サマナーズウォー攻略記事

ワールドアリーナ解説【Part2】

ワールドアリーナの解説動画と解説記事を掲載しています。バン&ピックのコツやおすすめモンスターを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。今回はkicが実際に戦ったリプレイから、速度パーティー対策を題材にしています。

はじめに

他人のリプレイを見てピックを学ぶことや、自身のリプレイを共有してアドバイスをもらうことは、とても大事なことです。ぜひリプレイを共有し、みなさんでワールドアリーナを盛り上げましょう!

解説動画

1stピック解説

ピック:ヴェラジュエル

先攻kicのファーストピックは、ヴェラジュエルです。免疫を3ターン付与することができるお気に入りのモンスターで、ファーストピックによく選びます。耐久系のパーティーで組むことが多く、今後のピックは相手の戦略に合わせたピックを選択します。

ピック:ティアナ、オリオン

後攻対戦相手のファーストピックは、ティアナ、オリオンです。ティアナは全体強化効果解除スキルで先攻ピックのヴェラジュエル対策としての役割を持ちます。今回のピックの場合は、ティアナ、オリオンと2体のゲージアップモンスターがピックされました。

このことから、今後のピック予想として、ザイロスルシェンヴェラードなどの全体攻撃アタッカーが考えられます。先攻側は速度パーティーへの対策が必要です。

2ndピック解説

ピック:プサマテ、カビラ

先攻kicのセカンドピックは、プサマテ、カビラです。速度リーダーとゲージアップモンスターを選択しました。先攻が速度パーティーで来る可能性が高いと判断し、速度勝負ができるピックとなっています。

プサマテはアリーナ最速の33%速度リーダーで、カビラはゲージアップモンスター最速の速度120と速度勝負においては、もっとも強力なピックです。

ピック:ザイロス、ルシェン

後攻対戦相手のセカンドピックは、ザイロス、ルシェンです。予想通り強力な全体攻撃を持つ2体のアタッカーがピックされました。後攻側も速度勝負を挑む形となるピックです。

先攻側のピックに比べ、先手をとるのに不利な状況のため、ここは速度リーダーのセアラフェイ等のアタッカーのピックが好ましかったと思います。

3rdピック解説

ピック:アイリス、デオマルス

先攻kicのラストピックは、アイリス、デオマルスです。後攻側のアタッカーを一撃で倒せるアタッカーとしてデオマルスをピックしました。アイリスは相手最速モンスターのスキル封印または、相手の意志・保護ルーンを解除し、デオマルスで確実に倒す意図で選出しています。

ピック:メイガン

後攻対戦相手のラストピックはメイガンです。攻撃バフ付与ができるモンスターがピックされてなかったので、メイガンを選択してきたのかと思います。ここでも速度リーダーが選出されなかったので、先手をとる上でかなり不利と言えます。

バン解説

先攻kicバン:ザイロス


ティアナ

ザイロス

メイガン

オリオン

ルシェン

先攻kicがバンに選んだモンスターはザイロスです。後攻側のアタッカーの選出は2体ですので、ザイロスをバンし、ルシェンはデオマルスで一撃で倒す戦略となります。先手を取れるか、デオマルスの攻撃でルシェンを一撃で倒せるかが勝負のカギとなります。

後攻バン:プサマテ


ヴェラジュエル

プサマテ

アイリス

カビラ

デオマルス

後攻対戦相手がバンに選んだモンスターはプサマテです。速度リーダーであるプサマテをバンして速度勝負を挑むつもりでしょう。カビラとの速度勝負になるため、ルーンの速度差が相当なければ先手を取ることは難しいでしょう。速度勝負をするならば、カビラバンが正しい選択かと思います。

対戦パート

想定通り先行ピック側kicのカビラが先手をとりました。ゲージアップからデオマルスまでつなぎ、ルシェンを一撃で倒したところで勝負が決まりました。やはりこの戦いでは先手をとった方が勝負を制すことになりました。

このページのコメント