サマナーズウォー攻略記事
更新日:02/22 20:27

【サマナーズウォー】試練のタワー攻略アルタミエル階(ノーマル90階)

以前から最難関と言われてきたアルタミエル階。今回はノーマル90階で登場し、プレイヤーの行く手をはばんでいます。

アルタミエル階が難しいと言われる理由は、反撃による被ダメが大きいことです。全体スタンや凍結に頼ると、反撃で壊滅するなんてことも......。

さらに、光イエティ(アルカザン)のスキル3静かなる怒りがパッシブに変更になったことで難易度がましました。

パーティー構成と役割

おすすめパーティー

【リーダー】火シルフ(バレッタ)風ペンギンナイト(マーブ)風グリフォン(バナード)風ピクシー(シェノン)火ハルピュイア(カリン)

ボスのアルタミエルは、味方や自分がクリティカル攻撃を受けると反撃してきます。アタッカーをパーティーにいれにくいため、クリ率の低いサポートモンスターたちで攻略しましょう!

目標ステータス

速度体力防御クリ率
150〜20000800 ※15%

※アルタミエル対策として、クリ率をあげないことを推奨します。

役割解説

バレッタ

このパーティーはアタッカー不在のため、ダメージはバレッタのスキル3フェニックス飛ばしによる持続ダメージ頼みとなります。また、ボスはスタンしないので、スキル2乱気流での足止めが有効です。

基本的にバレッタはどの階層でもスタメンです。

おすすめルーンは絶望一択です。

バナード

スキル2急降下で、攻撃デバフと防御デバフを同時に入れることができます。アルタミエルは防御デバフでも火力が下がるので、受けるダメージを減らすことができるのです!

もちろん、スキル3順風でパーティーの回転率をあげる役割にもなります。

おすすめルーンは迅速の一般的な型です。

マーブ

スキル3風の翼で、シェノンの防御バフを切らさないようにできます(アルタミエルの強化効果解除をのぞく)。それと同時に味方の弱化効果を解除できる優秀なスキルです!

マーブは行動の選択肢が場面ごとに変わってきます。操作のカギとなるため、後ほど詳しく説明します。

おすすめルーンは暴走です。

シェノン

スキル2減速の全体速度デバフは、相手の行動回数を減らすことができるので、どの階層でも必須となります。

アルタミエル階では、反撃により攻撃を受ける回数が多くなります。防御バフも必須のスキルです。ミスも有効なので、意識してパーティーにいれましょう。

おすすめルーンは絶望です。

カリン

アルタミエルは回復スキルを持っており、スキル2死のダーツの回復阻害があると攻略が楽になります。挑発で回復スキルを打たせない方針でもよいですが、その場合は、挑発スキル持ちが2体欲しいです。

今回のパーティーでは回復はカリンのスキル3炎のダンス任せとなります。

おすすめルーンは絶望一式。ただし、他のコンテンツでも使っている場合は付け替えるほど重要ではありません。

ステージ1攻略

アンタレスのパッシブ超越者が厄介です。アンタレスに攻撃デバフ、味方に防御バフをはり、攻撃に備えましょう。

ここまで攻略できた人ならさほど難しくありません。

ステージ2攻略

ステージ1よりも難易度は低いです。ジロキチが全体スタンスキルを使ってくるので、優先的にスタンを狙いましょう。

ボス階攻略

行動順が大事!

反撃を受ける前に、シェノンで防御バフをはりたいです。バナードは順風を打てばよいので、2番目にシェノンが動くように速度調整を行うのがポイントです!

▲バナード順風>シェノン激励>バレッタのターン

全体攻撃を最初に打つバレッタは、反撃のダメージを受けます。そのため、耐久を高くしておく必要があります。

カリンとバレッタはどちらが先でも構いませんが、マーブは最後に行動するように調整しましょう。風の翼によるスキル再使用時間減少をいかすためです。

マーブの立ち回り

マーブの立ち回りがもっとも難しいです。基本的には風の翼を最優先で使います。ポイントとしては、どの敵に挑発をいれるかです。挑発はアルタミエルを優先する必要はありません!ゲージ状況をよく確認して使いましょう。

▲デバフがはいっているアルタミエルではなく、孫行者に挑発をする

回復阻害

アルタミエルは回復スキル持ちです。もっとも体力比率が悪い敵に対し、優先して回復阻害スキルを使いましょう。それによって回復を阻止します。アルタミエルの回復スキルは再使用可能時間が4ターンです。使えるまでの時間(クールタイム)を確認しながら、立ち回りましょう。

▲アルタミエルの回復スキルが使用できない状態

クリア動画

まとめ

試練のタワーの攻略はここで終わりますが、攻略に向いているモンスターは他にもいます。

手持ちに合わせてパーティーを構築してみてくだい。

気になる情報や質問などがあれば、コメントをお願いします!

関連リンク

このページのコメント
    最新記事