サマナーズウォー攻略記事

【中級者向け攻略】今すぐできる実戦向け錬成制作

このページでは、カイロスダンジョン5階や一部のシナリオHellをクリアできるようになった中級者に向けて、実戦的な錬成制作の解説をしています。

そもそも錬成制作ってなに? どう利用すればいいの? そんなかたはぜひご覧ください。

そもそも錬成制作って何?

錬成制作では、強力なルーンやホムンクルス(モンスター)、デコレーションやお役立ちアイテムが制作できます。

たくさん種類があって複雑に見えますが、中級者が制作でき、パーティーの強化に役立つのは、ルーン制作とSPのみです。

意外とシンプルなので、安心してください。

ちなみに、中級者が上記の制作以外を後回しにしてよい理由は下記のようになります。
  • ホムンクルス:素材をレイドで入手する上級者向け制作。
  • デコレーション:(現時点では)ステータスアップがないホームを飾り付け。
  • 建物:「クリスタルドラゴン」と「バトル訓練所」以外は今のところ観賞用の施設。上記2つも制作にはレイドクリアが必須。

▲「クリスタルドラゴン」制作にはレイド素材が必要。

そのため、ここでは中級者が制作を検討すべきルーンとSPの2つについて解説します。

ルーン制作のススメ

ルーン制作の解説

中級者が制作できるルーンは、レイドで入手できる素材を使う闘志、決意、高揚、命中、根性の5つのルーンを除く19種類です。

▲赤枠の内のルーンが制作可能。

これらのルーン制作に必要なのは「調和の文章」、「超越の文章」、「混沌の文章」、「ルーンの欠片」。どれも各カイロス5階以上で入手可能です。

またルーンの制作は初級、中級、高級の3つにわかれ、制作結果や素材消費が異なっています。

消費する素材数や組合せを下記にまとめました。

          
種別制作ルーン各素材の消費量
等級番号文章a※文章b※ルーンの欠片マナ
初級3〜5一般以上ランダム6245,000
中級4〜6魔法以上ランダム93620,000
高級5〜6レア以上ランダム1861250,000

「文章a・b」には、調和、超越、混沌のいずれかが当てはまり、ルーンの種類によって固定されています。例えば、元気の初級ルーン制作では、調和の文章を6、混沌の文章を2消費。高級では、調和の文章を18、混沌の文章を6消費します。

また、ルーン番号はランダムで決まります。ルーンについての解説は下記の記事をご覧ください。

【初心者攻略】13.ルーン集めとルーン強化

ルーン制作で消費する素材は、(現時点で)クリスタルドラゴンの制作に「超越の文章」を使うくらいです。ルーン制作によって他の制作ができなくなるという心配はしなくて大丈夫です。

中級者にとってのルーン制作の位置づけ

ルーン制作のためのカイロス周回は効率がよくありません。やめておきましょう。

制作に必要な素材数を考えると、中級者にとってルーン制作は、「ルーン集めのためにカイロス周回をしていたら素材が集まっていた」くらいの位置づけになります。

中級者が優先してやるべきことは、下記にまとめています。

では、自然と素材が集まってしまったかたに、おすすめルーン制作を紹介していきます!

おすすめ1:セット効果を狙って暴走、激怒の初級ルーン制作

最初におすすめするのは、数多くのモンスターにつけていきたい暴走と激怒の初級ルーン制作です。

制作の際に消費する素材の数は、同じ級であればどのルーンも同じです。しかし、暴走と激怒のルーンは、ドラゴンや死のダンジョンでもなかなかドロップしません。

▲暴走と保護は素材の消費数だけではなく種類も同じ。

さらにドラゴンと死のダンジョンは巨人よりも難易度高め! つまり、星の多いルーンが狙いにくいのです。そのため、制作では暴走や激怒のルーンを作るようにしましょう。

制作タイミングは、暴走と激怒のルーンがなかなかドロップせず、セット効果が組めない時。中級者はルーン制作ができる機会が限られているため、比較的大きな強化が望めるセット効果の発動を狙って制作しましょう。

おすすめ2:ずっと使えるかも? 暴走、激怒の高級ルーン制作

もうひとつのおすすめは、やはり暴走、激怒の高級ルーン制作。なぜ暴走と激怒なのかは上記で説明したとおりです。

中級をすっ飛ばしたのは、モンスターの短期的な強化にも、長期的な強化にも中途半端だからです。高級は低確率ですが星6のレジェンドが制作されることもある魅力的な制作。ずっと使える強力なルーンが制作されることもあります。

大幅なモンスター強化が望めるセット効果狙いと、長期的に使える強力なルーン狙い。この2つに狙いをしぼって制作しましょう。

SPの未知の魔法ボックスと秘密ダンジョンホールとは

中級者が制作可能でパーティー強化に影響するのは、「未知の魔法ボックス」と各属性の秘密のダンジョンを開く「秘密ダンジョンホール」です。

未知の魔法ボックス

中級者でも利用できますが、素材を考えると上級者向けの制作です。

まず、未知の魔法ボックスを使用すると、以下のアイテムの中から4つを獲得できます。

  • 不思議な召喚書×1
  • 火の召喚書×1
  • 水の召喚書×1
  • 風の召喚書×1
  • 刻印召喚石×2
  • 「伝説の召喚書」の欠片×5
  • 光と闇の召喚書の欠片×5
  • 未知の召喚書×1
  • マナストーン×4000
  • ルーン×1
  • ルーンの欠片×1
  • 魔法の粉×1

一見、かなり魅力的に見えますが、実際はマナストーンが出る確率がかなり高く、召喚書関連は出にくくなっています。

そのため位置づけとしては下級の聖水を大量に余らせている上級者向けになります。

まだまだ下級の聖水を使用する中級者向けではないので、無理に制作しなくても大丈夫です。

各属性の秘密ダンジョンホール

使用すると、対応する各属性の秘密ダンジョンがランダムで開きます。

その日に開いている曜日ダンジョンと同じ属性が制作可能です。消費する素材は、ガーレン森、テライン森、ルナール山のHellで手に入る「強靭な革」と各属性の中級聖水。

ただし、まだ各モンスターを覚醒させていかなければならない中級者にとって、中級聖水は貴重です。

また、秘密ダンジョン自体も、ゲーム内チャットで目当ての秘密ダンジョンを開いた人に、フレンド登録のお願いをすることで対応可能です。中級者がすぐに作る必要はそれほどないでしょう。

関連リンク

このページのコメント