サマナーズウォー攻略記事
更新日:10/05 12:30

火ホムンクルスのおすすめルーンと評価

火ホムンクルスのおすすめルーンと評価を記載しています。対人、ギルバト、カイロスダンジョン、異界ダンジョンでの使い道、上級者向けの高速周回運用も紹介。火ホムンクルスの特徴、スキル、ステータスなど基本情報もあるので、火属性のホムンクルスを育てる際の参考にしてください。

他の属性
Homunculus_WaterHomunculus_Wind

ホムンクルスの作り方

錬成製作で召喚が可能で、10万マナと大量の結晶が必要です。召喚に必要な素材数を下記にまとめましたので参考にしてください。

ホムンクルス作成に必要な素材数

必要素材必要素材数
火の結晶400個
水の結晶200個
風の結晶200個
魔力の結晶400個

火ホムンクルスのスキル進化に必要な素材数

必要素材必要素材数
火の結晶3000個
光の結晶1500個
闇の結晶1500個
魔力の結晶3000個

召喚のタイミング

ホムンクルス作成には、上記の通りに大量の結晶と時間が必要です。結晶はダンジョンクリア時のスコアに応じたドロップ数となるため、少なくともスコアがA+を取れる人でなければ、取り組むべきではありません。

火ホムンクルスおすすめルーン

アリーナ、ダンジョンで使い分けできるように、それぞれのおすすめルーンを紹介。

アリーナ攻め用

ルーン構成おすすめオプション
迅速+刃2番速度
4番クリダメ
6番攻撃(%)

速度特化で先手をとれるアタッカーとしてルーンを組みましょう。おすすめルーンは迅速+刃。2番、4番、6番は、速度、クリダメ、攻撃(%)がおすすめです。

死のダンジョン用

ルーン構成おすすめオプション
暴走+反撃2番攻撃(%)
4番クリダメ
6番攻撃(%)

スキル1が4回攻撃のため、オール反撃の型もありです。

死のダンジョンのボス戦は、速度が一定に制限されます。2番、4番、6番は、攻撃(%)、クリダメ、攻撃(%)としましょう。

火ホムンクルスはベールをはがす役割とします。パーティー構成しだいとなりますが、3番目に行動するように調整しましょう。ダメージを与えるためのアタッカーを、火ホムンクルスのあとに行動させます。

おすすめのスキル構成

火ホムンクルスに付けるスキルをアリーナ、カイロスダンジョンに分けて紹介。

アリーナ攻め用

スキル1フレイムレイ:殺到
スキル2フレイムバレット:殺到
スキル3バーニングストーム

速度比例の全体攻撃をいかした構成です。アリーナ攻めで火属性の全体攻撃モンスターが欲しい人は、この構成をおすすめします!

死のダンジョン用

スキル1フレイムレイ:連鎖
スキル2イグナイトバレット:増幅
スキル3エクスプロージョン

すべて多段攻撃スキルを選んで、死のダンジョン専用とします。どちらかというと、ベールをはがす役割となります。

火ホムンクルスの使い道

対人、カイロスダンジョン、異界ダンジョンでの適正をランク付けして紹介。

SS:唯一無二、S:最適、A:使える、B:他に候補がいなければ、-:使わない。

対人

アリーナ攻めS
防衛-
ギルバト攻めA
防衛-
ワールド--

カイロスダンジョン

巨人安定-
高速周回-
ドラゴン安定B
高速周回-
安定-
高速周回S

異界ダンジョン

レイド5F安定-
高速周回S
業火-B
酷寒--
暴風-B
光輝-B
深淵-S

火ホムンクルスの評価

唯一の速度比例の全体攻撃スキル持ち

ホムンクルスを錬成してスキルレベルをあげられる人は、すでに上級者といえるでしょう。必然的に、用途は各コンテンツクリアの高速化となります。

火ホムンクルスは、速度比例の全体攻撃という唯一無二のスキルを持ちます。火の全体攻撃アタッカーが欲しい人は、この構成がおすすめです。

また、多段攻撃スキルを選ぶことで、死のダンジョンと闇の異界ダンジョンの適性が生まれます。

スキル1が4回攻撃なのは火ホムンクルスだけの特徴です。死のダンジョンのボスである、リッチキングのベールをはがすのに最適です。スキルの中に防御デバフがあれば文句なしのSS評価でした。

