サマナーズウォー攻略記事

【サマナーズウォー星3】[ドゥローガン]闇インペルノ評価とステータス

このページは【サマナーズウォー星3】闇インペルノ覚醒後の評価やステータス、スキルをご紹介!

[[jumplink]]

ドゥローガンの特徴

存在そのものがトラップ

高い攻撃力と低い体力。どうみても純粋なアタッカーと見せかけて、パッシブスキル「最後の呪い」がどう見てもトラップです。

自分が倒されるとき、体力の33%分ダメージを与え、さらに1ターン体力回復妨害! いやがらせ以外の何物でもありません。

【ドゥローガンのおすすめダンジョン】

なし。アリーナ防衛向けのモンスターです。

シナリオダンジョン対人戦(攻撃)対人戦(防衛)試練のタワーカイロスダンジョン
CCABB

育成のおすすめ度

おすすめ度45%

敵として登場すると脅威的な強さを発揮するものの、自分で使うとクエスチョンマークがつく存在。

『サマナーズウォー』ではよくあることです。

おすすめルーン

ここではプレイヤーのレベルにあわせた、おすすめルーンをご紹介。

ここでのルーンは最適解ではありません。
一例としての紹介です。

ルーンの組みあわせ

ルーンの種類おすすめ度詳細コメント
元気Sパッシブスキル「最後の呪い」を最大限にいかすべく、体力を高めましょう。
守護Cステータス、スキルともに体力がメインで、防御面の優先度はさがります。
迅速B闇属性のアタッカーで、相手に対して防御弱化を仕掛けられるという、ひそかなセールスポイントを持っています。ひそやかにのばしてもOKです。
集中B全体に対して防御弱化を決められるスキル2が便利なので、トラップ的な存在から一歩進みたいときにどうぞ。
絶望B全体に対してスタンが狙えるメリットが大きいです。こちらも積極的に刻印できるルーン。
保護A体力は低めですが、パッシブ「最後の呪い」をいかすために体力を高める機会が増えています。そのため、必然的に保護のルーンも使えてしまうという流れ。
意志D彼が注目されるべきは、1ターン目ではなく最期のターンです。
猛攻Bステータスとの相性はばっちり。スキル1「ダークスマッシュ」がクリティカルを必要とするため、どちらかといえば激怒のルーンを使いましょう。
吸血D体力回復との相性はよくありません。
忍耐B最後の呪いをメインで戦うのであれば、効果抵抗はしっかり強化しましょう。
Bゲージアップでクリティカル率を高める価値があります。アタッカーとして使う場合、ガンガンのばしましょう。
果報D体力が低く使いこなせません。
激怒A攻撃力高め。アタッカーとして動かす場合は有効です。
反撃A反撃でゲージアップがあり、使いやすいです。
暴走C貴重な暴走ルーンとの相性は、ごく普通です。別のモンスターに使いましょう。
破壊C全体攻撃があり、ゲージアップもあり、攻撃のチャンスは作りやすいです。連続攻撃などはありませんが、回復主体の相手にはしっかりと刺さってくれます。

おすすめルーン考察

カウンターか自分から動くか。そこが問題だ。

  • かかったな!? →元気ルーン3セット
    元気セットにより、体力をひたすら盛りましょう。最後の呪いが相手にとって手痛いダメージになります。
  • 敵全体の防御をダウン! →迅速ルーン+集中ルーン
    最初に動いて防御力をダウン。攻撃の司令塔として動けます。
  • どこまで行ってもいやがらせ →反撃ルーン3セット
    反撃でもゲージが30%のびます。これをひたすら伸ばすことで、防御弱化と大ダメージ反撃をがんがん決めてもらいます。放置してもイヤ、殴ってもイヤというイヤーな2択、選んでもらいましょ。

ドゥローガンのステータス

ステータス情報

属性闇属性
タイプ攻撃系
入手時のレア度星3

ステータス

-最大ステータス評価
最大体力8400D
攻撃力878S
防御力373D
攻撃速度95D
クリティカル率15C
効果抵抗15C
効果的中0C
この数値は、ルーン非装備時のものです。

