攻略記事

後宮

ステージの第2章をクリアすると解放されます。後宮では侍女選抜・茶会試合・妃嬪昇格・妃嬪・宮殿のレベル上げ・宴会場の装飾、行くことができます。

侍女選抜

侍女選抜は宮殿に使える侍女を選びます。

毎日3回無料でできます。0時でリセットされます。

4回目からはアイテムが必要です。モール・イベントで入手できます。
2.9からV2になると、10連侍女選びができるようになりました

侍女は後宮の宮殿レベルを上げたりできます。

侍女にはランクがあり、それぞれ繁栄度、レベルアップ効果がかわります。

確率・効果

  • 一つ星侍女 40%  宮殿の規模+50  繁栄度+50
  • 二つ星侍女 30%  宮殿の規模+100 繁栄度+100
  • 三ツ星侍女 15%  宮殿の規模+200 繁栄度+200
  • 四つ星侍女 10%  宮殿の規模+400 繁栄度+400
  • 五つ星侍女  5%  宮殿の規模+800 繁栄度+800

宮殿

妃を宮殿に入居させるには各宮殿ごとに必要親密度が表示されます。

景陽宮だけ課金の条件があり、VIP1になると建てることができます。承乾宮は確か30日ログインだったはず。。

(全宮殿の建てる必要項目はもう忘れてしまいました・・・。ご自身でお確かめください)

宮殿をタップすると参殿とLvup項目が出てきます。

各宮殿によって必要親密度など異なります。

妃嬪昇格

妃嬪にはそれぞれ妃嬪EXPというものがあります。これを使って妃嬪ランクをあげていきます。

  • EXPは理藩院での侍女下賜、宝石モールや宴会ポイントで交換した巻物を使い獲得します。
  • ステータスを獲得したときにEXPも獲得します。
  • EXPが一定のランク条件を満たすと昇格することができます。
  • ランクが上がると全名臣の属性総合値(商・農・政・軍の4属性に平均して分配)や皇子の資質総合値(生まれる皇子に影響)が増加します。
  • 皇貴妃に達した妃は皇后に栄進できます。皇后になれるのは一人だけですが、こっちの子を皇后にさせたい!ってなって交代することは可能のようです
国母の礼 技能発動効果:微税10%微糧10%徴兵10%がプラスされます」

妃嬪

ランダム引見ができます。所有している複数の美人からランダムで相手を選び寵愛することができます(精力が必要)たまに子供が生まれることがあります。

親密度がたかいほど能力の高い子供が生まれやすくなります

アイテム精力丹を使い回復できます。

詳細・下賜・寵愛



  • ランダム寵引見でたまったポイントを使い4種類のバフを強化していくことができます。(妃によって効果は違います。)親密度が20.100,200で解放されていきます
  • 下賜:簪を消費し、その妃の親密度をあげることができます。
  • 寵愛:お目当ての妃の親密度を上げたい場合に使います(元宝消費が半端ないので基本使ってません)
  • 寵愛する回数に応じて使用する元宝も比例して増えていきます
伝説大臣の妃は専寵という項目があります。

転生

茶会試合

開放時間は14時から0時美人以上の妃のみ参加可能。テーブルごとに満席になったら試合がスタートされます。

テーブルに+マークがついているところに座ることができます。

灰色になっている妃は派遣済みの妃です(一回だけ50元宝で回復し再度派遣することもできます。)

派遣妃を選ぶと配分をすることができます。1プラスするごとに10%分数値を上げることができます。

(妃のランクによってボーナスをつけれる数字は変わります。)

普通の茶会に1個(ランダム)上級茶会は3個のってるテーブルです。

普通のテーブル5つと真ん中下のは上級茶会といい、茶会の玉牌が必要になります。

普通の茶会

普通の茶会はランダムで妃嬪ランクギフトが1つ乗ってます。(1位だけが1個獲得できます)

同じテーブルに盟友がいる場合、盟友ボーナスで全属性20%プラスされます

上級茶会

上級茶会は妃嬪ランクギフトが3つ乗ってます。(1位3個、2位2個、3位1個獲得できます)

上級茶会はアイテムを消費する分点数が多くもらえます。

妃嬪EXPは妃嬪EXPイベント、茶会ポイントは茶会イベントの順位にかかわります。

試合の項目

  • 礼節「礼節の道」
  • 技芸「技芸の争い」
  • 魅力「魅力の星」
  • 謀り「謀りの女王」
があります。

1位5pt 2位3p 3位1pt

各項目において、属性が最も上位の妃が1位となる。但し、「謀りの女王」で1位になった妃は他の妃嬪の得点を略奪することができる。(この時点で0ptの人からは奪えない)

同じポイントになった場合は先に席についてる順に決まります

このページのコメント
    メーカー公式Twitter