サマナーズウォー攻略記事
更新日:11/29 16:53

スキルバランス修正評価【2017/8/28】

8月28日に発表されたスキル修正の考察をまとめています。スキル修正後のモンスター評価や使い道をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

11月29日のスキル修正はこちら5月25日のスキル修正はこちら2月27日のスキル修正はこちら

火/光極地の女王

スキル変更内容
夜明けの極光変更後:相手全員を攻撃してそれぞれ80%の確率で2ターンの間攻撃力を下げ、ミス発生率を上げる。

スキル2が全体攻撃スキルとなりました。エレノアはサポート系ですので、そのままのスキルが良かった気がします。ただし、ブランディアに関しては、攻撃スキルに変更されたことにより、評価が上がるでしょう。

火極地の女王(ブランディア)

スキル変更内容
慈愛の手睡眠に抵抗を持つ対象には、ダメージが50%追加適用

高速化に使える

修正の目玉と言えるでしょう。睡眠に抵抗を持つ対象に50%ダメージが追加することで、さらなる火力に期待できます。前回修正で大化けしたリンのような活躍に期待です。ダンジョンクリアをを安定させるよりも、高速化に使えるモンスターですので、上級者向けとなります。

また、スキル2が攻撃スキルではなかったことがネックであったのが解消されました。今後は、レイド、各種異界ダンジョン、ドラゴンダンジョンで使えそうな印象です。

レイドのアタッカーとして期待

レイドはほぼテンプレパーティーが完成していますが、最高火力のシャオウィンと並ぶアタッカーとして期待しています。スキル1に防御デバフ、スキル2に攻撃デバフとミスデバフ付与を所持しているため、ダメージだけでなくデバフ貢献度も稼げるでしょう。

おすすめルーン

ルーンはレイド、異界ダンジョンで使うことを考えると、吸血+刃ルーンがおすすめです。2番4番6番は攻撃、クリダメ、攻撃としましょう。ブランディアは純5ですので、基礎ステータスが高いのも魅力的です。

水/火/風マーメイド

変更内容
サポート系タイプに相応しくステータス変更

サポート系にもかかわらず、攻撃のステータスが高いのがネックだったマーメイドですが、ステータス変更でより耐久力に基礎ステータスが振られることに期待できます。

火マーメイド(プラティ)

スキル変更内容
バーンアウト
ハート
2ターンの間沈黙→スキル再使用時間を最大まで伸ばす。
覚醒効果変更
【マナバブル】スキル強化に変更
強化効果の除去率50%→100%

スキル1強化効果解除が強力

覚醒時にスキル1の強化効果解除発動率が100%となり、加えて2ターン沈黙がスキル再使用時間を最大延長できるようになりました。ギルバトで対デオマルス、対ペルナに使いやすくなり、今後活躍できそうです。

攻めの中心として高い使用率のコッパーに対し、強化効果解除、スキル延長で牽制ができますので、防衛で使われることもあるでしょう。

おすすめルーン

おすすめは暴走+意志ルーンで2番4番6番は速度、体力、体力がおすすめです。

風マーメイド(シクリッド)

スキル変更内容
センチメンタルウインド変更後:相手対象を3回攻撃し、初攻撃時に対象の強化効果を除去する。以後それぞれ50%の確率で2ターンの間防御力を下げ、スキル再使用時間を2ターン伸ばす。
覚醒効果変更
効果的中25%増加→【エアシールド】スキル強化に変更
味方対象の弱化効果を全て解除して、3ターンの間、自分の最大体力の20%分のシールドを与える。

解除からのスキル延長が強力

解除からのスキル延長は、ギルドバトルで対デオマルス戦で活躍できそうです。免疫が流行っていますので、発動率が100%になった解除は強力です。また、同じく免疫環境の、ワールドアリーナでの活躍も期待されます。

おすすめルーン

おすすめルーンは暴走+意志ルーンです。2番4番6番は速度、体力、体力が良いでしょう。

ユニコーン

スキル変更内容
全属性スキル1ダメージ11%増加
スキル変更内容
揺らめく炎
月色閃光
ダメージ量31%増加
スキル変更内容
避けられぬ傷ダメージ量25%増加

スキルのダメージが上昇するようです。大きな変化はないと思われますが、ダメージが増えますので喜びましょう。

光ドラゴンナイト(ジャガー)

スキル変更内容
逆鱗
(パッシブ)
変更後:行動不能に対して免疫が生まれ、他の味方が攻撃を受ける度に攻撃力が20%ずつ増加する。この効果は最大10回まで重複する。

