攻略記事

症状からみた主な副作用

覚えておく内容(抜粋)

●ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する遅延型の反応である。
●アナフィラキシー様症状は、その原因がアレルギーかはっきりしないときの呼称であり、ショック(アナフィラキシー)と類似の症状が現れ、対応は同様である。
●スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)は、38℃以上の高熱を伴って発疹、発赤、火傷様の水疱などの症状が、皮膚、口、目の粘膜に現れるため皮膚粘膜眼症候群とも呼ばれている。

このページのコメント