サマナーズウォー攻略記事
更新日:07/28 10:21

【初心者攻略】42.絶望のルーンの育て方とおすすめモンスター

このページでは、絶望のルーンの育て方と、絶望のルーンに適したおすすめモンスターを紹介します。

絶望のルーンの集め方や基本的な強化方法については、【初心者攻略】13.ルーン集めとルーン強化をご覧ください。

絶望のルーンの効果と使い道

絶望のルーンの効果は以下のとおりです。

4セット刻印時、モンスターの攻撃に25%の確率のスタン効果が加わる。

アリーナでの使いかた

全体攻撃を持つモンスターにつけるのがベストです。確率は25%ですので、4体に1体はスタンさせるチャンスがあります。光属性や闇属性などのモンスターであれば、さらにチャンスが広がります。

速度リーダーと組みあわせて、先手を取れるようになればかなり有利に戦えるようになるでしょう。

試練のタワーでの使いかた

相手に何もさせたくない試練のタワーで、全体攻撃+スタンは非常に強力かつ有効です。最大で5体の敵が登場するのも、絶望のルーンにはありがたかったりします。

アリーナ戦同様に、速度リーダーをつけたりゲージアップ役を入れ込み、相手を封印させていきましょう。持続ダメージとの相性も極めて良好です。

絶望のルーンの育て方

メインオプション

絶望のルーンのメインオプションは、1~6それぞれの番号別に以下から決まります。

ルーン番号オプション番号詳細
奇数ルーン1攻撃力(+数値)星の数によって数値のみ決定
3防御力(+数値)
5体力(+数値)
偶数ルーン2体力、体力(%)、攻撃力、攻撃力(%)、防御力、防御力(%)、攻撃速度オプション:確率によって決定
数値:星の数によって決定
4体力、体力(%)、攻撃力、攻撃力(%)、防御力、防御力(%)、クリ率(%)、クリダメ(%)
6体力、体力(%)、攻撃力、攻撃力(%)、防御力、防御力(%)、効果抵抗(%)、効果的中(%)

ルーン6番は何がなくとも効果的中(%)を育てましょう。ルーン2番は攻撃速度、ルーン4番はクリダメで、クリ率が低いようならクリ率(%)を選びましょう。

サブオプション

同じランクの絶望のルーンでも、[魔法/レア/ヒーロー/レジェンド]の4種類にわけられます。これはサブオプションの数によって決定されています。

サブオプションはルーンを+3、+6、+9、+12強化するたびに追加されます。すでにオプションがついている場合にはオプションのなかからひとつが強化され、サブオプションは最大4つまで追加されます。

サブオプションでは、効果的中(%)、攻撃速度を重視します。最初からサブオプションにそれらがついているものがあれば、それを強化しましょう。

前述したとおり、サブオプションは+3ごとに追加されるため、サブオプションで必要なサブオプションが出るまで育てる方法もあります。ただし、ランクを上げれば上げるほど必要なマナが高くなっていき、それらのサブオプションが出ないこともありえます。