ワールドアリーナ、異界ダンジョンに適性あり

他の味方が攻撃をうけるたび、攻撃力が20%ずつ増加するパッシブに変更されたことにより、攻撃上昇の条件が緩和されました。ジャガーが活躍できるのは、行動阻害系のパーティーが多く存在するワールドアリーナでしょう。行動阻害に免疫があるため、活躍すること間違いなしです。

そのほかでは、異界ダンジョンの適性が高そうです。とくに光の異界ダンジョンと、吸血ルーン採用時には風の異界ダンジョンでの活躍に期待ができます。

おすすめルーン

おすすめルーンはワールドアリーナの場合ですと、暴走+意志ルーンでパッシブで攻撃力が上がることから、2番4番6番は体力、クリダメ、体力(攻撃)が良いかと思います。

異界ダンジョンは吸血+刃ルーン、難しければ、猛攻+刃ルーンで2番4番6番は、攻撃、クリダメ、攻撃がおすすめです。

忍者

全属性

スキル変更内容
手裏剣攻撃力に比例するダメージ→攻撃力と攻撃速度に比例するダメージに変更

属性30%速度リーダーですので、速度比例でダメージが上がるのはありがたい修正です。

水/風/光忍者

スキル変更内容
熱風斬攻撃ゲージ減少30%→50%

ゲージ減少量が上昇しました。とくに風忍者オロチは、巨人ダンジョン10階で初心者が使うことも多いので、良い修正かと思います。

火/闇忍者

スキル変更内容
昇竜撃ダメージ量20%増加

スキルのダメージが上昇するようです。大きな変化はないと思われますが、上方修正ですので喜びましょう。

ガロ

スキル変更内容
九死に一生
(パッシブ)
変更後:死に至る攻撃を受けると該当ダメージを無効化させ、自分の攻撃ゲージを50%上昇させる。この効果は1ターンに1度のみ発動する。

タワーハードで敵として複数体出てきた時に厄介な相手になりそうです。対人戦での使用は、暴走ルーンが主流ですので難しいのではないかと感じます。

オロチ

スキル変更内容
疾風怒濤攻撃力に比例するダメージ→攻撃力と攻撃速度に比例するダメージに変更

速度比例でダメージが上がることで、巨人ダンジョン高速化におすすめとなるかもしれません。

ジン

スキル変更内容
驚天動地ダメージ量10%増加

ダメージが10%増加です。

ハン

スキル変更内容
快刀乱麻クリティカル発生時、攻撃ゲージ増加25%→30%

ゲージアップ量が5%上昇しました。5%では実感がわかないかと思いますが、上方修正です。

火/風/光オカルト

スキル変更内容
人形騎士【効果追加】2ターンの間攻撃速度減少

全体スタン攻撃に速度デバフ付与が追加されました。タワーでの適性とワールドアリーナでの活躍が期待できます。

火オカルト(リカ)

スキル変更内容
炎の守護天使2ターンの間、攻撃速度減少
持続ダメージ率それぞれ40%→100%

速度デバフ付与と持続ダメージ付与の発動率が100%となり、タワーハード最適と言えるモンスターとなりました。速度デバフ付与、持続ダメージとタワーハードで必須のスキルを所持しています。

風オカルト(シャーロット)

スキル変更内容
風の守護天使攻撃ゲージ減少15%→30%

最大90%ゲージ減少が魅力

ゲージ減少が最大で90%となり、アリーナ攻め、ワールドアリーナ、タワーハードの適性が高かそうです。

アリーナ攻めでは、速度アタッカーとして先手をとってゲージダウンという攻めに期待できます。ただし、意志ルーンの免疫対策はおこたらないようにしましょう。ルーンは迅速+刃または絶望+刃で2番4番6番は速度、クリダメ、攻撃がおすすめです。

ワールドアリーナも同様の使い方になるかと思いますが、時間を意識しなくて良い分、火力よりも耐久をあげるべきです。

おすすめルーン

アリーナ攻めは、迅速+刃または絶望+刃で2番4番6番は速度、クリダメ、攻撃がおすすめです。おすすめルーンは暴走+意志ルーンで2番4番6番は速度、クリダメ(体力)、体力です。

タワーハードは絶望+集中ルーンで2番4番6番は速度、体力、体力がおすすめとなります。

光エレメンタル(プリス)

