サマナーズウォー攻略記事

【中級者向け攻略】死のダンジョンでの役割別モンスター紹介

このページは、召喚士レベル20~35のプレイヤー向け攻略として、死のダンジョン攻略向けに星2~3モンスターで組んだパーティを紹介します。

星2~星3モンスターで死のダンジョンを攻略しよう

死のダンジョンで戦う際は、リッチキングのヴェールを多段攻撃ではぎ取る必要があります。多段攻撃可能なモンスターを中心にパーティを組みましょう。

また、スキル1が多段攻撃のモンスターは、反撃のルーンをつけてリッチキングの攻撃に反撃できるようにします。反撃でヴェールをはぎ取ることができれば、リッチキングにダメージを与えやすくなります。

なお、死のダンジョンではゲージ操作が無効になっています。ゲージ操作目当てのモンスターは連れていかないようにしましょう。

死のダンジョン5Fのテンプレパーティ

火ハーピー(ルーカシャ)+火ハルピュイア(カリン)風グリフォン(バナード)光イヌガミ(ベラデオン)光フェアリー(ニール)

戦力分布表


火ハーピー(ルーカシャ)

火ハルピュイア(カリン)
Griffon_Wind
風グリフォン(バナード)

光イヌガミ(ベラデオン)

光フェアリー(ニール)
多段攻撃(スキル1)
多段攻撃(スキル2・3)
単体回復
全体回復
回復妨害
攻撃デバフ
防御デバフ
速度バフ
攻撃バフ
無敵

ポイント解説

秘密のダンジョンで入手可能なモンスターでパーティを構成しています。ラピスをのぞき、ショップやシナリオダンジョンのドロップでスキルアップが可能です。

カリンは多段攻撃、全体回復、攻撃バフ、回復妨害など、どれもが死のダンジョンで有効に働いてくれます。

星2のスターともいえる存在で、死のダンジョンはもちろん、後々のレイドボスである混沌の獣カドゥルー戦でも星4モンスターと並ぶ活躍を見せてくれます。必ず育てましょう。

一方、ルーカシャは6回攻撃可能な野良犬狩りという素晴らしいスキルを持っています。狩りで一気にヴェールをはぎ取ることができ、その後、リッチキングに攻撃を集中することができます。火曜日の秘密ダンジョンは要チェックです。

また、ルーカシャ、ニール、カリンに反撃のルーンをつけておくことで、さらにヴェールをはぎとりやすくなります。

ルーン構成はいずれも迅速+反撃の組み合わせがおすすめです。

カリンに反撃のルーンをつけた場合、巨人のダンジョンには連れていきにくくなります。

行動順

死のダンジョンでは行動順が非常に重要になってきます。おおむね以下の順番で動けるように、速度を調整しましょう。

バナード>ルーカシャ>カリン>ベラデオン=ニール

5Fで激怒のルーンを入手!

レベル35での目標は、オートで5Fをクリアできるようにすることです。激怒のルーンは星5のものまで入手できます。

ただし,星4~5のルーンをそろえないと厳しいため、巨人ダンジョン6F>ドラゴンダンジョン5Fとクリアできる戦力に達した後、5Fクリアに挑みはじめましょう。

星4以上の役割別モンスター

多段攻撃

火九尾の狐(シファ)火天舞姫(昭姫)、風忍者(オロチ)の3名は、いずれ劣らぬ多段攻撃の使い手です。テンプレパーティの多段攻撃を持っていないメンバーと入れ替えたり、より強化していくことができます。

また、昭姫は全体回復と攻撃力アップをあわせ持っており、体力回復役を兼任できるところも非常に優れています。

まとめ

死のダンジョンは、巨人ダンジョンやドラゴンダンジョンと異なり、専用のメンバーを育てる必要があります。多段攻撃を持っているモンスターと、反撃のルーンをまずは育てていきましょう。

関連リンク

このページのコメント