+3まで育てて出ないのであればいったんそこで強化を終えたり、メインではないモンスターにつけてあげるなどの方法でフォローしていきます。

ジェムと練磨石

中上級者向けになりますが、シナリオダンジョンをクリアした後に挑むことのできるレイドボス戦において、ジェムと練磨石を入手することがあります。

  • ジェム:サブオプションひとつを好きなものに変換することができる
  • 練磨石:サブオプションの数値を上昇させる

そのうち、練磨石では攻撃力(%)や攻撃速度を伸ばすことが可能です。目的に応じて伸ばしていきましょう!ただ、残念ながら効果的中は伸ばせません。

絶望のルーンを刻印したいおすすめモンスター

絶望のルーンをつける条件

長期戦を得意とするモンスターと相性がよいルーンです。相手を完膚なきまで叩きのめす時にもつけていきたいところ。

星2
名前ルーン組みあわせ効果・目的
火ウォーベア(ウルシャー)絶望+集中挑発や弱化効果をしっかり決め、味方モンスターへの被害を減らします。
絶望+忍耐弱化効果への抵抗力を高めた構成。上記よりも耐久度を高めています。
風ハルピュイア(シール)絶望+集中竜巻でのスタン狙い。試練のタワー用ですが、ボスには効きません。
風ピクシー(シェノン)絶望+集中相手が行動する前に攻撃力と守備力をしっかり強化。強化が終わったら、速度面でのサポートとしてスタン効果が期待できます。
星3
名前ルーン組みあわせ効果・目的
水サーペント(シャイロック)絶望+破壊相手のアタッカーを封殺するレベルで攻撃ゲージを削り、回復できない体力破壊もガリガリ進めます。
火インペルノ(タガロス)絶望+刃試練のタワー向け。ふたつの範囲スキルを持つタガロスにぴったりの組みあわせ。
光ハーピー(カビラ)絶望+元気カラス狩りでスタン狙いの構成です。警戒態勢以外の仕事ができるようになります。
光ハルピュイア(シア)絶望+集中死のダンジョン用。攻撃弱化をきっちり決めていく構成です。
闇ゴーレム(マギ)絶望+集中持続ダメージでじわじわ削ります。回復役に動かれると困るので、スタンさせましょう。
闇マーシャルキャット(ミホ)絶望+元気戦場に居残りさせるべく、元気いっぱいスタンをさせていきましょう。
星4
名前ルーン組みあわせ効果・目的
水シルフ(タイロン)絶望+意志得意の範囲攻撃を生かす組みあわせ。複数個の絶望があるとさらに便利になります。
絶望+元気アリーナで相手が困るルーンセット。1ターんでも長く残って凍結を決めましょう。
水ファントムシーフ(リエール)絶望+意志ゲージダウン+防御ダウン。ルーンで25%スタンも追加しましょう。4人いればひとりは封じられるであろう構成です。
水魔剣士(ラピス)絶望+反撃スタン重視の組みあわせ。アリーナや試練のタワーで大活躍します。
火ジョーカー(ジョジョ)絶望+集中スキルとの相性は普通ですが、爆弾をしっかり爆破させるためには有効な組みあわせです。
火シルフ(バレッタ絶望+集中試練のタワーHard向け。フェニックス飛ばしで全体攻撃をしつつ、相手ゲージ0時の長期に渡るスタン効果も期待できます。
風シルフ(シミタエ)絶望+破壊サイクロンとミス増加を組みあわせ、さらにスタンと体力破壊でジワ勝ちを狙います。
風ジョーカー(ルシェン)絶望+刃全体攻撃のスキル2、3と相性バッチリ。相手の完封を狙っています。
風シルフィード(アカシス)絶望+集中2ターンに1回の範囲攻撃は優秀です。別格の魔剣士をのぞけば、範囲攻撃における手数の多さは指折りの存在になります。
風マジカルブラウニー(アキーラ)絶望+集中免疫解除後のスタンが強力。追加ターンもあって、使いやすさはバツグンですの!
光シルフ(エレダス)絶望+集中定番の全体攻撃を生かすルーン構成。光属性のため相手を選びません。
光デスナイト(コンラッド)絶望+集中まずはデッドリーウェイブで相手の戦力をそぎ落とし、その後に死の一撃補給を決めていきます。
光道士(トキサダ)絶望+元気砂塵の勢でスタンを決めて戦闘を引き延ばしましょう。それだけで戦闘が有利になりますよ。
光忍者(ジン)絶望+保護全体攻撃の驚天動地でミス確率上昇+スタンをつけ、アリーナ戦の勝利を確固たるものにしましょう。
闇ウンディーネ(ティラシャー)絶望+反撃3ターンに1回の全体攻撃をもっと使うための構成です。
闇魔剣士(ラネット)絶望+刃ラネット基本パターン。範囲攻撃でスタンを決めて、チャンスができたら奪い取る重力弾を。

関連リンク

このページのコメント
    最新記事