サマナーズウォー攻略記事

【サマナーズウォー星3】[ヴィゴル]水オオカミ人間評価とステータス

このページは【サマナーズウォー星3】水オオカミ人間覚醒後の評価やステータス、スキルをご紹介!

ヴィゴルの特徴

優秀なサポート向けステータス。え? アタッカーなの?

体力が高く、倒されづらい/動きが速い/高い火力もちという、四拍子がそろったアタッカー。使いやすさがウリですが、その他のモンスターとポジションが競合しています。

【ヴィゴルのおすすめダンジョン】

  • 死のダンジョン10F
  • ドラゴンダンジョン10F
シナリオダンジョン対人戦(攻撃)対人戦(防衛)試練のタワーカイロスダンジョン
AABB A

育成のオススメ度

ヴィゴルのオススメ度は 75%です。

ゲーム序盤から終盤まで、大いに役立ってくれます。有能ですが、闇や光の狼人間も負けず劣らず有能なのです。そのため、彼らとのスキルあげ素材を奪いあうことに……。

スキルの似ているエシールと、比較されることが多くなっています、攻撃回数や追加効果が違うので、好みにあわせて育成してください。

おすすめルーン

ここではプレイヤーのレベルにあわせた、おすすめルーンをご紹介。

ここでのルーンは最適解ではありません。
一例としての紹介です。

ルーンの組みあわせ

ルーンの種類オススメ度詳細コメント
元気Aスキル3「切り裂き」は、最大体力が高いほど威力アップ。高めるべし。
守護D低守備力かつ高体力なモンスター。生き残りには守護ルーンよりも元気のルーン。
迅速S攻撃速度をあげる「捕食者の叫び」を持っています。パーティメンバーへの支援用に刻印しまくりOKです。
集中Bスキル3「切り裂き」と相性よし。スキル1にも弱化攻撃がついており、それなりにいい感じ。
絶望D範囲攻撃がなくイマイチ。
保護B強固なシールドを張ることができます。ただ、「切り裂き」の威力アップが優先なので、保護ルーンよりも元気のルーンを。
意志Bアリーナやギルドバトルの1ターン目、速度増加の強化効果は必ずつけたいところ。意志のルーンと忍耐のルーンとの選択が悩ましい。
猛攻D攻撃力に依存するスキル1「慈悲なき爪」には意味があります。ただ、刻印しても大した威力にならないかと。
吸血B体力が上昇する吸血ルーンが向いています。育成での引っ張り役としてぴったり。
忍耐Bメイン攻撃がスキル3になるため、攻撃弱化はそこまで怖くありません。攻撃速度をあげる役割を安定させたい場合は、忍耐ルーンがオススメ。
A最大ダメージを狙う場合、体力アップの激怒ルーンをつけます。そのオトモにどうぞ!
果報C高い体力のため相性よし。ただし、攻撃速度も高いため、果報のルーンで高める必要性はやや薄いです。
激怒Sほかのモンスターでは使いづらくあまりがちな、体力%の激怒ルーンを見事に使いこなしてくれます。
反撃D回復不可のスキルは強いものの、威力は期待できません。
暴走Cスキル3の防御弱化から攻撃を叩きこみたいところですが、悲しいかな、スキル1の火力が低いです。とはいえ、暴走ルーンで「捕食者の叫び」から「切り裂き」につなぐことで、弱化効果が入っている相手に味方が攻撃しやすくなります。
破壊B相手が長期戦を好むパーティであれば有効です。

おすすめルーン考察

体力アップが最優先です。「切り裂き」を活用する構成を考えましょう。。

  • 使おうかな? と思ったら →元気ルーン3セット
    「切り裂き」の威力をあげるセット。基本です。
  • 最大火力を目指せ! →激怒ルーン+刃ルーン
    クリティカル率を確保しつつ、最大ダメージを狙います。三連撃の1回目で防御弱化が入ると、2~3回目の攻撃は防御弱化が入った状態で計算してもらえます。つまりは攻撃力アップということです。
  • 縁の下の力持ち。安定した役回り →迅速ルーン+忍耐ルーン
    ドラゴンダンジョン10Fや死のダンジョン10Fで便利です。爆発力が失われたかわりに、パーティの速度に貢献してくれます。セット済みの忍耐ルーンを集中ルーンに変えることで、弱化効果の回復無効/防御弱化も期待できます。どちらがパーティにほしいか、よーく考えてみてください。

