戦国ASURA攻略記事

豪姫の最新評価!ステータスとスキル

戦国ASURA(戦国アスラ)における豪姫の最新評価です。ステータスとスキルの詳細や入手方法なども紹介しているので、豪姫が強いのか弱いのか?気になる人や、実際に豪姫を使う人は参考にしてください。

豪姫とは?

歴史上の豪姫について

豪姫(ごうひめ)とは、安土桃山時代から江戸時代初期の女性。 尾張国荒子(愛知県名古屋市)に生まれる。

幼少の頃、父の利家が羽柴秀吉(豊臣秀吉)との仲を深めるため、子のなかった秀吉夫婦の養女として出された。

天正16年(1588年)に15歳で秀吉の猶子であった岡山城主宇喜多秀家の妻として嫁ぎ、二男二女(秀隆・秀継・理松院(山崎長卿・富田重家室)・先勝院(伏見宮貞清親王室))を産む。

慶長5年(1600年)、秀家が関ヶ原の戦いで石田三成ら西軍方に属していたため、戦後に宇喜多氏は改易。 秀家は薩摩に潜伏し島津氏に匿われる。

しかし慶長7年(1602年)、島津氏が徳川家康に降ったため、秀家は助命を条件に引き渡され、息子2人と共に慶長11年(1606年)に八丈島に流罪とされる。 その間に豪姫は備前岡山城より娘と中村刑部、一色主善輝昌ら数名の家臣を伴い、共に兄の前田利長のもとへ戻され化粧料1500石を与えられる。

その後、他家へ嫁ぐことなく金沢西町に移り住み、賂を秀家に送り続け余生を送った

戦国ASURAでの豪姫

とても好奇心旺盛な女の子で、実は箱入り娘のお嬢様。

豪姫のステータス

CV堀江由衣
ロールヒーラー

豪姫のスキル

豪姫の入手方法

豪姫の最新評価

この記事を読んだ人におすすめ!

キャラ評価一覧

キャラ評価一覧はこちら

ロール別キャラ一覧

各ロールタイプ一覧

アタッカー

ヒーラー

タンク
このページのコメント
    報酬5倍キャンペーン
    メーカー公式Twitter