スキル変更内容
元気抵抗
(パッシブ)
水/火/風属性による味方のダメージ減少20%→25%

ダメージ減少が25%と5%上昇しましたが、とくに使用する機会はなさそうです。

放浪騎士

水/闇放浪騎士

スキル変更内容
挑発の一撃攻撃力に比例するダメージ→攻撃力と自分の最大体力に比例するダメージに変更

最大体力に比例するダメージとなり、ダメージの増加に期待できます。

火/風/光放浪騎士

スキル変更内容
波切り攻撃力に比例するダメージ→攻撃力と自分の最大体力に比例するダメージに変更
弱化効果発動率30%→50%

こちらも最大体力に比例するダメージとなり、スキルマ時70%の確率で弱化効果が発動するようになりました。2回攻撃ですので、デバフ付与率はかなり高いといえます。

ダリオン

スキル変更内容
騎士道
(パッシブ)
自分以外の味方全員が受けるダメージ減少15%→20%

かつて光の御三家と呼ばれ、皆が育成していたダリオンですが、最近は使われなくなっています。今回の修正でスキル2が体力比例のダメージとなり、弱化効果発動率も上昇しました。

パッシブのダメージ減少も20%と上昇したので、初心者の巨人ダンジョン10階パーティーにおすすめできるでしょう。

火ウンディーネ(アテナイ)

スキル変更内容
炎落とし
(覚醒)
クリティカル攻撃発生時、3ターンの間持続ダメージ→クリティカル攻撃発生時、2ターンの間攻撃力弱化に変更
スキル変更内容
命共有味方の体力回復15%→25%

クリティカル発生時の効果が攻撃デバフに変更となりましたが、とくに評価に変更はなさそうです。

闇オオカミ人間(ジュルタン)

スキルスキル判定変更
汚染された血
(パッシブ)
最終打撃でクリティカル攻撃が発生しなくても、多段ヒット中に一度でもクリティカル攻撃が発動すればパッシブ効果が発動するように変更

多段ヒット中にクリティカルが発生すればパッシブが発動するようになったので、対アイリス戦でさらなる活躍ができそうです。タワーハードでは以前よりも厄介な存在となるため、注意が必要です。

水エピキオン司祭(リナ)

スキルスキル判定変更
マナシールド
(パッシブ)
最終打撃でクリティカル攻撃が発生しなくても、多段ヒット中に一度でもクリティカル攻撃が発動すればパッシブ効果が発動するように変更

こちらも多段ヒット中にクリティカルが発生すれば、シールドをはることができるようになりました。攻撃を受けるデコイとしての性能が上がり、単体攻撃スキルの風属性アタッカーは、ますます厳しい立場となります。

その他下方修正

アイリス

スキル変更内容
心優しい復讐(パッシブ)強化効果解除率75%→35%に変更

スキルマ時100%の発動率だったものが60%となりました。確実に強化効果解除が発動することはなくなりましたが、それでも単体には3回判定があるため、高確率で解除が可能です。まだまだ人気は衰えないでしょう。

タブロ

スキル変更内容
振り直し味方の攻撃速度増加2ターン→1ターンの間、自分以外の味方全員の速度増加
【効果追加】スキル使用後、自分は1ターンの間スタン(免疫、抵抗無視)

振り直しが超強力で、相手にターンが回らないということも多かったタブロですが、振り直しスキル使用後はスタンし、自身には速度デバフが付与されなくなりました。それでも24%速度リーダーと振り直しは強力で、今後もワールドアリーナの主役となりそうです。

ライカ

スキル変更内容
高貴な血
(パッシブ)
攻撃を受けると50%の確率で攻撃者に自分の攻撃力に比例したダメージを与え、1ターンの間スタン→攻撃を受けると【ドラゴンのパワー】スキルで反撃

今回の下方修正で一番ダメージが大きいと思われるのがライカです。反撃時のスタンが無くなってしまい、ただ反撃するだけとなってしまいました。スタンを回避するために最後まで攻撃されずに、残るされることが多かったライカですが、今後は真っ先に狙われることになりそうです。

ラカン

スキル変更内容
崩壊反撃時のダメージを75%で適応

反撃時のダメージが75%と減少してしまいましたが、ライカほどのダメージはなさそうです。

総評

ワールドアリーナ中心の調整

今回のスキル修正はワールドアリーナで使用率の高いモンスターを中心に調整された印象です。強力なモンスターたちに若干の下方修正がはいりました。固定されたモンスターたちでの戦いから、今後新たにシクリッド、シャーロット等、今回調整されたモンスターが活躍することに期待しています。

目玉はブランディア

上方修正の目玉はブランディアでしょう。対人戦での活躍は未知数ですが、異界ダンジョン、レイドでテンプレ化したパーティーの中に割って入りそうです。

このページのコメント