攻略記事

DIO【ジョジョの奇妙な冒険】

汎用性の高い技を多く持つハイスペック吸血鬼!
闇以外のエレメント属性には注意だ

近距離から中距離にかけて有効な技が揃っており、
それらに対応した間合いで臨機応変に立ち回れる。
コンボの火力・立ち回りの強さは、ともに高水準。
なかでも、技や投げから覚醒技に繋げやすいのが強み。
体力と防御耐性が平均以上なので基本打たれ強いが、
エレメント耐性は闇以外の数値が低く、光に対しては
かなり打たれ弱いのが欠点だ。
DIOは吸血鬼なので、昼間のステージでは戦えないぞ!

登場作品キャラクター紹介

連載開始: 1987年
原作・第3部のラスボスで、
100年の時を超えて目覚めた
吸血鬼。スタンドを操る。

基本性能

⦿ステータス

LV1LV100
体力1520062700
攻撃力5651508
防御耐性
打撃
105
斬撃
105
特殊
100
エレメント耐性
90
90
90

90
85
110

⦿攻撃性能

▼ラッシュ/ヘビー/スマッシュ

ラッシュ最大回数5回
ラッシュ当て投げが
しやすいタイミング
(ディレイを含む)
最大溜めヘビーが
繋がるタイミング
(エリア移動への派生)
ラッシュの特徴打撃と斬撃属性。
3段目までDIOによる直接攻撃。
4、5段目はスタンド攻撃。
ヘビー/スマッシュの特徴打撃属性。
全体的にリーチは短め。

▼チェイス攻撃

チェイス当て投げディレイが必要。

▼投げ

投げ後の相手の状態空中吹っ飛び
投げからの追撃可能
投げから覚醒技が繋がる。

▼コンボ火力

単体
コンボ火力
サポートあり
コンボ火力
コンボ火力は当サイト独自ランク、SABCの4段階で表記。

技/覚醒技

□ 無駄無駄

必要ゲージ:①

世界(ザ・ワールド)による無数のパンチを繰り出しながら
ゆっくり前進する。
R2長押しで攻撃回数&ダメージが増加。
リーチは短いが、高速回避されずガードされても不利に
ならないのが利点。
回避されると隙が大きいので、コンボとして繋げるか
攻撃をガードさせた直後に出す使い方がベストだろう。
技がヒットした後は、交代かサポート技に繋げられる。
壁際であれば覚醒技も繋がるぞ!



〇 『詰み(チェック・メイト)』

必要ゲージ:①/サポート

複数のナイフを同時に飛ばして攻撃する。
飛び道具だが、相手が遠すぎると届かない。
ヒット時は、R2長押しでとどめの1本を追加で放ち
相手をダウン状態にする。そこから覚醒技が繋がるぞ。



〇 なじむぞ

必要ゲージ:②

ガード不能の突進技で相手を捕まえて、技ゲージを
約0.7本分だけ奪い取ることができる。
やや発生が速く、ラッシュをガードさせてから出すと
避けられにくい。
演出攻撃だが、特定のサポート技と同時押しすることで
技後に追撃できる。



〇 『世界(ザ・ワールド)』

【突進系/演出攻撃

止まった時の中で、どこからともなく持ってきた
ロードローラーを使って攻撃を仕掛ける。
発生速度・突進スピードともに優秀な突進技だ。


おすすめコンボ

⦿投げコンボ

コンボ①

(投げ) > +

⦿技コンボ

コンボ①

+(長押し) > +

⦿ショートコンボ

コンボ①

> + / + / +

コンボ②

+ > 覚醒総攻撃 > + >

サポート「少し強くいくぞ」 >

歩いて追いかけ +(長押し)

ラッシュ3段目からの覚醒総攻撃でも可能だが
ステージによって繋がらない場合がある。


⦿ロングコンボ

コンボ①

> > +(長押し) > 交代/サポート

コンボ②※補正切り&サポートあり
(エリア移動可能な状態で)

> 最大溜め > +(長押し) >

サポート「少し強くいくぞ」 > チェイスで追いかけて

+(長押し)

ガードされると防がれるので読みが必要。


⦿フルコンボ

コンボ①※補正切り
(覚醒状態で)

> 微溜め > (投げ) > +

コンボ②※サポートあり

> 覚醒総攻撃 > 微歩き >

サポート「少し強くいくぞ」>

サポートを押してすぐに + >

チェイスで追いかけて +(長押し) >

サポート「少し強くいくぞ」>

追いかけて +(長押し)

+ からのサポート「少し強くいくぞ」は
高速回避で抜け出せるという点に注意。

コンボ④※サポートあり

ラッシュをガードさせて覚醒総攻撃 >

最大溜め (ガードブレイク) >

(ガーブレ演出中にサポート「少し強くいくぞ」) >

+ > +



立ち回り解説

飛び道具とガード不能技で相手を揺さぶろう!

近距離ではガード不能技の「なじむぞ」、中距離では
「『詰み(チェック・メイト)』」がそれぞれ有効だ。
「『詰み(チェック・メイト)』」は、相手の起き上がり
時に被せたり、チェイスフェイントと合わせて使うと
命中しやすい。
また、こちらが覚醒技を使用可能な状態の時、
相手は投げを警戒してステップする回数が増える傾向に
あるのでラッシュと空中ラッシュを当てやすくなる。
「無駄無駄」で横ステップを狩れるが、たいていは
バックステップで避けられて隙を晒すことになるので
おすすめはできない。

エリア移動/エリア破壊を活用すれば
覚醒技の確定状況を作りやすくなる!

DIOは、投げや吹っ飛ばした後に覚醒技を当てることが
できるのが強みだ。
しかし、相手の覚醒ゲージが100%であれば、覚醒
エスケープで脱出されてしまう場合もある。
まず意識すべきことは、相手の覚醒ゲージ100%の時に
投げから覚醒技を出さないことだろう。
なおかつ、エリア移動/エリア破壊を活用して
相手の覚醒ゲージを減らすことが有効といえる。
ゲージを減らして覚醒エスケープを封じることで、
確定状況を作りやすくなるぞ。
当然だが、ステージはエリア移動が可能なものを
選択しておく必要がある点に注意。

「無駄無駄」+交代で固めガーブレが可能!

ラッシュをガードさせてから「無駄無駄」と交代の
同時押しで固めて、溜め攻撃でガードブレイクできる。
ただし、相手に読まれてガードエスケープや覚醒技で
切り返されるリスクもあるので、相手のゲージ状態を
確認してから狙おう。

"光"に要注意!

エレメント耐性は闇以外すべて低く、光属性が最大の
弱点となっている。
光の攻撃を多用してくる幽助、海馬は脅威であり、
あまり食らいすぎると瞬殺されかねない。


DIOの特徴まとめ

⦿バトル相性

使用する攻撃と技の主な属性
打撃、斬撃
耐性の高い属性(105以上)
打撃、斬撃、
耐性の低い属性(95以下)
キャラタイプ
オールラウンド型
戦いやすい距離
近・中距離
相性のいいサポート
少し強くいくぞ

⦿DIOのサポート技

サポート技
『詰み(チェック・メイト)』
特徴
その場で「『詰み(チェック・メイト)』」を放つ。

⦿長所 / 短所

長所・使いやすい飛び道具を持っている
・優秀なガード不能技を持っている
・体力と打撃・斬撃耐性が高め
・闇の耐性数値が高い
・技や投げから覚醒技が繋がる
短所・遠距離技を持っていない
・闇以外のエレメント耐性が低く、光に非常に弱い
・昼間のステージを選択できない


参戦キャラ一覧

トップページに戻る
このページのコメント