攻略記事

薬が働く仕組み

覚えておく内容(抜粋)

●医薬品には、吸収された有効成分が循環血液中に移行して薬効をもたらす全身作用と、特定の狭い身体部位において薬効をもたらす局所さようがある。
●全身作用が現れるまでには、消化管からの吸収・代謝と作用部位への分布を経るため摂取後ある程度の時間を要するが、局所作用は医薬品の適用部位が作用部位である場合が多く、比較的速やかに反応が現れる。
●医薬品が体内で引き起こす作用を理解するには、医薬品の体内での挙動と消失に関する知識(薬物動態)が不可欠である。

このページのコメント