スキル一覧

スキル1

ダークスマッシュ
敵を強く攻撃し、クリティカル攻撃発生時、攻撃ゲージが30%上昇する。

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+5%
  • Lv.3 ダメージ量+5%
  • Lv.4 ダメージ量+5%
  • Lv.5 ダメージ量+15%

スキル2

ヘルシャドウ
敵全体を攻撃しながら70%の確率で2ターンの間、敵の防御力を減少させる。(スキル再使用可能まで4ターン)

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+10%
  • Lv.3 弱化効果発動率+10%
  • Lv.4 ダメージ量+10%
  • Lv.5 弱化効果発動率+10%
  • Lv.6 スキル再使用時間-1ターン

スキル3

最後の呪い(パッシブ)
倒される際、自分を倒した相手に自分の最大体力の33%分のダメージを与え、1ターンの間体力回復を邪魔する。(効果自動適用)(スキル再使用可能まで10ターン)

リーダースキル

味方の闇属性モンスターのクリティカル攻撃率が23%増加する。

入手方法とスキルあげについて

入手方法

  • 光と闇の召喚書

スキルあげ

  • ボロパグス遺跡にて火属性インペルノが入手可能
  • 秘密ダンジョンにて他属性のインペルノを入手可能

ドゥローガンへの対策

アリーナではほとんど見かけません。それほど扱いづらいモンスターです。

しかし、試練のタワーで出てきたときの話は別。とんでもない強敵へと変化します。

高い攻撃力にもりもり盛りあがる攻撃ゲージ。おまけに防御弱化も有効に働き、かなりの苦戦を強いられます。

そして、とどめの(正確にはとどめをさしたときの)パッシブスキル最後の呪いで大ダメージ! 回復妨害までくらってしまい、パーティが瓦解する可能性すらあるのです。

試練のタワーには、ドゥローガン4体とボスというとんでもない階層が存在します。直接攻撃では超危険なため、持続ダメージや爆弾を使って倒しましょう。そうすれば、最後の呪いを受けずに済みますよ。

コラム:最高に面倒なドゥローガンを育てるには?

攻撃力が高いドゥローガン。スキル1や2から考えて、攻撃向けにルーンを選びたくなるのが人情です。しかし、パッシブスキル「最後の呪い」がどのぐらい使えるのかも気になる……そんなプレイヤーも多いでしょう。

計算してみると、ダメージは8000超え。仮にすべてのルーンを元気にすると、9258ものダメージをくらわせることになります。もちろん、倒されるまでの間にも相手にはダメージを与えていますから、直接攻撃のアタッカーならたいていは昇天してくれるでしょう。

攻撃に振ってもカウンターとして体力を強化しても、それぞれ活躍してくれます。ただ、面倒な存在にしたいなら、やはり体力アップからの呪いでしょう。プレイヤーへの心理的ダメージも与えてくれますしね!

ドゥローガンの総評

  • ステータス
    高い攻撃力と低い体力。攻撃とカウンターのどちらを優先するかで、大きくルーンの方針が変わります。
  • スキル
    3ターンに1回の範囲攻撃+防御ダウンと、自分のゲージアップのスキル1。相手にすると非常に面倒です。闇属性で攻撃面では苦手な相手がいないのも陰険度高いです。
  • 使用場所
    アリーナ防衛、ギルドバトル防衛。とくにギルドバトルは一度倒されたモンスターは2回目以降使えないため、大いにプレッシャーをかけることができます。
  • ベストパートナー
    闇イフリート(ヴェラモス)です。体力をあげ、持続や爆弾で倒されないようにしましょう。最後の呪いを最大限まで高め、相手に心理ダメージも与えるべし!

関連リンク

火属性タガロス
水属性ピュリアン
風属性アンドゥリル
光属性エルダイン
このページのコメント