ヴィゴルのステータス

ステータス情報

属性水属性
タイプ体力系
入手時のレア度星3

ステータス

-最大ステータス評価
最大体力11535S
攻撃力582C
防御力461D
攻撃速度115S
クリティカル率15C
効果抵抗15C
効果的中0C
この数値は、ルーン非装備時のものです。

スキル一覧

スキル1

慈悲なき爪
足の爪で敵を攻撃して1ターンの間、敵の体力回復を邪魔する。

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+5%
  • Lv.3 ダメージ量+5%
  • Lv.4 ダメージ量+5%
  • Lv.5 ダメージ量+15%

スキル2

捕食者の叫び
味方の体力を15%回復させ、2ターンの間、攻撃速度を増加させる。(スキル再使用可能まで4ターン)

スキルレベル

  • Lv.2 治癒量+10%
  • Lv.3 治癒量+10%
  • Lv.4 治癒量+10%
  • Lv.5 スキル再使用時間-1ターン

スキル3

切り裂き
対象を3回攻撃し、それぞれ35%の確率で3ターンの間防御力を下げる。ダメージは自分の最大体力に比例する。(スキル再使用可能まで4ターン)

スキルレベル

  • Lv.2 ダメージ量+10%
  • Lv.3 弱化効果発動率+10%
  • Lv.4 ダメージ量+15%

リーダースキル

ギルドバトルで味方モンスターの攻撃力が21%上昇する。

覚醒素材

  • 水の聖水(中級)×15個
  • 水の聖水(下級)×10個
  • 魔力の聖水(中級)×10個
  • 魔力の聖水(下級)×5個

入手方法とスキルあげについて

  • 未知の召喚書
  • 不思議の召喚書
  • ソーシャル召喚
  • 水の召喚書
  • 水の秘密ダンジョンにて入手可能

ヴィゴルへの対策

近日中に追加していきます。乞うご期待!

コラム: 防御弱化と三連撃

ヴィゴルの持っているスキル3「切り裂き」は、三連撃すべてに防御弱化の判定があります。一撃目で防御弱化が決まると、残りの2回は防御弱化状態でダメージ確定。防御弱化もかなりの確率で与えられるため、ダメージ担当だけでなくサポートとしても有効です。

余裕があるなら、効果的中を高めましょう。防御弱化が発動しやすくなりますよ。

実を言えば、水イフリート(デオマルス)、水道士(キツドウ)、火イフリート(テサリオン)は似たようなスキルをもっており、それぞれ人気も高いです。ただ、入手難易度も高い! それゆえ、入手しやすいヴィゴルを活躍させたいところであります。

ヴィゴル総評

  • ステータス
    体力と速度が非常に高くて攻撃力が低い、すがすがしいまでのステータス。防御力も低いのですが、体力の高さで補えます。
  • スキル
    速度をあげられる「捕食者の叫び」は、優秀な速度アップスキルです。ただし、風属性のバナードと違ってゲージアップはありません。そのため、速度要員としてはバナードに席を譲りがちです。しかし、ヴィゴルは水属性。火属性がメインのドラゴンダンジョン10Fでは、速度要員として輝くことができるのです。
  • 使用場所
    ギルドバトルとアリーナで、耐久度の高いアタッカーになれます。
  • ベストパートナー
    火グリフォン(スペクトラ)との組みあわせがオススメです。スペクトラの速度ダウンとヴィゴルの速度アップで、相手とのターンの速さに差をつけます。
    また、ヴィゴルのスキル3「切り裂き」による防御ダウンとスペクトラの「特攻」によるダメージは、ドラゴンダンジョンでは格別の組みあわせとして機能します。特攻で地味に減っていく体力を捕食者の叫びで回復できる、そこもうれしいふたりです。

関連リンク

火属性ガロッシュ
風属性シャカン
光属性エシール
闇属性ジュルタン
このページのコメント