サマナーズウォー攻略記事
更新日:09/27 12:32

【中級者向け攻略】調合魔法陣の使い方と優先したいモンスター

このページは、召喚士レベル20~35のプレイヤー向けとして、調合魔法陣の使い方と、優先して調合したいモンスターを紹介しています。

調合魔法陣の使い方

調合魔法陣とは

調合魔法陣とは、複数のモンスターを素材にして、星4、5のモンスターを生み出せる施設です。ショップの建設から75,000マナを消費して建てることができます(必要レベル17)。

素材として使用するモンスターはすべてシナリオ・秘密ダンジョンのドロップ、魔法ショップ、そして未知の召喚書から獲得可能。

伝説の召喚書に頼らなくても強力な星4、星5を入手できる画期的な施設です。とくに闇イフリート(通称:闇イフ)は、調合でしか手に入らない非常に優秀な星5のモンスター。

攻略の幅が広がるので、ぜひとも調合魔法陣を利用してパーティー強化を図りましょう。

中級者が利用する時期

魅力的な調合魔法陣ですが、難点としてはモンスターを調合するのに多くの素材が必要な所。

調合に取り掛かると、他のモンスターの育成が止まってしまうため、調合するモンスターと利用時期には要注意です。

中級者のとっての利用時期は、巨人ダンジョン10階の攻略に挑む前後。

モンスターの育成や必要とする聖水が多いため、引率役が育成済みで、できれば曜日・魔力ダンジョンの9、10階辺りが攻略できることを推奨します。

不完の◯◯とは

不完とは、その名の通り不完全なモンスター。通常のモンスターと違いステータスが半分になっています。

不完のモンスターの目印として、名前の先頭に”不完の”が付き、また星も緑色になっています。

不完のモンスターは、聖水を消費することで一般モンスター化することが可能です。

消費するのは、そのモンスターを覚醒させるのに必要な聖水。(つまり、不完のモンスターを一般モンスターと同じように覚醒させると通常の2倍の聖水を消費します。)

このように調合では、見た目以上に聖水を使用するので覚えておきましょう。

また、不完のモンスターは一般化せず、不完のままで同名モンスターのスキル上げ素材として使用することもできます。ただし、時間がかかるため、他にもやれることが多い中級者にはおすすめしません。

調合できる星5モンスターと必要素材

現在調合できる星5モンスターは、闇イフリート、風ヴァルキリー、水フェニックス、火熊猫武士の4体です。

それぞれに必要な素材を表にまとめました。
(星5の調合には調合費用として一律500,000マナを消費します。)

名前素材モンスターランクレベル必要な聖水
(中級/上級)

闇イフリート
不完のヴァンパイア535光(30/10)
闇(40/25)
魔力(25/45)
不完のサキュバス535
不完のウンディーネ535
ソリン(闇フェアリー)535

風ヴァルキリー
不完のシルフ535火(20/10)
水(20/10)
風(35/20)
魔力(20/35)
不完のウンディーネ535
不完の九尾の狐535
ガミール(風ヘルハウンド)535

水フェニックス
不完の九尾の狐535火(10/20)
水(35/20)
風(20/10)
魔力(35/20)
不完のジョーカー535
不完の忍者535
クンダ(水イエティ)535

火熊猫武士
不完のホルス535火(35/20)
水(20/10)
風(20/10)
魔力(35/20)
不完のカンフーガール535
不完のサキュバス535
カリン(火ハルピュイア)535

特徴は、それぞれ3体の星4不完モンスターと1体の覚醒済みモンスターを要求する点です。

星4不完モンスター1体の調合にかかる素材を考えると、星5のモンスターの調合にはかなりの時間を必要とします。

ただ星5モンスターは、どれも超強力。それだけのコスト払ってでも、ぜひとも手に入れたいです。

調合できる星4モンスターと必要素材

現在調合できる星4モンスターは、(全て不完の)風九尾、火ジョーカー、水忍者、火シルフ、水ウンディーネ、風ヴァンパイア、火サキュバス、水ホルス、風カンフーガールの9体です。

こちらも必要な素材を表にまとめました。
(星4の調合には調合費用として一律100,000マナを消費します。)

名前素材モンスターランクレベル
不完の九尾の狐(風)ラルフ(風インプ)430
セリル(光ピクシー)430
ウルシャー(火ウォーベア)430
コナミヤ(水ガルーダ)430
不完のジョーカー(火)タトゥー(火ピクシー)430
リジャーク(闇ガルーダ)430
ヒューガ(水ヴァイキング)430
チチ(風ハウル)430
不完の忍者(水)ダハレノース(水エレメンタル)430
シャルマン(光サラマンダー)430
ワルター(風ヴァイキング)430
タントラ(火イエティ)430
不完のシルフ(火)ララ(火ハウル)430
ゴルゴ(闇ウォーベア)430
タルク(水ヘルハウンド)430
ルーカン(風サラマンダー)430
不完のウンディーネ(水)シースルー(水ハルピュイア)430
アルカザン(光イエティ)430
エイリン(風フェアリー)430
コグーマ(火インプ)430
不完のヴァンパイア(風)ロイド(風放浪騎士)430
シュマール(光ヘルハウンド)430
カヒュル(火ガルーダ)430
ケイシー(水ピクシー)430
不完のサキュバス(火)ブレメース(火エレメンタル)430
ガロック(闇インプ゚)430
エレン(水放浪騎士)430
シール(風ハルピュイア)430
不完のホルス(水)カイマン(水サラマンダー)430
ヤンソン(光ヴァイキング)430
ラカジャ(風イエティ)430
ジーク(火ヘルハウンド)430
不完のカンフーガール(風)リンダーマン(風ガルーダ)430
シュシュ(光ハウル)430
カマリン(闇ピクシー)430
フィン(水インプ)430

