サマナーズウォー攻略記事

ワールドアリーナ大会出場者の使用モンスターとルーン

ワールドアリーナ日本本戦でベスト4以上の使用モンスターとルーン構成をご紹介します。ワールドアリーナ第3シーズンの参考にしてください。

大会動画

ぷややさんの使用モンスターとルーン

ティアナ

会場を沸かせた火力型のティアナです。印象的だったのが、相手の免疫付与モンスターが先に行動する点。あえて速度を落として相手に行動させる意図が見えます。通常ティアナは最速で行動するイメージですが、自陣を意志ルーンで固めて、あえて先手を譲る戦略がベスト4まで進んだ大きな要因となっていました。

ルーンは迅速+意志ルーンで2番4番6番は、速度、クリダメ、攻撃です。上記で述べた通り、速度は+158とそれほど速くないのが印象的です。また、トリトン、ティアナと解除モンスターを2枠ピックするとアタッカー不足になりがちですが、ティアナをアタッカーとすることでその問題を解決している点に工夫が見られます。

ペルナ

UT-playさんとの準決勝第2ラウンドで、相手のスキル延長をことごとく抵抗したペルナです。抵抗を意識的に上げているのではいるのでは?と思っていましたが、普通のペルナでした(笑)

ルーンは暴走+意志ルーンで2番4番6番は攻撃、クリダメ、攻撃のオーソドックスなルーン構成です。

オケアノス

ぷややさんの使用したモンスターの中で最速がこのオケアノスです。ティアナでもなく、バステトでもなく、オケアノスを最速にしています。最速で相手モンスターのスキルを延長し、ティアナまたはトリトンで相手の免疫を解除した後に、全体スタン攻撃を使用するという流れを狙ってのことでしょう。このオケアノスは対UT-playさんと対戦するために用意したそうです。

ルーンは迅速ルーンのみで、セット効果よりも速度重視となっています。先手をとる前提で意志ルーンを使用せず、セット効果を無視しているのが印象的です。2番4番6番は速度、体力、防御です。

アイアム快さんの使用モンスターとルーン

美猴王

アイアム快さんのメインアタッカーです。行動不能系の敵モンスターに対し、効果的にピックしていました。雨師とラキュニとピックして長期戦になることが予想できるので、耐久をかなり意識したステータスになっているのが印象的です。パッシブの効果と時間経過で攻撃力が上昇しますし、自身のピックの特徴を把握した上でのステータス振りとなっています。

ルーンは暴走+意志ルーンで、2番4番6番は体力、クリダメ、防御です。

ラキュニ

美猴王とセットで選出されていたラキュニです。星3ながら使用率の高いモンスターで、パッシブで毎ターン弱化解除と体力回復ができます。

ルーンは暴走+意志ルーンで2番4番6番は速度、体力、体力です。サブオプションで抵抗を意識的にあげています。

セアラ

真っ先に狙われる対象となるセアラは、攻撃よりも耐久重視でルーンが組まれています。後半に最大体力が下がり、攻撃力が上昇することも関係していますが、全体的に耐久重視でルーンが組まれていますね。

ルーンは暴走+意志ルーンで2番4番6番は体力、攻撃、体力です。

おじんぺんさんの使用モンスターとルーン

タブロ

下方修正後もまだまだ強いことを示したタブロがこちらです。対戦ではゾロ目が出るたびに会場が沸きました。ヴェラジュエル、アメリアの弱化解除でスタンを解除する立ち回りが印象に残っています。

ルーンは暴走+意志ルーンで2番4番6番は速度、体力、体力です。完全耐久型ではなく、クリ率、クリダメがある程度高いため、後半攻撃力が上昇するとそれなりの火力が出るようになっています。

ヴェラジュエル

常に先手をとっていたのが印象的なヴェラジュエルです。アメリアの防御バフが付与された状態で、相手のセアラをワンパンしたのには驚きました。

ルーンは迅速+意志ルーンで2番4番6番は速度、クリダメ、防御です。先手を取るために速度が最優先となっています。

テサリオン

おじんぺんさんのメイン火力アタッカーとしてピックされていたテサリオンんです。弱化効果の数でダメージが30%上昇するため、デバフをばらまくタブロとの相性が抜群でした。

ルーンは暴走+意志ルーンで2番4番6は速度、クリダメ、体力です。大会では相当ダメージが出ている印象でしたが、それほど攻撃特化ではありません。速度比例のメガスマッシュとパッシブのダメージアップで改めて強いモンスターだと認識しました。

アメリア

パッシブで毎ターン免疫の付与できるので、3ターン免疫付与ができるヴェラジュエルとセットでW免疫パーティーを組んでいました。免疫モンスターを2体ピックすることでどちらかが必ず残り、免疫を付与しながら戦えます。防御バフで火力を底上げできる、ヴェラジュエル、風燕との組み合わせで、耐久面と火力面どちらもサポートできるパーティーの要です。

ルーンは暴走+意志ルーンで、2番4番6番は速度、体力、体力です。

UT-playさんの使用モンスターとルーン

元姫

シーズン2に迅速から暴走果報に変更しました。迅速よりも回転率が上がりスタン入ったときの暴走で形勢逆転出来る恩恵が大きいので、オケアノスと同様ルーン組み換えて良かったと感じています。ルーンは耐久、速度、的中、抵抗を特に意識してステータスを振りました。

抵抗に関しては、主軸である光姫の抵抗48%リダスキをつける前提で主力キャラやは抵抗を出来る限り上げています。WAにおいて的中抵抗は個人的にかなり重要だと思っています。

オケアノス

シーズン2途中に暴走意志から迅速に変更しました。理由は先手を取る恩恵が非常に高いと感じたからです。迅速型に変えてからは相手の意表を突くのもあってか勝率が上がっています。セット効果は迅速だけですが、上を取る前提なのであまり不便しません。WAは体力よりも防御が重要だと思っているので防御にステを意識しています。

雨師

オケアノスと同様に、シーズン2の途中で暴走意志ルーンから、迅速保護ルーンに変更しました。理由は先手免疫があれば助かった場面がふえたから(長期戦になれば暴走の方が強いとは思う)です。保護の理由は、オリオン、ジェミニ、水パンダ、光パンダ等の対策で、雨師の免疫バリアに加えて保護シールドの3段バフにすると剥がしによる壊滅のリスクが下がります。

このキャラは週末アリーナの防衛に置くので日曜日だけ暴走意志ルーンに変えています。

アイリス

アイリスで特に意識しているのが耐久速度的中抵抗です。真っ先に敵から狙われるのでペラペラだとあまり意味がありません。ルーンは絶望反撃ルーンです。

関連攻略記事

星4モンスターおすすめ

▶星4モンスターランキング

星5モンスターおすすめ

▶星5モンスターランキング

ワールドアリーナおすすめモンスター

▶ワールドアリーナモンスターランキング

過去のワールドアリーナ記事

▶ワールドアリーナTOP

▶日本大会ピック率ランキング

このページのコメント