火ホムンクルスのステータス

基本情報

属性火属性
タイプ攻撃系
入手時のレア★5

ステータス

-最大
体力10215
攻撃力823
防御力637
攻撃速度101
クリ率15
抵抗15
的中0

※数値は、ルーン非装備時のもの

火ホムンクルスのスキル

スキル1

フレイムレイ:殺到
対象を攻撃し、50%確率で1ターンの間持続ダメージを与える。攻撃速度によってダメージが上昇する。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5弱化効果発動率+15%

スキル解説
攻撃速度比例でダメージが上昇するスキルです。対人戦で運用するならばこのスキルでしょう。

フレイムレイ:連鎖
対象を4回攻撃し、それぞれ50%の確率で1ターンの間持続ダメージを与える。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5ダメージ量+10%

スキル解説
4回攻撃のため、死のダンジョンで運用する場合は、このスキルを選びましょう。リッチキングのベールをはがすのに最適です。

スキル2

フレイムバレット:殺到
対象を攻撃し、2ターンの間防御力を下げる。攻撃速度に比例してダメージが上昇する。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン
Lv.6スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
攻撃速度に比例してダメージが上昇するスキルです。速度アタッカーとしての運用なら、こちらのスキルを選びましょう。

フレイムバレット:加速
対象を攻撃し、2ターンの間防御力を下げる。その後自分のゲージを50%上昇させる
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン
Lv.6スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
フレイムバレット:殺到と好みがわかれます。ゲージアップ50%は優秀ですが、速度アタッカーとしてのダメージ量は劣ります。

イグナイトバレット:烙印
対象を攻撃し、2ターンの間攻撃速度を下げ、「烙印」状態にする。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン
Lv.6スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
烙印はレイド向きのデバフですが、火ホムンクルスはスキル1がレイド向きではありません。そのため、レイドで運用するなら風ホムンクルスがおすすめです。

イグナイトバレット:連鎖
対象を3回攻撃し、2ターンの間攻撃速度を下げる。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン
Lv.6スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
スキル2はこのスキルのみ多段攻撃となっています。さらに速度デバフは死のダンジョンで必須です。死のダンジョンで運用する場合は、このスキルを選びましょう。

スキル3

ソウルバーン
自分と対象の攻撃速度に比例してダメージが上昇する攻撃を行なう。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
速度アタッカー向けのスキルですが、全体攻撃であるバーニングストームをおすすめします。

バーニングストーム
相手全員を攻撃する。自分の攻撃速度に比例してダメージが上昇する。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
攻撃速度比例の全体攻撃スキルは火ホムンクルスのみです。アリーナで全体攻撃アタッカーを使いたい人におすすめします!

エラプション
対象にかかっている弱化効果1つあたりダメージが30%ずつ上昇する攻撃を行なう。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
弱化効果のついている個数ごとにダメージが上昇するスキルです。レイド向きですが、上記で説明した通り、レイドでの運用は風ホムンクルスをおすすめします。

エクスプロージョン
対象を4回攻撃し、それぞれ1ターンの間持続ダメージを与える。
スキルレベル効果
Lv.2ダメージ量+10%
Lv.3ダメージ量+10%
Lv.4ダメージ量+10%
Lv.5スキル再使用時間-1ターン

スキル解説
4回攻撃で持続ダメージを与えます。多段攻撃なので、死のダンジョンで運用するならこのスキルです。

このページのコメント