サマナーズウォー攻略記事
更新日:06/20 12:18

【初心者攻略】22.闇のダンジョンを攻略しよう

このページは、曜日ダンジョンのひとつである闇のダンジョンについて、攻略方法と初心者でも入手しやすいおすすめモンスターを紹介していきます。

闇のダンジョンとは

得られる聖水について

闇属性モンスターを覚醒させるのに必要な、闇の聖水を入手することができます。上位の階に行けば行くほど、級数の高い聖水がドロップされるようになっています。なお、確率は高くありませんが、3階から上級の聖水が入手可能です。

効率よく聖水を集める方法については、【初心者攻略】12.モンスターを覚醒させようをご覧ください。

登場する敵の特徴

闇のダンジョンというその名のとおり、闇属性の敵モンスターが数多く出現します。

また、道中のザコもボスのタワーも、大量に持続ダメージをつけてくるという特徴を持っています。

基本的な攻略の考えかた

パーティ構成

闇属性のため、どの属性のモンスターでも有利不利なく戦えます。ただし、光属性モンスターは集中攻撃を受けやすいため、パーティに組み込む場合はしっかりと防御を固める必要があります。

また、持続ダメージを山のようにつけられるため、水ガルーダ(コナミヤ)は必須です。

対ボス戦

右のタワーはパーティに状態異常を使用してくるため、まずは右のクリスタルを倒してから闇のガーディアンを倒しましょう。左のタワーは耐久度が高いため、放置します。

どうしても苦戦する時は、モンスターに忍耐のルーンをつけて効果抵抗を高めましょう。持続ダメージがつきにくくなります。

オートで倒す場合、画面左下の設定>オートバトル>攻撃優先順位を選び、右のクリスタル>ボスの順番でタップしましょう。戦力がそろってきたら、ボスから倒すように優先順位を変更してOKです。

おすすめパーティ構成例

カイロスダンジョン>闇のダンジョン>攻略モンスター情報から確認できる、よく使われているメンバーを中心にパーティ構成例を紹介します。

人気上位パーティ

闇属性相手に強いベラデオンを筆頭に、持続ダメージを解除できるコナミヤとヴェラモスで持続ダメージを最小限におさえます。ヴェルデハイルでゲージアップし、攻撃力の高いデオマルスで闇の軍団を撃破していきます。

パイモン火山前後でそろえられるパーティ

  • 水ガルーダ(コナミヤ)+水魔剣士(ラピス)+光イヌガミ(ベラデオン)+風ピクシー(シェノン)+火イヌガミ(ラオーク)

序盤でメインになるメンバーがそろっています。闇属性相手のため、有利不利なく戦えるのが便利です。

持続ダメージ対策可能なモンスター

パイモン火山前後で入手可能なモンスターをピックアップしています。パーティで足りない部分の補強にどうぞ。

持続ダメージを速やかに解除してくれるモンスター

水ガルーダ(コナミヤ)

スキル

何がなくともスキル「平穏」で決まりです。全員の持続ダメージをすっきりと解除してくれます。手動であれば自身にリモーションをかけ、さらに平穏を使いやすくすることもできます。

ルーン

迅速のルーン×4セットで素早く動けるようにしておきましょう。あとふたつは元気か守護のルーンで耐久度を高めておきます。

入手先

魔法ショップ、未知の召喚書、秘密ダンジョン(水)で入手可能です。さらに詳しくは、【サマナーズウォー星2】[コナミヤ]水ガルーダ評価とステータスをご覧ください。

コナミヤをサポートしてくれるモンスター

水フェアリー(エルーシャ)

スキル

スキル「浄化の手招き」で味方ひとりの体力を回復し、弱化効果をすべて解除してくれます。コナミヤの平穏が間に合わない時やコナミヤ自体が瀕死の時、強力にサポートします。

ルーン

浄化の手招きは攻撃力依存のため、猛攻のルーン×4セットで回復力を高めましょう。あとふたつのスロットは元気のルーンを。

入手先

スキルを上げる場合は、魔法ショップでフェアリーを購入しましょう。

さらに詳しくは、【サマナーズウォー星3】[エルーシャ]水フェアリー評価とステータスをご覧ください。

火イヌガミ(ラオーク)

スキル

「協力攻撃」で味方といっしょに攻撃をしつつ、味方のスキル再利用時間を1ターン短縮してくれます。「抹殺」によって、敵を倒した後に追加ターンを得てくれるため、道中のザコ対策にばっちりです。

ルーン

序盤は猛攻のルーンで攻撃力を高めておきましょう。抹殺が有効に働いてくれます。協力攻撃をメインにする場合は、元気のルーンと迅速のルーンで体力と攻撃速度をあげておきます。

入手元

パイモン火山の難易度Hardでドロップを狙いましょう。入手率が高まります。

さらに詳しくは、【サマナーズウォー星3】[ラオーク]火イヌガミ評価とステータスをご覧ください。

関連リンク

このページのコメント