サマナーズウォー攻略記事
更新日:07/31 15:13

【初心者攻略】13.ルーン集めとルーン強化

このページでは、モンスターの育成に欠かせないルーンの説明と、基本的なルーンの集めかた、ルーンの強化方法について紹介しています。

ルーンについて

ルーンとは、モンスターに刻印することで能力を強化できるアイテムです。ルーンの刻印は、モンスターの詳細画面にある「ルーン」タブのページで行えます。

ルーンには1〜6の番号と、16の種類、星1〜6までのレアリティ、そしてノーマル〜レジェンドまでの等級があります。

スロット番号にあわせて装着

それぞれのルーンには番号があり、該当番号のスロットに装着することができます。

▲(2)とついているので、このルーンは2番のスロットに刻印できます。

刻印したルーンは、マナストーンを消費することで解除できます。

ルーンの種類によるセット効果

セット効果は同じ種類のルーンを2個もしくは4個装着すると適用されます。適用されたセット効果は、ルーンスロットの右側で確認できます。

ルーンの種類(セット効果)

ルーンには、番号とは別に全16種類が存在します。同じ種類のルーンを同時に刻印すると、セット効果が発動します。

種類セット効果(セット数)入手場所

元気
体力+15%(2)ガーレン森、巨人のダンジョン

守護
防御力+15%(2)ハイデニー遺跡、ドラゴンダンジョン

迅速
攻撃速度+25%(4)ラゴン雪山、巨人のダンジョン

クリティカル率+12%(2)カビール遺跡、巨人のダンジョン

激怒
クリティカルダメージ+40%(4)死のダンジョン

集中
効果的中+20%(2)テライン森、ドラゴンダンジョン

忍耐
効果抵抗+20%(2)タモール砂漠、ドラゴンダンジョン

猛攻
攻撃力+35%(4)シーズ山、巨人のダンジョン

絶望
スタン確率+25%(4)巨人のダンジョン

吸血
与えたダメージの35%体力回復(4)ルナール山、死のダンジョン

暴走
22%の確率で追加ターン獲得。
連続で発動する時は、発動率が45%ずつ減少する(4)
ドラゴンダンジョン

果報
体力の7%分ダメージを受けるたびに攻撃ゲージ+4%(2)ペルン古城、死のダンジョン

意志
バトル開始から1ターンの間、免疫効果を得る(2)アイデン森、死のダンジョン

保護
3ターンの間、刻印したモンスターの体力の15%分のシールドを与える。(2)ボロパグス遺跡、ドラゴンダンジョン

反撃
攻撃された時、16%の確率で反撃する。
反撃のダメージは通常の75%になる。(2)
パイモン火山、ドラゴンダンジョン

破壊
相手に与えたダメージの30%分だけ、相手の最大体力を減少させる。
一度に減少できるのは4%までで、蓄積させると最大60%まで減少させられる。(2)
チヤルカ遺跡、死のダンジョン
セット効果は複数同時に発動させることができます。

ルーンの入手場所詳細とレアリティ

シナリオダンジョンでは、ステージ番号のルーンがドロップします。なお、ボス戦ではルーン1~6がランダムでドロップされるようになっています。

また、ルーンには星1〜6までのレアリティが設定されています。

シナリオダンジョンでは、難易度Normalではランクの低いルーンしかドロップしません。しかし、難易度がもっとも高いHellの各ステージでは、星5ルーンがドロップします

カイロスダンジョンのうち、巨人のダンジョンとドラゴンダンジョンはルーン集め用のダンジョンとなっています。

低い階層ではランクの低いルーンしかドロップしませんが、6Fでは星6のルーンがまれにドロップします。ぜひ狙っていきましょう。

ルーンの詳細情報と強化方法

ルーンの能力値はさまざまな条件で決められ、強化によって上昇します。

装着するスロットの位置によって、ルーンは6つの番号から構成されています。それぞれの番号別に、メインオプションが決まります。

メインオプション

ルーン番号オプション番号詳細
奇数ルーン1攻撃力(+数値)星の数によって数値のみ決定
3防御力(+数値)
5体力(+数値)
偶数ルーン2体力、体力(%)、攻撃力、攻撃力(%)、防御力、防御力(%)、攻撃速度オプション:確率によって決定
数値:星の数によって決定
4体力、体力(%)、攻撃力、攻撃力(%)、防御力、防御力(%)、クリ率(%)、クリダメ(%)
6体力、体力(%)、攻撃力、攻撃力(%)、防御力、防御力(%)、効果抵抗(%)、効果的中(%)

ルーンの強化

手に入れたルーンは、マナストーンを消費して強化することができます。

強化を行うと、一定確率で成功するか、失敗します。

強化に成功するとルーンのステータスが強化され、"+"がつきます。最大+15まで強化することができます。

なお、+の数が多いほど、強化の成功率は低くなり、マナストーンの消費が多くなります。

ルーンのレアリティが高いほど、上昇するステータスが大きくなります。また、ルーンを強化するほど、レアリティによるステータスの違いは大きくなります。

サブオプション

同じランクのルーンでも[魔法/レア/ヒーロー/レジェンド]の4種類にわけられます。これはサブオプションの数によって決定されています。

サブオプションはルーンを+3、+6、+9、+12強化するたびに追加され、すでにオプションがついている場合にはオプションのなかからひとつが強化されます。

(サブオプションは最大4つまで追加されます)

▲等級によってルーンの名前の色が変わります。

入手時からサブオプションが付与されていたり、等級が高いルーンも存在します。そのようなルーンは、強化した時にサブオプションが付与される代わりに、強化される回数が多いため、強力です。

ルーンは最大+15まで強化可能です。+15まで強化した時、+14までのメインオプションの数値が20%上昇します。
例:+14強化したルーンのメインオプションの体力が2,040の場合、+15に強化成功すると、体力が2,448になります。

関連リンク

このページのコメント