特徴としては、覚醒済みモンスター4体を要求する点。ただし、星5の調合とは違い、調合素材として聖水は要求されません。(その分、素材モンスターの覚醒に聖水を使います。)

星4、5のモンスターを入手できる調合魔法陣はとても魅力的。しかし、素材を用意する時間を考えると、調合するモンスターは絞っておく必要があります。

そこで、効率的に調合魔法陣が利用できるように、優先して入手したいおすすめモンスターを紹介します。

優先して調合したいおすすめモンスター

中級者が優先して調合したいモンスターは、闇イフリートと火シルフです。

どちらも強力なモンスターで、巨人ダンジョン攻略後、すぐに活躍できるため、中級者が最初に調合するモンスターとしておすすめできます。

とくに闇イフリートは、状態異常攻撃があるところではどこでも活躍ができます。さらに巨人ダンジョンの次に攻略したいドラゴンダンジョンの適正が高いです。もっとも優先して調合したモンスターといえるでしょう。

また、火シルフはドラゴンダンジョンだけではなく、ドラゴンダンジョンクリア後に挑戦したい試練のタワーハードで活躍できるモンスターです。

中級者が次に攻略していくダンジョンを考えると、この2体を優先して調合するべきだと思います。

闇イフリート(ヴェラモス)の紹介

「自身のターンがまわってくるたびに状態異常をひとつ回復する」という非常に強力なスキルを所有。

状態異常をかけてくる敵がいる場所ではどこでも活躍できます。とくに状態異常攻撃が多いドラゴンやヒーローダンジョンでは大活躍です。

迅速もしくは、暴走のルーンを軸に行動回数を増やすことで真価を発揮します。

詳しい評価と解説はこちら
[ヴェラモス]闇イフリート評価とステータス

火シルフ(バレッタ)の紹介

火シルフは、「敵全員を攻撃し、2つの持続ダメージを3ターンの間与える」というスキル3のフェニックス飛ばしが強力です。

持続ダメージは一見、ダメージが低いように思えますが、そんなことはありません。フェニックス飛ばしの効果を計算してみると、実に30%のダメージを3ターンごとに敵全体に与えることができます。

非常に優秀なアタッカーなため、闇イフリートの次はこのモンスターを調合しましょう。

詳しい評価と解説はこちら
[バレッタ]火シルフ評価とステータス

経験値ブースターを利用した育成手順

調合にはとても時間がかかります。そこで、「経験値ブースターを使って一気に育てたい」というかたのための育成手順を紹介します。

また、どこで何を集めればよいかに触れているので、経験値ブースターの使用予定がないかたも参考にしてみてください。

育成ロードマップ

経験値ブースターを使う場合は、先に素材を集めて、一気にレベルを上げることを意識しましょう。

▼手順1

  • 素材モンスター集め
  • 素材モンスターを進化させるためのモンスター集め
  • 聖水集め
  • マナ集め

▼手順2

モンスターの育成

経験値ブースターを使用している間に、レベル上げ以外の作業をするのは、もったいないです。

経験値ブースターの時間が残っているのに、育てたいモンスターがいなくなってしまったということにならないよう、先に素材となるモンスターを集めておきましょう。

聖水、マナ集めに関しては、先に集めておけば、すぐに調合、覚醒ができるというだけなので、レベル上げの後でも大丈夫です。

以下では、それぞれの素材をどこで集めればよいかなどについて解説していきます。

素材モンスター集め

調合で使う素材モンスターは、シナリオ・秘密ダンジョンのドロップ、魔法ショップ、未知・ソーシャル召喚から入手できます。

魔法ショップで購入可能な素材モンスターは、積極的に買いそろえていきましょう。狙ったモンスターを手に入れる場合は、いちばん効率がいいです。

また、光・闇属性は秘密ダンジョンで集めることになります。光は日曜日、闇は月曜日に出現するので、忘れずに集めておきましょう。

育成用のモンスター集め

素材モンスターの進化させるためのモンスター集めは、未知の召喚書とソーシャル召喚を中心に行ないましょう。

マナに余裕があれば、魔法ショップで安く買える星2モンスターを活用するのもありです。

ただし、星4は100,000、星5は500,000の調合費用がかかります。中級者にとっては少なくない量なので、マナの使いすぎには注意しましょう。

覚醒・調合用の聖水集め

曜日ダンジョンで集めましょう。上級聖水はなかなかドロップしません。落ちる確率が高いできるだけ深い階層を攻略しましょう。

聖水を集めるのは、レベル上げの前がおすすめですが、最後に集めても大丈夫です。曜日ダンジョンは経験値があまりもらえないため、経験値ブースターの使用中は行かないようにしましょう。

マナ集め

マナはシナリオダンジョンがもっとも効率がよいと言われています。シナリオダンジョンでモンスターを育成しながら、集めていきましょう。

星4モンスターの調合であれば、意識して集める必要はありません。

また巨人ダンジョンの7F以上を回れるのであれば、周回の際に出たいらないルーンを売却していきましょう。

経験値ブースターの使い方

経験値ブースターを使う際は以下を意識して使いましょう。

  • 先に育てたいモンスターをそろえる
  • 購入するなら1日より3日の経験値ブースター
  • プレミアムパック使用後はいらない星3モンスターが増えるのでおすすめ
  • 経験値ブースター使用中は、クリスタルでエネルギーをチャージしながら戦う
  • 使用中も1時間に1回、魔法ショップでモンスター購入

さらに詳しく効率のいい使い方を知りたい場合は下記のページをチェックしてみてください。

経験値ブースターの効率的な使い方

関連リンク

このページのコメント