サマナーズウォー攻略記事
更新日:05/08 11:32

死のダンジョン10階攻略

サマナーズウォーの死のダンジョン10階の攻略情報を掲載しています。死ダンのおすすめパーティーや周回のポイント、高速周回パーティーの紹介をしているので、ぜひ参考にしてください。

死のダンジョンについて

死のダンジョンでドロップするルーンは、上級者向けのものが多めです。

そのため、死のダンジョン攻略はなるべく後回しにしたいところ。

死のダンジョン10Fをオートでクリアできない段階なら、他のダンジョンを周回しましょう!

▲対人向けのルーンが多い

よって、このページの記事内容も、オート周回を前提とした上級者向けの内容となります。

道中(1、2、4階層)の攻略ポイント

闇ゴーレム(マギ)のパッシブに注意!

死のダンジョンでは、できるかぎりアタッカーの耐久を下げて挑戦します(くわしくは後述します)。そのため、マギの反射ダメージは15%といえども大ダメージにつながってしまうのです。

▲ダメージの15%を敵に返す!

とくに気をつけなければいけないのが全体攻撃です。こちらが攻撃したのに反射ダメージで倒されてしまうことも……。

▲ルシェンの「切断の魔法」で約15000の反射ダメージを受ける

反射ダメージの対策

保護ルーンをつけたモンスターをパーティーに入れることで、道中を安定して突破することが可能となります。

保護ルーンをつければつけるほど、道中は安定していきます!

中ボス(闇リッチ)の攻略ポイント

闇リッチのパッシブに注意!

闇リッチのパッシブも非常に強力です。

受けるダメージが50%減少。さらに、誰かが倒されるたびに攻撃力が50%上昇します。

▲強力なパッシブ

闇リッチの対策

闇リッチの突破が難しいのであれば、光属性のモンスターをデコイ(おとり)に連れて行きましょう。

おすすめは、光イヌガミ(ベラデオン)または、光オオカミ人間(エシール)です。

ボス(リッチキング)の攻略ポイント

リッチキングには強力な5つのパッシブがあります。すべて対策が必須のため、ひとつひとつ解説します!

屍者の時間(パッシブ)解説

攻撃速度が一定以下に制限されます。さらにゲージアップも無効です。

速度をあげても無意味となってしまいます。

▲速度を必要としない分、火力をあげられる

屍者の時間(パッシブ)対策

行動回数に差をつける

ゲージアップも無効なので、行動回数に差をつける手段は、速度バフ、デバフのみとなっています。

パーティーにどちらか必ず組み込みましょう!

瘴気のベール(パッシブ)解説

毎ターン7回分の攻撃行動を無効にされます。

通常の攻撃では、ボスにダメージを与えることもできずに負けてしまいます。

▲ベールをすばやく破壊する必要あり

瘴気のベール(パッシブ)対策

多段攻撃でベール破壊

多段攻撃でベールに複数回の攻撃をおこなうことで、ベールを破壊することができます!

暴走+反撃ルーンで攻撃回数を稼ぐ

多段攻撃にくわえて、暴走ルーンと反撃ルーンで攻撃回数を稼ぐことがおすすめです!

魂の拘束(パッシブ)解説

もっともダメージを与えた味方モンスターが奪われてしまいます。

すなわち、強力な味方アタッカーが敵になってしまうのです。

▲奪われた味方はてごわい!

魂の拘束(パッシブ)対策

行動順を意識する

ベールが残っている間はダメージが無効にされるため、必然的に行動順が最後のアタッカーが奪われやすくなります。重要なのは、奪わせたいモンスターを最後に行動させることです!

アタッカーをできるかぎり低耐久に

奪われたモンスターは、倒すことで取り戻すことができます。そのため、アタッカーのHPはできるかぎり低くしましょう! 攻略の難易度がさがります。

魂の搾取(パッシブ)解説

与えたダメージの50%を回復します。さらに、見落としがちですが、攻撃のたびに攻撃力が上昇していく効果までもっているのです。

それがどういうことかといいますと、たとえば、巨人ダンジョンであれば、回復スキルを持つモンスターで少しずつ削ってクリアすることができました。

しかし、死のダンジョンでは、ターン経過とともに攻撃力が上昇するため、戦闘が長引けば長引くほど不利になります。

▲クリスタルで再挑戦しても攻撃力はあがったまま…

魂の搾取(パッシブ)対策

すばやく倒す!

体力回復は回復阻害で阻止しましょう。

やっかいなのが攻撃力の上昇です。速度をあげる必要がない分、火力をあげてすばやく倒しましょう!

堕ちた不滅者(パッシブ)解説

倒された時に、50%の体力で復活します。再使用時間延長や沈黙に免疫があるので、必ず一度は復活されてしまいます。

てごわいのは、スキル再使用時間が6ターンであること。この間に倒しきらなければ、さらにもう一度復活されてしまうのです!!

▲バトルが終わらない

堕ちた不滅者(パッシブ)対策

すばやく倒す!

復活の対策もやはりすばやく倒すこと!

とにかく火力が必要です!

リッチキング対策まとめ

  • 1)多段攻撃
  • 2)低耐久のアタッカー
  • 3)暴走+反撃ルーン
  • 4)速度バフ、デバフ
  • 5)パーティーの行動順

これらのリッチキング対策を意識してパーティーを組みましょう!

おすすめパーティー

死のダンジョン攻略するころには、さまざまなモンスターが育成されているはずです。そのため、多様なパーティー構成が考えられます。

ここでは、誰でも入手可能なモンスターをピックアップし、テンプレパーティーとして紹介します。

テンプレパーティー

水魔剣士
(ラピス)
光イヌガミ
(ベラデオン)
火エルフレンジャー(アドリアン)
MagicKnight_WaterInugami_LightElvenRanger_Fire
火ハルピュイア
(カリン)
水カウガール
(セイラ)
Harpu_Fire CowGirl_Water

▲リーダーはラピス

その他のおすすめモンスターや役割別モンスター紹介は、以下のページをご覧ください。

【死のダンジョン】役割別モンスター紹介

ランカーの高速周回パーティー

パーティー紹介

風ジョーカー
(ルシェン)
水リッチ
(リゲル)
火ハーピー
(ルーカシャ)
Joker_WindLich_WaterHarpy_Fire
火ハルピュイア
(カリン)
水カウガール
(セイラ)
Harpu_Fire CowGirl_Water

▲リーダーはルシェン

周回動画

▲クリアタイムは1:30

解説

ルシェンで道中の高速化

道中を高速で突破するために、ルシェンを採用しています。

反射ダメージ対策は保護ルーンです。

速度バフ無用構成

速度バフ、デバフはどちらかあればクリア可能なので、セイラとリゲルの速度デバフのみで構成しています。

高火力、多段攻撃アタッカーで構成

攻撃バフ要員のカリンをのぞき、高火力、多段攻撃のアタッカーで構成しています。奪われてもすぐに取り返すことが可能です。

行動順

行動順は、カリン->ルシェン->リゲル->ルーカシャ->セイラとなっています。

関連リンク

このページのコメント
    最新記事