と同じです。このルーン構成では、集中のルーンで状態異常攻撃が決めやすくなっています。ダンジョンによっては相手の攻撃を耐えることより、相手の動きをとめたい場所もあったりします。集中ルーンを使いこなし、華麗に勝利を決めましょう。

ヘモスのステータス

ステータス情報

属性水属性
タイプ攻撃系
入手時のレア度★3

ステータス

-最大ステータス評価
最大体力8070D
攻撃力801A
防御力472D
攻撃速度91D
クリティカル率15C
効果抵抗15C
効果的中0C
この数値は、ルーン非装備時のものです。

スキル一覧

スキル1

グリムサイズ
死の鎌で敵の命を奪う。敵が死亡すると追加ターンを得る。

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+5%
  • Lv.3 ダメージ量+5%
  • Lv.4 ダメージ量+5%
  • Lv.5 ダメージ量+10%
  • Lv.6 ダメージ量+15%

スキル2

プレーグ
全ての敵に疫病を広め、80%の確率で2ターンの間、2つの持続ダメージを与える。(スキル再使用可能まで5ターン)

スキルレベル

  • Lv.2 弱化効果発動率+10%
  • Lv.3 弱化効果発動率+10%
  • Lv.4 スキル再使用時間-1ターン
  • Lv.5 スキル再使用時間-1ターン

スキル3

フローズンソウル
魂まで凍るような寒気で3ターンの間、ターゲットの攻撃速度を落とし、1ターンの間、凍らす。(スキル再使用可能まで5ターン)

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+5%
  • Lv.3 ダメージ量+10%
  • Lv.4 ダメージ量+10%
  • Lv.5 スキル再使用時間-1ターン
  • Lv.6 スキル再使用時間-1ターン

リーダースキル

味方の水属性モンスターの攻撃力が30%増加する。

覚醒素材

  • 水の聖水(中級)×15個
  • 水の聖水(下級)×10個
  • 魔力の聖水(中級)×10個
  • 魔力の聖水(下級)×5個

入手方法とスキルあげについて

入手方法

  • 未知の召喚書
  • 不思議な召喚書
  • ギルドショップ
  • 水の召喚書

ヘモスへの対策

近日中に追加していきます。乞うご期待!

スキルあげ

アイデン森にて風グリムリッパーを入手可能

コラム:試練のタワーでのアタッカーはヘモスにおまかせ!

持続ダメージを与えられるスキルは、実にすぐれたダメージ発生源です。相手の体力に比例してダメージを与えるため、相手の体力が高くなればなるほどダメージ量があがっていくのです。

とくに強力な敵が多い試練のタワーのHardモードでは、相手の体力も高くなっています。それゆえ、持続ダメージを与えられるヘモスのプレーグが大活躍してくれるというわけです。

持続ダメージを与えられるモンスターは、へモス以外にもスレインバレッタと優秀なメンバーがそろっています。なかでもヘモスはスキルあげや育成の難易度が低く、タワー挑戦前に育てておきたいモンスターです。

コラム2:とにかく優秀グリムリッパー一族

ヘモスは言うまでもありませんが、1対複数で驚異的な強さを発揮する闇グリムリッパーのスレイン、見た目に反して子煩悩な育成役である火グリムリッパーのヘスも非常に強力です。

アイデンの森で風グリムリッパーがドロップされますので、ぜひ3人とも育ててほしいところです。

へモス総評

  • ステータス
    高い攻撃力をほこるものの、それ以外のステータスがどうしようもなく低いです。
  • スキル
    かなり攻撃側に寄っており、使い勝手のいいスキルがそろっています。持続ダメージと足止めの組み合わせはばっちりです。
  • 使用場所
    試練のタワーやドラゴンダンジョン10Fで大活躍が可能です。足止めスキル「フローズンソウル」が実に強力。凍結以外にも攻撃速度をさげる目的でも使えるため、BOSSに対しての有効な対抗手段になります。
  • ベストパートナー
    防御面では火ウォーベア(ウルシャー)です。相手の攻撃をぎりぎり1回耐えられるか否かのへモス。ウルシャーの攻撃弱化を華麗に決めて、安心感をえましょう。一方、攻撃面なら火シルフ(バレッタ)がオススメ。ヘモスとふたりで持続ダメージ超連発。相手の速度をへモスでさげて、相手が動くその直前、バレッタがゲージを0にする。BOSSを無理やり休ませる、流れるような仕事ぶり!

関連リンク

火属性サス
風属性ヒヴァ
光属性プロム
闇属性スレイン
このページのコメント