登録販売者 過去問解説

攻略トップページ

登録販売者 過去問解説

このアプリについて




■解説は問題の出典である「試験問題の作成に関する手引き」に基づいて作成。また、複数の都道府県の問題を出題しており、どこで受験される場合でも使用できます。
■一問一答なので、素早くかつ効率的に過去問の暗記が出来ます。
■赤チェックシートのように重要な単語を消して学習できる暗記機能付です。
※完全無料で全問分かりやすい詳解・詳説付き!
※苦手問題を自動収集等機能が充実!直前対策にも最適!
※一問一答で隙間時間等の短時間での学習に最適。




【登録販売者試験における過去問の重要性】
登録販売者試験では、過去問の類似問題が繰り返し出題される傾向にあります。なぜならば「試験問題の作成に関する手引き」に基づき、各都道府県が試験問題を作成するため、手引きに記載がある事項しか出題されないからです。
本アプリでは、「試験問題の作成に関する手引き」に基づいて全問解説を記載しております。また、合格ラインは「7割」で、テスト形式は「択一式マークシート」のため、相対評価ではなく、自分の理解度を合格点以上とすることが重要です。
本アプリを利用して、過去問を理解し、登録販売者試験の合格に繋げてください。

【登録販売者の取得のメリット】
医薬品の販売には「登録販売者」(もしくは薬剤師)の資格が必要となります。国の施策でもセルフメディケーション税制が始まるなど、「医薬品」での健康へのアプローチが社会的な重要課題となっている中、登録販売者は今後の注目が高まることが期待されます。
具体的には、ドラッグストアや薬局以外にも医薬品を取り扱う業種も増え、コンビニやスーパーなどでも「登録販売者」を雇用した上で、医薬品の販売を開始する店舗も増えてきています。
そのため、登録販売者の需要は拡大しており、今後も様々な店舗での活躍が期待されています。

【本アプリの特性】
問題モード・小テストモード・暗記モード(*)の3種類があり、状況に合わせた学習が可能です。
(*)暗記モードでは「赤チェックシート」のように、重要な部分を隠して暗記が出来ます。
加えて、問題出題形式も①全問、②チェックした問題のみ、③苦手な問題のみの3種類を選択でき、効率的にテストの対策ができます。 

【各モードの説明】
■「問題」モード
「医薬品に共通する特性と基本的な知識」・「人体の働きと医薬品」・「薬事に関する法規と制度」「主な医薬品とその作用」「医薬品の適正使用と安全対策」の出題分野から選択して、問題を解きます。
このモードで間違った問題は自動でチェックされ、出題形式の「チェックした問題」で再度解くことが可能です。(正解した問題も、手動でチェックすることも可能です。)
全問題を解き終えた後には「間違えた問題を確認」で復習が出来ます。(『v』をクリックすると答えの確認ができます。)

■「小テスト」モード
全ての分野から30問をランダムに出題します。
その日の最高の成績が記録され、「成績」ボタンで確認出来るため、日々の成長が実感しながら学習できます。

■「暗記」モード
暗記モードでは「赤チェックシート」をかけたように、重要なワードを非表示にして暗記することが出来ます。また「問題」モードと同様に「チェックした問題のみ、苦手な問題のみ」を選択することが可能なため、効率的な暗記が可能です。

■「設定」モード
・試験日を設定することで、試験日までの日数を表記され、計画的な学習が可能となります。
・リマインダー機能を有し、時間・曜日を設定し通知を行えるため、継続的な学習に寄与します。

単元別

医薬品に共通する特性と基本的な知識

医薬品概論
医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因
適切な医薬品選択と受診勧奨
薬害の歴史

人体の働きと医薬品

消化器系
呼吸器系
循環器系
泌尿器系
感覚器系
外皮系
骨格系・筋組織
脳・神経系
薬が働く仕組み
症状からみた主な副作用

薬事に関する法規と制度

医薬品、医療機器などの品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の目的など
医薬品の分類、取り扱い等
医薬品の販売業の許可
医薬品販売に関する法令遵守

主な医薬品とその作用

かぜ薬
解熱鎮痛薬
眠気を促す薬
眠気を防ぐ薬
鎮暈薬
小児鎮痛薬
咳止め・痰を出やすくする薬
口腔咽喉薬、うがい薬
胃の薬
腸の薬
胃腸鎮痛鎮痙薬
その他の消化器官用薬
強心薬
高コレステロール用薬
貧血用薬
その他の循環器用薬
痔の薬
その他の泌尿器用薬
婦人薬
アレルギー用薬
鼻に用いる薬
眼科用薬
皮膚に用いる薬
歯痛・歯槽膿漏薬
口内炎用薬
禁煙補助剤
滋養強壮保健薬
漢方処方製剤
その他の生薬製剤
消毒薬
殺虫剤・忌避剤
尿糖・尿蛋白検査薬
妊娠検査薬

医薬品の適正使用と安全対策

医薬品の適正使用情報
医薬品の安全対策
医薬品の副作用等による健康被害の救済
一般用医薬品に関する主な安全対策
医薬品の適性使用のための啓発活動

関連リンク

トップに戻る
このページのコメント