最終更新日:17/09/11 21:16

ペナント 海外留学

効果

 シーズン終了後、若手を2人まで海外留学に送り込むことで、次シーズン中にパワーアップして帰ってきます。
 当然のことながら、帰ってくるまではそのシーズンではその選手を使うことは出来ません。
2017年版アップデートからは、海外留学できる回数が1選手1度までとなりました。

条件

  • 25歳以下の選手
  • プロ入り5年以内の選手
  • 29歳以下で通算登板数144試合以下の投手
  • 29歳以下で通算出場試合288試合以下の野手
 の条件のいずれかを満たす選手が海外留学を行える選手となります。
2017年度版では効果が下がったようです。

留学先

ヨーロッパリーグ

投手:コントロール 野手:守備能力

アフリカリーグ

投手:スタミナ 野手:走力

コリアリーグ

 全能力バランスよく
 ex)関根、渡邊



チャイナリーグ

 特長のある選手にする。
 ex)乙坂、白根


投手

  • 闘志
  • 根性○
  • シュート回転

野手

  • 流し打ち
  • 固め打ち
  • チャンスメーカー
  • 満塁男
  • 威圧感
  • 初球○
  • 体当たり
  • 意外性
  • ムード×
  • 三振
  • 選球眼

オーストラリアリーグ

 選手の短所をなくす。
 ex)石田、三嶋


ex)石田、百瀬

アメリカリーグ

投手:球速 野手:パワー

ドミニカリーグ

全能力から一つの能力を大きくパワーアップ(球速5↑、スタミナ・コントロール25↑、変化球1~4↑、新変化球取得、野手能力30↑)ex)石田、百瀬


ex)青柳、桑原

ペナン島リーグ

 アイテムor日本一で出現します。
全能力から2つの能力を大きくパワーアップ(球速5↑、スタミナ・コントロール25↑、変化球1~4↑、新変化球取得、野手能力30↑)
ex)百瀬、青柳


ex)綾部、原
2017年度版の一例

コーチ留学

 契約しているコーチが、複数年(5年?)継続して契約している場合にシーズンオフに発生します。
 取得したい特殊能力を選んだ後、留学します。留学の期間中は、コーチから特殊能力を取得したり、コーチ特別練習は行えなくなります。

このページのコメント